a0034487_19392858.jpg

久しぶりにライブをおこないます。
東京からのお客さま「トラペ座」。
詩情あふれる創作曲から、東欧〜ロシアの民謡、大衆歌まで、
人生の喜怒哀楽を音の盃で飲み干す幻想楽団・トラペ座の世界へおこしください。

トラペ座 1st CD Release Tour 2017 〜うたげまわり〜
2017年6月10日(土)18:00頃から
ひつじ屋にて
投げ銭+1ドリンクオーダー
ご予約・お問い合わせは、ひつじ屋(TEL0263-82-3888 または MAIL dede@matsumoto.ne.jp)まで























a0034487_18211990.jpg

明日の木曜日(6/1)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

【6月の店休日】1(木)8(木)15(木)22(木)29(木)

いつもありがとうございます。











h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-31 20:07 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

a0034487_18302533.jpg

これは名刺です。「顔ハメ」になっている名刺。

きょう、店でお茶をしていた青年から、
「外にある顔ハメ看板は誰が描いたのですか」と聞かれた。

それは息子が描いたもので。
と答えたら、実はワタクシ…と言って差し出されたのがこの名刺。

裏面には、顔ハメ看板ニスト塩谷朋之(しおやともゆき)の名前。
そして携帯番号とメールアドレス。

全国の顔ハメ看板を訪ねて旅をしている塩谷青年。
ひつじ屋の顔ハメ看板は「穴の大きさが宜しい」とお褒めの言葉をいただきました。

そうなんです、実は穴の大きさにはこだわったのです。
子どもがハメてちょうど良いくらいの大きさにしようと思って。


塩谷氏は顔ハメ看板の本も出しているとのこと。顔ハメ看板ハマり道


a0034487_18393207.jpg






a0034487_18411811.jpg

こちらは、きょうお母さんに写真を撮ってもらっていたお嬢さん。
お願いしてひつじ屋のカメラでも1枚。






a0034487_18444834.jpg


あなたもひつじ屋に来たらハマっちゃってくださいねー。












h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-27 18:46 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_18211990.jpg

明日の木曜日(5/25)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

【これからの店休日】6/1(木)8(木)15(木)22(木)29(木)







a0034487_18235664.jpg


あずさ回数券(松本〜東京都区内)をバラ売り1枚5280円(税込)で販売しています。

ひつじ屋の最寄り駅であるJR大糸線穂高駅で、
穂高〜新宿間の普通乗車券+松本〜新宿間の指定席特急券を購入すると、
合計7330円になります。

ひつじ屋で販売する回数券は松本〜新宿(東京都区内)間で有効なので、
穂高から松本までは別途普通乗車券を購入する必要があります。
それが320円。

ここに回数券の代金を足すと、320+5280=5600円。
ですから、7330ー5600=1730円おトクになるというわけ。

余ったお金で美味しい駅弁など買ってください。
お得な気分のおすそわけです。


◎ご不要になった『あずさ回数券」買い取ります。
詳しくはひつじ屋スタッフまで。
☎︎0263-82-3888  mail:dede@matsumoto.ne.jp
【長野県公安委員会古物商許可番号 第481331600008号】





a0034487_18335951.jpg

ひつじ屋が作ったJR穂高駅の時刻表。






























h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-24 18:26 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_16200539.jpg

数ある旅行ガイドの中でも高い人気を誇る「ことりっぷ」シリーズ。
安曇野もそのラインナップに加えられていて、
多くの観光客の方が、この本を手に安曇野を旅していらっしゃいます。

綿密で心のこもった取材、ふんだんに使われる美しい写真、
すっきりかわいらしいレイアウト、
そして何より、毎年新しい情報を取り入れ、
常に新鮮で役に立つガイドブックとして育てていこうとする姿勢を感じられるところが、
長年読者に支持されている理由なのではと思います。



a0034487_16242508.jpg

ひつじ屋も「駅前のレンタサイクル店」として紹介されているので、
これをご覧になって店を訪ねてくださるお客さまがたくさんおられます。

この本のタイトル「安曇野・松本・上高地」となっていますが、
今までのガイドブックなら「松本・上高地・安曇野」と並べるところでしょう。
こんなちょっとしたところにも、ことりっぷの新しさを感じます。

付録の「とりはずせる」地図もよくできている(さすが昭文社)、
値段も手頃(800円+税)で本当に総合点の高いガイドブックであると思います。

さて来年のことりっぷには、
穂高駅前に初めてオープンしたゲストハウス「GuestHouse.燈(げすとはうす・とう)」
が載るのではと期待しています。
編集部のみなさまたのしみにしておりますよ。




a0034487_16401463.jpg

GuestHouse.燈
〒399-8303 長野県安曇野市穂高5668-3(西友穂高店西隣)
TEL070-2650-5927













h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-23 16:40 | ひつじ屋レンタサイクル | Comments(0)

a0034487_16453210.jpg


ひつじ屋の近所に久田自転車店というお知り合いの自転車屋さんがありまして、
そこの庭に大きな梅の木があります。
梅の木に生る梅を取っていっていいよと久田さんから言われており、
その言葉に甘えて毎年木に登り、梅をもぎバケツに入れて店に持って帰ります。

