<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ねこ見学

a0034487_18523732.jpg
こないだ猫カフェに行ってますます猫が飼いたくなったと書いたら、
さっそく何件か情報をいただきまして、ありがとうございます。

写真は、十色屋いぐパン経由で入手した情報から伺ったお宅にて。
すでにこのどちらかを家につれて帰りたい気持ちで胸が張り裂けそうな店主。(バカ)
しかし、まだいくつかの関門あり。(大家さんおねがいしまーっす!)


























私の着ているものを見て、みんな笑ったわ。
でも、それが私の成功の鍵。
私はみんなと同じ格好をしなかったの。(ココ・シャネル)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-21 19:00 | 吾輩はマトカである | Comments(0)

読書

a0034487_1883813.jpg

読書・・・〔研究調査や受験勉強の時などと違って〕一時(イットキ)現実の世界を離れ、精神を未知の世界に遊ばせたり人生観を確固不動のものたらしめたりするために、(時間の束縛を受けること無く)本を読むこと。〔寝ころがって漫画本を見たり電車の中で週刊誌を読んだりすることは、勝義の読書には含まれない〕【新明解国語辞典第五版】



というわけで、『八日目の蝉』(角田光代)を読んでおります。
こないだ先にビデオを見て、とてもよかったので原作を読みたくなりました。
「写真館」のシーンは、原作にもあるのでしょうか?(コメント禁止 笑)































「あのね、千草、瀬戸内の海、すっごい静かなんだよ。ほんと、なんか、鏡みたいなんだ。その鏡にさ、何が映ってると思う?それがね、なあんにも映ってないんだよ。雲も、まわりに浮かぶ島も、不思議なくらいなんにも映ってない。なんにも映んない鏡なの。ただ、しーんと銀色なの。その銀色の上をさ、さらさらさらって撫でるようにして、陽が沈んでいくんよ。ぽこぽこ突き出た島が、ゆっくりとシルエットになっていくんよ」(角田光代『八日目の蝉』より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-20 18:18 | 新明解国語辞典とわたし | Comments(0)

◎レンタサイクル&レンタカー カフェ&ギャラリー ひつじ屋

a0034487_18353747.jpg

日曜日のきょうは雲ひとつない快晴、まさに絶好のサイクリング日和となりました。
きのうレンタカーをご利用いただいたべっぴんさん5人組は、
きょうは自転車に乗り換えて安曇野サイクリングに出発です。



a0034487_18374779.jpg

ほら、こんな青空でしたよ。
朝、安曇野ちひろ美術館(北安曇郡松川村)へ自転車の配達に行く途中。
写真右下、白い壁、赤い屋根のおうちが、おいしいパン屋さん「いぐぱん」です。


きょうもたくさんのご利用ありがとうございます。



★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。




★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




★ひつじ屋ギャラリーご案内a0034487_14193923.jpg
ある時はいちご農家、あるときはちくちく針仕事作家、中村綾花ちゃんの個展が
今年もひつじ屋を乗っ取って(笑)開かれます。
題して、『中村綾花帽子店』!。
すべて一点もの、ていうか同じものは作れないという綾花ちゃんによる
かわいらしくも個性的な帽子の数々を、どうぞ見にいらしてください。
もちろん全作品販売。ほしい人はお早めにどうぞ。
初日からどんどん売れていきますんでねー。

a0034487_14212635.jpga0034487_14211768.jpg
a0034487_14214513.jpga0034487_14213520.jpg


























a0034487_19122422.jpg


あなたの身にまとわりついた物を、捨てなさい。
持ち物を捨てれば捨てるほど、
あなたの魂の表面から所有欲という曇りが消え、
その魂は真実の輝きを取り戻す。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-19 18:47 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

あしたもいい天気

a0034487_1944033.jpg
午後5時頃、安曇野野市穂高有明にて。
きょうは快晴、北アルプスの山並みがよく見えました。
あしたもいい天気になりそうです。



a0034487_18562895.jpg
夏にオープンした猫カフェ『ねこの森』に行きました。
猫を飼いたいと思っている店主は、
ネコと遊んでますます飼いたくなりましたがな。
写真は、最初になついてくれたタラちゃん(生後5ヶ月・♀)。


























土地や財産を持つのは重荷である。
この思いはわたしの中にずっとあり、ますます膨らんでいる。
それはつまり旅に出る前の心得と同じなのだ。
旅人は自分の荷物をできるだけ少なくして、身軽に旅をしようとする。
それと同じで、わたしも余分な荷物など持ちたくはない。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-18 19:13 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

