<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Hiromi.M作品展

a0034487_17361062.jpg

お知り合いの増田ひろみさんが、
色鉛筆画の個展をひつじ屋で開いてくださいます。
ひろみさんの人柄そのままの優しく柔らかい味わいをおたのしみください。

Hiromi.M作品展 〜色えんぴつ画の世界〜
2018年3月3日(土)〜14日(水)
ひつじ屋ギャラリー
8:30〜18:00(木曜休み)





a0034487_17414611.jpg
明日と明後日(3月1日・2日)はお休みをいただきます。
よろしくおねがいいたします。

【3月の店休日】1(木)2(金)8(木)15(木)22(木)29(木)









h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2018-02-28 17:45 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

スマホでkindle

a0034487_16062535.jpg


2年ほど前、アマゾンが出している kindle paperwhite を買った。

a0034487_16091176.png


当時発売されたばかりの『村上さんのところ コンプリート版』(村上春樹)を読みたかったもので。
そのときのブログはこちら https://hitsujiya.exblog.jp/21859020/

『村上さんのところ コンプリート版』は、
村上春樹が開いた4ヶ月限定の質問・相談サイトに寄せられた37465通のメールのうち、
回答した3716通を電子書籍にすべて収めたもの。
これとは別に、選ばれた473通のやりとりを収録した「紙」の本(通常書籍版)があるんだけど、
それを先に買って読み、電子書籍の存在を知り、ぜひコンプリート版を読みたいと思ったのだ。

で、読みました。すべて。ものすごーく時間がかかった気がする。
以来ときどきkidleを使っているんだけど、
スマホでkindleのアプリを使えることを知り、
最近はそっちでおやすみ前の読書をしております。
暗いところで読めて「電気」の消し忘れもないし、時計代わりにもなるし、けっこう便利なんです。

さて、そのkindleアプリで久しぶりに『村上さんのところ』を開いてみました。
最初のページから読み始めて数分後、スマホ画面の左下に「読み終えるまで:94時間23分」という表示。
94時間てどんな本だよ。長いんだ、やっぱり・・・。

※ちなみに、収められた3716通の質問と返事を合わせると、400字詰め原稿用紙に換算して約6000枚にあたるそうです。











h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2018-02-27 17:09 | 本を読む | Comments(0)

She's leaving home

a0034487_16343887.jpeg

ギタリストのレオ・ブローウェルが、
ビートルズの「she's leaving home」を弾いているのをラジオで聴く。
これがとてもいい。

あれ、この原曲、CDで持ってなかったっけ、と思い調べたところ、
「サージェントペパーズ〜」に収められている。
これなら持ってると思い、家に帰って探した。
ない。
どうやら、いつのまにか、ブックオフで売ってしまったらしい。

やむをえず、iTunes storeで買いました。この1曲だけ。250円。
レオ・ブローウェル版は150円。



ある時、学生の一人と話をしていた。
すると、その学生は、音楽を聴くのが趣味だというのだ。
そりゃあよかった。もしかしたら、好きな共通のミュージシャンがいるかもしれない。
そうでなくても、最新流行の音楽について教えてもらえるかもしれない。
そう思って、ぼくはこう訊ねた。
「最近買ったCDは?」
「CD……ですか?」
「うん。最近、どんなの買ったの?」
「買ったことないです」
「なにを?」
「CD」

左様。ぼくは、初めてCD(もちろんレコードも)を買わない音楽ファンに遭遇したのである。
その学生は、すべての曲をアップルのiTunes StoreからiPodにダウンロードして聴いていた。
「もの」を所有する欲望とは無縁の学生だった。
たまたま、その場に居合わせた4年生の女の子が呟いた。
「あたしだって、CDはけっこう買っちゃうけどなあ」
それに対して、その学生(ちなみに1年生でした)は、こう答えたのだ。
「先輩、昭和くさいっすね!」

(高橋源一郎『還暦からの電脳事始』より)



ぼくはCD買うけど、でもiTunesStoreで買うのが抵抗なくなってきた気がする。








a0034487_17532185.jpg


























h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2018-02-20 16:54 | カフェの音楽 | Comments(0)

スタンプ

a0034487_17511655.jpeg













これは「LINE」で使う「スタンプ」というものです。


そうやって「就活のためにお休みします」とLINE上で呟かれると、
先生としても一言、返事をしなければならない。
しかしですね、そのコトバが難しい。
「ご苦労さま」……変だよね。
「あっ、そう」……なんか怒ってるみたいで、これはイヤだな。
「頑張ってね」……ゼミに行けないのを当然視してるみたいで、これも問題だし。

というわけで、こういう時には「スタンプ」なのである。
LINEをやっていらっしゃる方は、ご存じと思うが、
「スタンプ」は絵文字の一種といえるだろう。
LINEをやっていれば無料で使える絵文字もあるが、
やはり面白いのは、スタンプショップで売っている、様々なキャラだ。
ここは一つ、先生の悲しみを表現するために、
落胆するケロロ軍曹の「スタンプ」を使おうとか、
そうはいっても、少々怒っているというニュアンスを伝えるために、
漫☆画太郎先生のグロい「スタンプ」を使おう、と思う時、まことに便利だ。
(高橋源一郎『還暦からの電脳事始』より)


言ってることよくわかるわ。
ちなみに高橋源一郎氏の本業は小説家ですが、明治学院大学の先生でもあります。


昨年末に初めてスマホを手に入れた店主。
さいしょは「LINEなんてよー」と思っていた。
しかし、友人のNJ子から送られてくる「スタンプ」がいちいち「ツボ」で、
彼女のマネをして上のようなスタンプを買うようになったのであった。

というわけで、LINEでつながっている皆さま、これからもよろしくね。










h



[PR]
by hitsujiya-azumino | 2018-02-19 18:07 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

ふすま張り

a0034487_16503252.jpg

家人と友人と、ふすま張りに熱中。
きょうは2階、ウーファーさん用の部屋を。



a0034487_16504038.jpg

元の紙をはがし、1辺30センチくらいの正方形状に切った包装紙に
小麦粉をお湯で溶いたものを塗り、張っていく。


a0034487_16504959.jpg

「遊び」も入れて出来上がり。
これやってると時が経つのを忘れるんです。
時が経つのを忘れて集中できるようなことを仕事にできるといいね。










h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2018-02-10 17:11 | ひつじ屋日記 | Comments(0)