梅は洗ったら袋に入れて数日間冷凍庫へ。
そして、梅酒用の瓶に、酢・氷砂糖と一緒に漬け2週間ほど。
自家製梅シロップが出来上がります。

この梅シロップと市販のリンゴ酢をグラスに入れ、
炭酸水を注いだのがひつじ屋カフェの『梅とリンゴ酢の爽やかサイダー』。
酸っぱさが身体に染み渡って元気を与えてくれる飲み物です。

きょうは30度近くまで気温が上がったらしく、真夏のような陽気でした。
こうなると、冷たい飲み物・食べ物に俄然人気が集まります。
『爽やかサイダー』もたくさん注文をいただきました。
お客さまありがとうございます。











a0034487_16541530.jpg



































h



[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-20 16:55 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

a0034487_09483771.jpg


昨年はじめた「モーニング」。
だんだん定着してきた手応えがあります。
ひつじ屋は朝8時半より営業。
安曇野の気持ち良い朝を、ひつじ屋カフェでのんびりたのしんでください。

ハルハナ堂の山型食パン(4枚切り)、季節の果物を使った自家製ジャム、バター、
卵のココット、ひつじ屋コーヒーまたはアッサムブレンド紅茶。630円(税込)。

プラス100円でお好きな飲み物に変更可能。
人気の穂高神社エールやチャイ、ムーンパワーティーなどもおためしくださいね。










a0034487_19161657.jpg
明日の木曜日(5/18)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

【5月の店休日】11(木)、18(木)、25(木)















h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-17 09:54 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

秋吉清一郎さんの田んぼ

a0034487_10135528.jpg



ここは安曇野市の隣、北安曇郡池田町。
休日の朝、ひつじ屋のメニュー用に玄米をわけていただいている
秋吉清一郎さんの田んぼにおじゃましました。
写真右下に小さく写っているのが秋吉清一郎さん(右)と息子の新介さんです。

大阪で自転車販売の会社を経営されていた秋吉さん。
リタイアして安曇野に移住し、この池田の地で無農薬のお米作りに取り組んでいらっしゃいます。
毎年それは美味しいお米をひつじ屋にも提供してくださっているのです。

そして目を見張るこの景色。
すこしだけ高い所に位置する田んぼから、
北アルプスの遠く白馬まで連なる山並みと、
その下に広がる美しい田園風景を一望することができます。

この日は苗箱の設置をすこしだけお手伝いしました。
田植えはまだしばらく先ですが、そのお手伝いをしてくださる方を募集しています。
時期は6月中旬、興味のある方はひつじ屋までお問い合わせくださいね。
TEL/FAX 0263-82-3888 MAIL dede@matsumoto.ne.jp(ひつじ屋高橋)

北アルプス絶景の地で、一緒に田植えをして気持ちのよい汗をかきましょう。


a0034487_10141437.jpg







































h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-14 10:24 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

騎士団長殺し第2部

a0034487_08103714.jpg

予約した本が用意できたから取りに来るようにとのメールが図書館から届く。

てっきり最近予約した本のことかと思って出かけたら、
ずいぶん前に申し込んだ村上春樹の新作『騎士団長殺し(第1部・第2部)』だった。

3月13日に、この本を予約したことをブログに書いている。
すでに予約している人が28人いたことも。

本の貸出期限は2週間だから、28人が2週間ずつ借りると、28人×14日=392日。
てことは今年は無理かもなーと思っていたから、ずいぶん早い。
そうかよかった今夜さっそく読むぞー騎士団長…と考えながら家に帰って表紙を眺めたら、
「第2部 遷ろうメタファー編」とある。

第2部さきに読まないでしょ、ふつう。
しかし、2冊組を読みたかったら両方いっぺんに予約するものだろう。
それで後編がさきに用意できたからといって渡されても、人はどうするのだ?読むのか?

