a0034487_20313854.jpg

ふくろ展 その九
十色屋 菊地みゆき
2015年3月21日(土)~3月25日(水)
ひつじ屋ギャラリー
8:30~18:00(期間中無休)


山麓線沿いで旦那さんとふたり、
アトリエでありショップでもある『十色屋(といろや)』を営む菊地みゆきさん。
彼女がひとつひとつ手作りで仕上げるふくろの『ふくろ展』。
今年で9回目となります。

きょうはみゆきさんから「全力で作っている」と頼もしいメールが届きました。
店主は楽しみに待つばかりです。

毎年、特に初日が混む『ふくろ展』。
「売約済み」の札がもっとも多く付けられるのも初日(今年は3/21)です。
買う気満々のお客さまは、お早めにおこしくださいねー。

カタチやデザインは少しずつ変わってきていても、
いちばん根っこのところは変わらない。
素朴でかわいい、どれも世界で一つだけ、
そんな手仕事感いっぱいのふくろを、どうぞ見にいらしてください。


素朴【そぼく】①都会人のように、洗練された所は無いが、
         真情を行動で裏付ける意味で人に訴える所の有る様子。
        ②華やかさや手の込んだ細工はほとんど見られないうちに、
         太古・原初の持つ大らかさやほのぼのと心暖まる豊かさが
         しみじみと感じ取られる様子。 【新明解国語辞典第五版より】


◎みゆきさんのブログ『水晶山きまぐれカバン店』
http://blog.goo.ne.jp/kimaguremiyuki


↓昨年のふくろ展より
a0034487_2031489.jpg

a0034487_20321177.jpg

a0034487_20322174.jpg



a0034487_2032088.jpg
↑今年も会期中販売予定の『ふくろぱん』。
焼いてくれるのは、松川村のパン屋さん「いぐパン」。

























わたしは、どの国も同じように巨大産業をもつことで発展すべきだとは思わない。
アジア・アフリカ諸国などではなおさらである。
これらの国々が世界に対して果たすべき義務は、
現地の暮らしを支える家内工業を発展させ、
世界と協調することによって、
簡素であっても品位のある生活を営むことである。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-03-13 20:50 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

33,558



J1に昇格して最初の公式戦、相手は名古屋グランパス。
松本山雅公式サイトによれば、この日の入場者数は33,558人(豊田スタジアム)。
さんまんさんぜん・ごひゃくごじゅうはち、ですよ、すごいなー。
明日はいよいよホーム開幕戦です。行きたいなー。
























持ち物を減らしていくにつれて、
自分に必要な物もだんだん減っていく。
それは幸せと自由を得ることでもある。
自らの楽しみのためだけに物を持つより、
この身を人のために捧げたほうが、
はるかに人生は豊かになる。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-03-12 17:27 | 松本山雅J1への道 | Comments(0)

a0034487_17222347.jpg
3月12日(木曜日)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

【3月の店休日】3/5(木)、12(木)、19(木)、26(木)


























a0034487_21331392.jpg
てぃんさぐぬ花(沖縄民謡)

てぃんさぐぬ花や    ほうせんかの花は
爪先に染みてぃ     爪先に染めて
親ゆぬし事や      親の言葉は
肝に染みり        心に染めなさい

天ぬ群り星や      天に拡がる星は
ゆみばゆまりゆい   数えることもできるけれど
親ゆぬし言や      親の言葉は
ゆみやならん      数えきれないもの

夜はらす舟や      夜に海を走る舟が
にぬふぁ星見あてぃ  北極星を目印にするように
我んなちぇる親や    私を生んだ親は
我んどぅ見あてぃ    私をいつも見ていてくれる


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-03-11 21:39 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_2155075.jpg

ふくろ展 その九
十色屋 菊地みゆき
2015年3月21日(土)~3月25日(水)
ひつじ屋ギャラリー
8:30~18:00(期間中無休)


山麓線沿いで旦那さんとふたり、
アトリエでありショップでもある『十色屋(といろや)』を営む菊地みゆきさん。
彼女がひとつひとつ手作りで仕上げる「ふくろ」の展示会『ふくろ展』。
今年で9回目となります。

カタチやデザインは少しずつ変わってきていても、
いちばん根っこのところは変わらない。
素朴でかわいい「ふくろ」ひとつひとつに愛情を込めて。


◎みゆきさんのブログ『水晶山きまぐれカバン店』
http://blog.goo.ne.jp/kimaguremiyuki



◎昨年(2014年)の『ふくろ展』より

a0034487_19412626.jpga0034487_19411526.jpga0034487_19414336.jpga0034487_19415884.jpga0034487_1942154.jpga0034487_19424126.jpga0034487_19422996.jpga0034487_19425374.jpg
a0034487_1943575.jpga0034487_19435735.jpga0034487_19434540.jpga0034487_1944934.jpga0034487_1944224.jpg
a0034487_19443983.jpga0034487_19445336.jpga0034487_1945948.jpga0034487_19452411.jpga0034487_19454028.jpg

a0034487_14523387.jpga0034487_14524832.jpga0034487_14531016.jpga0034487_14532213.jpga0034487_14533377.jpg


a0034487_1453466.jpga0034487_1453584.jpga0034487_14541088.jpga0034487_14542216.jpga0034487_14543449.jpg


a0034487_14544633.jpga0034487_14545848.jpga0034487_1455874.jpga0034487_14551981.jpga0034487_14553229.jpg


a0034487_14554457.jpga0034487_14561336.jpga0034487_14562870.jpga0034487_14564328.jpga0034487_14572336.jpg




a0034487_14585654.jpga0034487_14591194.jpg
a0034487_14593699.jpg
a0034487_14594963.jpga0034487_150283.jpg

a0034487_14565615.jpga0034487_14571022.jpga0034487_14574196.jpga0034487_145817.jpga0034487_14581437.jpga0034487_14582927.jpga0034487_14592393.jpg


