川尻製陶所のうつわ

a0034487_19152440.jpg
益子に行った時手に入れた、川尻製陶所のうつわ。
見た瞬間に気に入って買おうと決めたのだけれど、
ところで用途は?と川尻琢也さんに尋ねたら、
「水洗いした果物や野菜の水切りに」と考えて作ったとのこと。
なるほど。

で、さっそく自宅でそのように使って重宝しております。
























a0034487_1926251.jpg川尻製陶所

沖縄の窯へも心惹かれて、大正七年河井寛次郎と訪ねて以来、前後六回、長い時は一年数ヶ月も、家族と共に壺屋へ住んで仕事した。沖縄では日常のすべてに、純粋さがそれも類を見ないほどの濃さで残っていて、まだ会話に候う文体の古語を使っていた。窯場では誰でも仕事が出来、そして働くのが好きだった。あんな筆でと思われるほどのちびた穂先で、女達が手すきをみては、泥のような絵具で素晴らしい染付を描いた。学校から帰った子供達は鞄を放り出して、模様の線彫りをした。ここでは何も私が持ち込むことがなく、あるままのもので私が従うだけだった。
私の仕事は英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った。(濱田庄司「益子の窯」より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-17 19:14 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_1534530.jpg
ひつじ屋が発行する『安曇野サイクリングマップ』、約1年半ぶりに更新しました。
全体的な印象は前回の地図とほとんど変わっていませんが、
新しく出来たお店などいろいろ書き加えました。
ひつじ屋のレンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまだけではなく、
安曇野を旅するたくさんのみなさんに役立てていただくことができたら幸せです。


a0034487_182115.jpg

裏面には、大王わさび農場方面を拡大した手書き地図が載っています。(デザイン=サンガキヌヨ)


a0034487_1821142.jpg

インフォメーションコーナーもありますので、
「ナビ」などにも活用していただければ幸いです。


























たとえ億という冨を持っていても、
それを個人の富と思ってはいけない。
ひとたび災害にあえば、
わずかな身のまわりの物しか残らないのだから。
この世にある物はすべて、
生成と消滅を繰り返すものと考えれば、
人は物欲の執着から逃れることができる。
非暴力の意志をもって生きる人の鉄則は、
何物をも所有しないということだ。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-16 15:29 | ひつじ屋レンタサイクル | Comments(0)

◎安曇野ひつじ屋ホームページ http://www.hitsujiya-azumino.com

a0034487_18313314.jpg
10月16日(木曜日)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。


【10月の店休日】10/2(木)、9(木)、16(木)、23(木)、30(木)




a0034487_13182831.jpg

★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。




★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




★ひつじ屋ギャラリーご案内a0034487_14193923.jpg
ある時はいちご農家、あるときはちくちく針仕事作家、中村綾花ちゃんの個展が
今年もひつじ屋を乗っ取って(笑)開かれます。
題して、『ひつじ屋』改め『中村綾花帽子店』!。
すべて一点もの、ていうか同じものは作れないという綾花ちゃんによる
かわいらしくも個性的な帽子の数々を、どうぞ見にいらしてください。
もちろん全作品販売。ほしい人はお早めにどうぞ。
初日からどんどん売れていきますんでねー。

a0034487_14212635.jpga0034487_14211768.jpg
a0034487_14214513.jpga0034487_14213520.jpg


























富を蓄えることは泥棒である。
欲望に駆られて、暮らしのために必要とする以上の富を得ることは、
ほかの人から盗んだのと同じことだ。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-15 18:44 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

すこしずつ秋は深まり

a0034487_16201838.jpg
台風の影響で雨がたくさん降りました。
雨が降るごとに気温が下がり、秋が深まってゆくように感じます。

自宅ではすでにコタツを据え、
ここで本を読んだり、ウトウトしたり、居眠りしたり、熟睡したりしています。
昨夜は今シーズン初めての「鍋」。
もうそういう季節になりました。

これから安曇野を旅される方は、温かい服を用意していらしてくださいね。
日中はレンタサイクルもまだまだいけますが、朝晩はずいぶん冷え込みますので。


























(悩みのるつぼ)やりたいことがわかりません
●相談者 女性 20代

小さい頃から私には夢がありませんでした。これだ!と思えるものに出あっていません。

高校の時、貧困や紛争で苦しむ人を助けたいと思い、国連などで働くことを考えました。しかし、今も世界のどこかで終わりのない争いがあり、どうすることもできないのではないかと無力感と絶望を感じ、普通に生きることを選びました。