このようなことを世の中はどう考えているのか、
ひょっとしてネットで調べたら何か出てくるかもと思いつき、
「騎士団長殺し 第2部 図書館 先 届く」
こんな感じで言葉を入れて検索してみる。

そして、
神奈川県二宮町の図書館では「巻数順貸出」(巻数順を指定する貸出予約)ができることを知る。
『騎士団長殺し』でいえば、必ず第1部を先に借りることができるように予約しておけるというわけ。
二宮町図書館のサイトには次のように書かれている。


二宮町図書館で、『騎士団長殺し』(村上春樹著)を予約している方は、以下をご確認ください。


『騎士団長殺し』(村上春樹著)は、現在多数の方が予約でお待ちですが、

ホームページ・館内利用者用端末からの予約時に、貸出巻数順の指定をしていない方が多くいらっしゃいます。


原則として、ホームページと館内利用者用端末から予約をされる方には、ご自身で巻数順貸出の登録をお願いしています。

スムースにご利用いただくため、例外として、図書館側で『騎士団長殺し』の巻数順貸出の指定をかけます。

  • 対象: 『騎士団長殺し』を第1部・第2部を一緒に予約している方で、巻数順貸出をしていない方
  • 対応: 第1部を1番目に、第2部を2番目に貸出されるように、巻数順貸出を指定します。(※ 同時に用意される場合もあります)

巻数順貸出の登録について

上下巻やシリーズの図書を予約される方は、貸出順の指定(巻数順貸出)をお願いしています。指定がない場合、用意できた巻からご連絡するため、巻数順にご連絡できない場合があります。

現在予約中の図書がある方は、改めてご自身の予約状況の確認をお願します。



要するに、
『騎士団長殺し』を2巻同時に予約した町民のなかに「貸出巻数順指定」をしていない人が多くいるので、
今回は図書館の判断で、指定しない人のところにも第1部が先に届くように手配しますからねー

ってことですね。

ちなみに翌日、安曇野市中央図書館に電話で問い合わせたところ、
ネット上での予約には対応できないが、窓口で予約してひとこと言ってもらえれば、
第1部を先に読めるように配慮します、との回答。


というわけで、一件落着。ふう。
店主は第2部をいったん返却し、第1部が届くのを待つことにします。















きょうのブラックシル子さん

a0034487_11324195.jpg


それを聞いたシル子、

「第2部から読めばいい」














日曜日もきれいに晴れ上がった一日になった。風らしい風もなく、秋の太陽が様々な色合いに染まった山間の樹木の葉を美しく輝かせていた。胸の白い小さな鳥たちが枝から枝へと飛び回って、赤い木の実を器用についばんでいた。私はテラスに腰を下ろして、そんな光景を飽きることもなく眺めていた。自然の美しさは金持ちにも貧しき者にも分け隔てなく公平に提供される。時間と同じだ……いや、時間はそうではないかもしれない。裕福な人々は時間を余分に金で買っているのかもしれない。(村上春樹『騎士団長殺し』第2部冒頭部分より)



h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-13 08:45 | 本を読む | Comments(0)

a0034487_14482094.jpg

2019年に日本で開かれるラグビーW杯の組分け抽選会が行われた。
ところは京都の迎賓館。Jsportsオンデマンドで中継されたのを見る。

日本はA組に決定。
おなじグループに入ったのはアイルランドとスコットランド、
そしてヨーロッパ地域1(国は未定)、ヨーロッパ・オセアニア地域プレーオフ勝者(未定)の4ヶ国。
全国のファンがほっと胸をなでおろしたであろう絶好のグループである。

日本のクジを引いたのは安倍晋三首相(写真)。
彼が箱の中から引っ張り出したボールには「A」と書かれていた。
これがもし「B」と書かれていたならば(ニュージーランド・南アフリカと同組)、
今ごろ内閣支持率は急落、国会では内閣不信任決議案が出されたかもしれない危険を秘めていた。
運の強い男である。

なお付け加えるならば首相は、
取り出したボールを、横にいる関係者にまるで親か担任の先生がいるかのように「Aって書かれているよ」と見せていたが、
この場合、真っ先に観客に向かって「A」がはっきりわかるようにして高々と差し上げるのが筋であろう。
小学生じゃないんだから。













きょうのブラックシル子さん

a0034487_11071179.jpg


シル子の本棚❶

古本も売っているひつじ屋用にと、
シル子が本を1冊仕入れてきた。
自分で手に取り選んだとっておきの本は……

本人伝説』(本人:南伸坊・絵:南文子)。
表紙は松田聖子とダライ・ラマ法王(いずれも『本人』)。

本日より限定1冊発売中。
欲しい方はお早めにご来店ください。


a0034487_15455515.jpg











h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-12 15:49 | ラグビーオタク | Comments(0)

a0034487_17351126.jpg

テレビ番組(テレビ信州『ゆうがたGet!』)の取材に同行しました。
テーマは、5月の安曇野を電動アシスト自転車で走ろう、というもの。
ディレクターの福島さんが、あの辺から走ってきて、あの田んぼのところで声を出してほしい、と指示しております。






a0034487_17403492.jpg


レポーターの唐木さやかさん。
このあと、安曇野ホースランド(乗馬体験)とカフェジャルダン(サンドイッチの昼ごはん)で取材をされるとのこと。
番組の放送は5月15日(月)の予定だそうです。















h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-05-10 18:52 | ひつじ屋日記 | Comments(0)