カエル

a0034487_22058.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-07-14-WED

安曇野はきのう梅雨明けしたそうです。
昨年の梅雨明けは何と8月2日。
それに比べたら、多少暑いくらいへっちゃらという気がしますよ。

ひつじ屋の畑で
ずっと狙っていたカエルの写真が
きょう初めてうまく撮れたかな。(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-14 22:02 | 安曇野の風景 | Comments(9)

塾の生徒だったNくん

a0034487_221840.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

◎2004-07-13-TUE

京都にある龍谷大学文学部史学科4回生のNくん。

以前塾で一緒に勉強した教え子で
毎年夏になるとひょっこり顔を出してくれます。
山と自転車を愛する好青年は
これから「針の木小屋」へ夏のアルバイトに出かけるところ。

すでに単位をすべて取り終わり
余裕の夏休みを迎えたNくんは
これから8月終わりまで、禁欲(?)の山小屋暮らしです。

ふと思いついて、店の本棚にあった
「北アルプス この百年」(文春新書)を餞別に渡しました。
Nくん元気で。9月にまた会いましょう。

Nくんから「みんなによろしく」と言われました。
「みんな」のみなさんにお伝えします。(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-13 22:20 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)

合歓の花

a0034487_20563.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

◎2004-07-12-MON

穂高川の土手沿いに続く合歓(ねむ)の並木道。
いまが見ごろで、これを目当てに訪れる
観光客の方もいらっしゃるのだと、最近知りました。
不思議な美しさを持った花ですね。

ねむのき・・・山野に生える落葉高木。
6,7月ごろの夕方に、払子(ほっす)のような形の
美しい紅色の花を開く。
葉は細かい複葉で、夜になると閉じる。
古来の用字は「合歓木・夜合樹」。
かぞえ方:1株・1本 (新明解国語辞典第5版より)

ほっす【払子】・・・禅宗の僧が法事の時に持つ、
はたきに似た仏具。
白熊(はぐま)の毛などを束ねて作る。
もとインドで、ハエを払うのに使った物。

はぐま【白熊】・・・中国から渡来したヤクの尾の
白い毛。払子の材料。
赤く染めたのを「赤熊(シャグマ)」、
黒いのを「黒熊(コグマ)」という。

ヤク【yak】・・・北インド・チベットなどの高地にすむ
哺乳動物。形はウシに似て強大。
角が有り、茶色の長い毛を生じ、
尾はウマの尾に似る。
運搬用、肉・乳は食用。ウシ科。
かぞえ方:1頭

ふぅ。知らない言葉が次々に出てきて困る・・・。(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-13 20:57 | 安曇野の風景 | Comments(0)

釣りに行こう

a0034487_01322.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

◎2004-07-11-SUN

息子たちの提案で
朝早起きして釣りに出かけました。

ひつじ屋畑で、釣り針につける
ミミズを捕ってから穂高川へ。
・・・・・
釣果は、長男が2匹(ハヤとウグイらしい)のみ。
これから何度も来て腕を上げよう、という結論。

帰りに店に寄った次男が、「うじきんじ」
と言うので、誰の名前かと思ったら
「宇治金時」でした。
ひつじ屋カフェのメニューを見ての「言いまつがい」。(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-12 00:14 | ひつじ屋日記 | Comments(3)

森の中

a0034487_23450.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

●2004-07-10-SAT

農免道路「有明」の信号を西へ。

重文曽根原家、ひつじ屋畑を通って
緩やかな上り坂を「山麓線」に向かう途中。
クルマが少なく、森が日よけになっていて
自転車で走ることが心地良い道です。

近くには絵本の美術館「森のおうち」や
併設のカフェ「ポラーノ」もあります。(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-11 23:06 | 安曇野の風景 | Comments(0)

常念岳

a0034487_225416.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーションセンター ひつじ屋

○2004-07-09-FRI

安曇野から見える山の中でも
ひときわ目立つ三角錐、常念岳。
南安曇郡堀金村の「山麓線」より
すこしだけ山に向かって入ったところから撮影。
堀金村から眺める常念岳は本当に美しい。