大学で社会科学系の勉強をし、長期留学もしました。やりたいことを考え続けてはいたもののわかりません。就職活動の際も勤務条件などで選び、肝心のやりたいことが言えず、企業では採用されませんでした。

人のためになっていることが目に見えてわかる病院に事務として採用され、現在4年目になります。給料も良く、人間関係も良好で、趣味を楽しむ時間もあります。しかし、仕事が単調でつまらなすぎてつらいこと、有給が取れないことが不満で、また先輩方を尊敬したりうらやましいと思ったりしたことがありません。

これも人生の修行なのかもしれませんが、毎日時間を無駄にしているようです。転職も考えて数社面接したものの、途中で辞退してしまいました。一大決心し、通訳を目指そうかと考えているのですが、親は話が支離滅裂だと言います。

美輪さん、私のような人間はどのように生きていけばよいですか? 一喝お願い致します。


○回答者 歌手・俳優 美輪明宏 感謝しない病気を治しなさい

やっかいな人ですね。平和ぼけです。

相談者は平穏な暮らしを送って、居心地がよい職場で、嫌な上司もいない。でも何年か勤めて飽きてしまっている。

反対の立場にいる方に思いをはせてください。なかなか就職できない人、経済的に苦境にある人、人間関係に苦しんでいる人……。そういう人が世の中にはいっぱいいます。「何を寝ぼけたことを言っているんだ」と相談者はおしかりを受けると思います。

これは気をつけなければいけない、やっかいな病気です。何事にも感謝しないという病気なのです。

寒さをしのぐだけの着物があって、毎日何かしら食べるものがあって、雨露をしのぐ住居がある。お給料もそこそこもらって、健康であったら――。ありがたずくめじゃないですか。感謝の気持ちがあれば、幸せな気持ちで満たされます。

不平不満を探す病気でもあります。若い人ばかりでなく、中年でも増えている病気です。

楽な仕事場に行かず、災害救助のボランティアに従事してはいかがですか。どん底の状態に身を置いてみて、自分が異常だということに気が付かないと、病気は永久に治りません。

水断ち、穀(ごく)断ちといった修行を体験してみるのもいいでしょう。戒律で自由な私生活を禁じられる身になってみると、当たり前だった一杯の水のありがたさが身に染みるでしょう。裸足で寒さに耐えれば、靴下一足に感謝するようになります。

食料が過剰なほどあって、日本ほど十分に食べていけるシステムが整った国はありません。お料理ができなくても、コンビニでチンするだけでいい。

でも正負の法則で、便利で豊かになった半面、人は脆弱(ぜいじゃく)になり、堕落していきます。人にうらやましがられる状態であることに気が付かない。相談者は生きがいが見つからないそうですが、病院での仕事が人の役に立っていることに、実は神経が届いていないと思います。

たとえ世界中の富を手に入れて贅沢三昧(ぜいたくざんまい)をしても、感謝の気持ちがなければいつまでも欲求不満に陥ります。

この際、自分がなんて傲慢(ごうまん)だったんだろうと、しっかり反省しなければなりません。不満をずっとため込んでいると、そういう容貌(ようぼう)になっていきますよ。不満の塊のような顔をした人が、よくいるじゃないですか。

a0034487_16532662.jpg


(朝日新聞2014年10月13日号より)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-14 16:51 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

◎安曇野ひつじ屋ホームページ http://www.hitsujiya-azumino.com

a0034487_1331550.jpg

台風19号接近中。安曇野は雨が降っています。

きのう、信濃松川駅までレンタサイクルの配達に行きました

お客さま(上の写真)のご希望は、
朝、市内のホテルから送迎バスに乗り、穂高駅着。
そこでいったんひつじ屋に寄って、荷物を預けてから、
大糸線に乗って信濃松川駅へ。
駅前で自転車を受け取り、サイクリングスタート。
観光スポットを回りながら、夕方、予約してある宿に到着。
この時点で自転車「乗り捨て」の連絡をひつじ屋に伝え、
朝預けておいた荷物を届けてもらう。