木綿布を織るのは、大変な根気が求められる作業である。
からからと回る糸車で糸が紡がれ、
簡素な織り機で少しずつ布になり、
その布が裁断され、縫製されて製品となる。
一枚の木綿布を見て、
それがどれだけの工程を経て作られたかを知る者だけが、
農村の自立・自治という名の糸を紡ぐために、
どれほどの根気が必要か知っている。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-03-10 21:34 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_20252613.jpg

卒業旅行らしき(ていうか確認したのだ)大学生女子7人組がひつじ屋カフェにご来店。

彼女たちがお茶をしながら話をしている中で、
トイプードルのことをトイプーって呼んでいる
のがとても新鮮でした。

そうか、トイプーって言うんだ。
そうです、ダックスフンドはダッフン、ダルメシアンはダルメシと呼ぶのです。(スミマセン)


a0034487_20365524.jpg
トイプー



お帰りのときに店の前で写真を撮らせていただきました。
自主的にひつじのポーズ。女子のみなさんありがとうございました。
また安曇野に遊びに来てくださいね。

















a0034487_16575581.jpg
店主も卒業旅行。(たぶんちがう)























人々の役に立ちたいと思うならば、
いま持っている物を捨てるべきだ。
とはいえ、わたし自身、それを一度に実行できたわけではない。
少しずつ実行するうちに、物を捨て去ることに安らぎを感じるようになった。
すると不思議なことに、以前に比べていっそう楽に、
いっそう深い喜びを味わいながら、
人々のために働いていることに気づいたのだ。(マハトマ・ガンディー)



[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-03-04 20:34 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

負けズ犬の春分ライブ

a0034487_14433665.jpg

友人のイケダシンちゃん(負けズ犬)が、
久しぶりにひつじ屋でライブを開いてくれることになりました。
シンちゃんがどんな歌を歌ってくれるのか、たのしみです。

負けズ犬Live on 春分
2015年3月21日(土)ひつじ屋にて
19:00開演(18:00開場)
入場無料

負けズ犬ブログはこちら http://makezuinu.naganoblog.jp/


久しぶりに負けズ犬ブログを読んでいたら止まらなくなってしまい
(シンちゃんの書く文章が好きだ、歌詞ももちろん)、
ずーっと下の下の方まで読んでいったら、
マザーテレサの言葉が紹介されているところに行き着いた。


1
愛の反対は憎しみではなく、無関心です
世界で一番恐ろしい病気は、孤独です

貧しい人々が飢え死にするのは
あなたや私が与えなかったからです

2
人は非合理で非論理で利己的です
それでも気にすることなく

人を愛しなさい

3
善い行いをしても
利己的な目的だと言われるでしょう

それでも気にすることなく
善を行いなさい

4
善い行いをしても、次の日には忘れられるでしょう

それでも気にすることなく
善を行い続けなさい

5
あなたの正直さと誠実さが
あなたを傷つけるでしょう

それでも気にすることなく
正直で誠実であり続けなさい。

6
あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい
けり返されるかもしれません

気にすることなく
最良のものを与え続けなさい

7
目的を達成しようとするとき
邪魔する人に出会うでしょう

気にすることなく
やり遂げなさい

8
大切なのは
どれだけ多くのことをしたかではなく

どれだけ心をこめたかです


9
不親切で冷淡でありながら
奇跡をおこすより

親切と慈しみのうちに
間違える方を選びたい

10
日本人はインドのことよりも
日本の貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです

愛はまず身近なところから始まります

11
今、この瞬間幸せでいること
それで十分です

その瞬間が、私たちの求めているもの全てであり
他には何もいらないのです

12
ごくありきたりな仕事を
出来るだけ楽しく喜んで実行することが大切です

わたしたちに大きなことはできません
ただ、小さなことを大きな愛で行うことです

13
貧しい人たちの中でも
最も貧しい人たちに、私たちは仕えます。

14
愛は家庭から始まります
まず、家庭から始めてください

やがて愛の輪が外へ広がっていくでしょう

15
富に執着し気苦労の絶えない人は
とても貧しいのです

人は富を他のために用いるときに
とても豊かになります

16
それがどんなことであれ
もし過ちを犯すのだとしたら

愛が原因で間違った方が素敵です

17
この世界は食べ物の飢餓よりも
愛や感謝の飢餓の方が大きいのです

18
銃や砲弾が世界を
支配していてはなりません

世界を支配していいのは
愛です

19
この世で最大の不幸は
戦争や貧困などではありません

人から見放され
「自分は誰からも必要とされていない」
と感じることなのです

20
100人に食べ物を与えることができなくても
1人なら出来るでしょう?

帰って家族を大切にしてあげて下さい
あなたは、あなたであればいいのだから

21
まず、その人のなかにある
美しいものを見るようにしています

この人のなかで一番素晴らしいものはなんだろう?
するとかならず美しいところが見つかって

私はその人を愛することが
できるようになります




しばらくお休みをいただいていましたが、営業再開しました。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-03-01 14:43 | ひつじ屋イベント | Comments(0)