登山ガイドなどを読むと、常念岳は
「初心者向け」みたいな書かれ方をされている山。
しかし、一昨年わが「ひつじ屋登山隊」2名は
霧が立ち込める常念小屋付近で
頂上アタックを断念、あえなく下山。
以来リベンジを果たせず今に至る。

で、この夏、
「常念岳日帰りはきついッスから今年は燕岳ってことで」
と、ひつじ屋登山隊O谷とT橋は相談中。
燕岳なら楽勝ってことかしら?(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-10 22:55 | 安曇野の風景 | Comments(0)

穂高ビール

a0034487_213337.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーションセンター ひつじ屋

○2004-07-08-THU

安曇野の地ビール「穂高ビール」の販売を開始しました。
醸造元「株式会社エイワ」穂高工場の南澤裕次さんが
海外出張の折にひつじ屋に荷物を預けに来たのが縁で
このビールを取り扱うことができるようになりました。

「穂高ビール」は2種類。パンフレットには次のように書かれています。

①アルトビール(写真左)…ドイツ・デュッセルドルフ近郊で造られる
伝統的地ビールです。色は赤褐色の力強い色合いで、
カラメル麦芽の甘い香りにホップのすっきりとした苦味が
調和したタイプです。

②ケルシュビール…ドイツ・ケルン近郊の伝統的地ビールで
キレの良さとさっぱりとした味わいが特徴。
色は黄金色でホップの香りをきかせ、
苦味は比較的控えめに抑えられています。

実際に飲んでみると、
ビールが「生きている」ように新鮮に感じられ、
また「甘い香りにすっきりとした苦味」や
「キレの良さとさっぱりした味わい」が
確かにそういう味がするよねぇ、と思わせるように
ダイレクトに伝わってくる
そんなおいしさです。うまく言えないけどね。

さらに、穂高ビールは
瓶の形やラベル、王冠のデザインもすばらしいと思いました。
あらゆるところに気を配ってビールを造っている
のだという自負が伝わってくる美しさ。感心感心。

ちょっと想像してみましょう。
暑い夏の日、サイクリングのあと
ひつじ屋カフェで穂高ビールを1杯。ゴクゴク・・・。
こんな幸せがほかにあるでしょうか?
ありませんね。(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-09 21:26 | ひつじ屋カフェ | Comments(4)

とうもろこし畑

a0034487_22249.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-07-07-WED

暑い日が続きます。
ひつじ屋の大家さんからお借りしている畑のとうもろこし。
順調に育っています。

お盆のころには収穫できる予定で
ひつじ屋の店先で焼きとうもろこしを売るのと、
「サイクリング&とうもろこし狩り」
を楽しんでもらおうという計画です。

去年も、店の前に七輪を置いて
とうもろこしを焼いたのですが、
駅前のタクシーの運転手さんたちが
やりたがることやりたがること・・・。
そんなに楽しそうに見えたかな?(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-08 21:57 | 安曇野の風景 | Comments(0)

ブルーベリー摘み

a0034487_51711.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-07-06-TUE

朝、穂高町有明の矢口果樹園でブルーベリーを摘みました。
写真は、左から草哉(うちの長男)、巌(まひこさんちの息子)、まひこさん。

今年は気温が高いせいか
実が生るのが例年より2週間ほど早く
すでにピークは過ぎているとのことでしたが
7月15日ころまで「ブルーベリー摘み」ができるそうです。

矢口果樹園は、ひつじ屋から自転車で約20分。
「重文曽根原家」と「森のおうち」の中間にあります。
自転車に乗ってブルーベリー摘み、いかがですか?

3人でおよそ5kgのブルーベリーを収穫。
ひつじ屋カフェで、「安曇野産ブルーベリーのフレッシュジュース」
を出す計画です。(ひ)
[PR]
# by hitsujiya-azumino | 2004-07-07 17:04 | ひつじ屋カフェ | Comments(4)