2009年 02月 03日 ( 1 )

モンチョ!

a0034487_199838.jpg
ツタヤでビデオを借りて、「蝶の舌」を観た。
これはいい映画ですね。(写真は主人公の少年 モンチョ)

【あらすじ】(Wikipedia 『蝶の舌』の項より)
1936年、スペイン、ガリシア地方の片田舎。
喘息持ちのモンチョは1年遅れて小学校に入学する。
人見知りをしてなかなか周囲に馴染めないモンチョに、
担任のグレゴリオ先生は優しく接してくれた。

グレゴリオ先生は決して生徒を差別しなかった。
子供たちに授業以外にも、人生のこと、知のことなど色々なことを教えた。
先生は、モンチョが蝶に興味をもったこと知り、一緒に虫取りに行く。
先生は、蝶の舌を見たいと願うモンチョに、顕微鏡で見せることを約束する。
知識欲、協調性、初恋…。
モンチョは先生の下で、確実に人間的に成長していく。

しかしスペイン内戦が勃発。
ファシストの勢力はこの地方にも及ぼうとしていた。
そして共和派である先生にもじわじわと危険が迫っていた…


『蝶の舌』(ちょうのした、La lengua de las mariposas)は1999年公開のスペイン映画。
マヌエル・リバスの同名小説の映画化。
監督はホセ・ルイスダ・クエルダ、出演はマヌエル・ロサノ、フェルナンド・フェルナン・ゴメス。
1999年スペインアカデミー・ゴヤ賞脚色賞を受賞。日本での公開は2001年。

という映画です。
先生役のフェルナンド・フェルナン・ゴメス、どこかで見たことあるなぁ
と思ったら、映画「ミツバチのささやき」(これも名作です)に出ていた。
ほかの登場人物、モンチョの両親、モンチョの兄アンドレス、モンチョが好きになる少女、そして中国人の女の子ネナ(卓球の福原愛に似ている)・・・、
みんないい。
You Tubeで、アンドレスとネナの名シーンをどうぞ。



この場面もそうだけど、音楽がまた特筆もので。
オープニング・クレジットの、モノクロ写真をバックに流れるところから、
すでに「これはいい映画だ」と確信します。そのくらいすばらしい。
フルート・クラリネット・ギター・アコーディオン・・・、哀しくも美しいメロディー。サイコー。


ひつじ屋の近くにある交番から、
盗難自転車の書類手続きでおまわりさんが来てくれた。
カウンターでペンを走らせていたら、
「ひつじ屋さん、ブログやってますよね。見てますよ」
と言われる。敬礼!
おまわりさんも「蝶の舌」観てねー。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-02-03 19:11 | ひつじ屋日記 | Comments(10)