そんな内容でした。
もちろんすべてOK。
当日(きのう)、待ち合わせた信濃松川駅前で写真を撮らせていただいた、というわけです。

レンタサイクルはアイデア次第でいろいろな利用法が考えられます。
こんな風に使えないかなーといったご希望がありましたら、
ぜひご相談いただければと思います。

自転車の「配達」「乗り捨て」も、ひつじ屋のサイクリングマップに載っている範囲でしたら、
どこにでも伺うようにしています。(標高の高い場所など一部例外あり)
ひつじ屋サイクリングマップはこちら 
http://www.hitsujiya-azumino.com/map/map2013-06-01.pdf

もうじき紅葉の季節がはじまります。
秋の大きなイベント『安曇野スタイル』もあります。
心地よい風に吹かれながら、ぜひ安曇野を満喫していただければと願っています。





★ひつじ屋カフェにようこそ

a0034487_21114013.jpg

期間限定!紅玉りんごのフレッシュジュース。
日比谷農園さん(長野県塩尻市)から仕入れた取れたての紅玉を、
1杯につき2個、注文が入ってからジューサーでガーッと搾って出しています。
今だけの特別メニューをお試しください。500円(税込)。

◎ひつじ屋カフェのメニューはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/cafemenu/cafemenu2014-10-13.pdf


a0034487_19113136.jpg




a0034487_13543540.jpg

★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。


a0034487_13182831.jpg


★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
レンタサイクルの客引きを行う業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、本当に困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




★ひつじ屋ギャラリーご案内a0034487_14193923.jpg
ある時はいちご農家、あるときはちくちく針仕事作家、中村綾花ちゃんの個展が
今年もひつじ屋を乗っ取って(笑)開かれます。
題して、『ひつじ屋』改め『中村綾花帽子店』!。
すべて一点もの、ていうか同じものは作れないという綾花ちゃんによる
かわいらしくも個性的な帽子の数々を、どうぞ見にいらしてください。
もちろん全作品販売。ほしい人はお早めにどうぞ。
初日からどんどん売れていきますんでねー。

a0034487_14212635.jpga0034487_14211768.jpg
a0034487_14214513.jpga0034487_14213520.jpg























わたしたちは、この世界にひとつの使命を携えてきている。
それは武器の力を借りることなく、
非暴力で自らを浄化することによって、
この世界をより良いものに変えていくことだ。
その手段は、非協力、ただこれしかない。
明らかに不当な政治支配でも、
支配される側が、支配する側に協力しているかぎり、成り立ってしまう。
だからこそ、わたしたち全員でその協力をやめてしまうべきなのだ。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-13 13:40 | ひつじ屋レンタサイクル | Comments(0)

3連休二日目は快晴

◎安曇野ひつじ屋ホームページ http://www.hitsujiya-azumino.com

a0034487_191477.jpg

3連休二日目のきょうは快晴。
青空が広がり気持ちの良い一日でした。
きょうもたくさんのご利用ありがとうございます。

写真のT岡さまご一行4人組は、
これからひつじ屋を出発して、大王わさび農場に向かうところ。
美しく撮るようにとのミッションに少々緊張すれども、
大役を無事果たし店主はシアワセです。
また遊びに来てくださいねー。






a0034487_21114013.jpg
大人気!紅玉りんごのフレッシュジュースです。
日比谷農園さん(長野県塩尻市)から仕入れた取れたての紅玉を、
1杯につき2個、注文が入ってからジューサーでガーッと搾って出しています。
期間限定、今だけの特別メニュー。どうぞお試しください。500円(税込)。



a0034487_19113136.jpg
看板も完成しました。
デザインしてくれたのは西谷美緒ちゃん。
きょう店の前を通りかかった穂高神社の巫女さんが、
「この看板誰が描いたのですか?かわいいですねー」と褒めてくださいました。
ありがとうございます。みおちゃんよかったね。






a0034487_1920194.jpg
★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。


a0034487_2251546.jpg


★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
レンタサイクルの客引きを行う業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、本当に困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。



a0034487_19202950.jpg安曇野市穂高有明




★ひつじ屋ギャラリーご案内
a0034487_20485646.jpg
中村綾花帽子店
2014年10月31日(金)~11月21日(金)
ひつじ屋ギャラリーにて
8:30~18:00(木曜休み)
◎作家ときどき在廊予定




























ただ人数が多いからといって、
多数派の意見に少数派が合わせなければならないと思っている人は、
多数派の言い分は常に正しいという迷信にとらわれている。
物事はまさにその逆ではないか。
これまでの歴史の中で、幾度となく繰り返されてきたように、
全ての改革は、少数派が多数派に反対する行動から始まっている。
(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-12 19:16 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)