a0034487_12152452.jpg

いつもありがとうございます。
2月1日(水)と2日(木)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

【2月の店休日】
1(水)、2(木)、8(水)、9(木)、15(水)、16(木)、22(水)、23(木)
 ※2月末まで、営業時間は10:00〜17:00となっております。















a0034487_12215519.jpg

朝、開店の準備をしながらラジオを聴いていた。
ソニー・スカイセンサー5800、知る人ぞ知る「名機」である。
発売当時(おそらく1975年頃)20,000円くらいしたと思う。
数年前、友人が松本市の粗大ゴミ置場でこのラジオを見つけて拾ってきた。
それをぼくがいただいて今ひつじ屋にある。どこも壊れていない。すばらしい。

聴いていた番組は、吉村喜彦 音楽遊覧飛行
そのなかでかかった「ana moura/a case of you」が良かった。
歌っている人は知らないが、曲は知っている。オリジナルはジョニ・ミッチェル。










このお方が「本家」。







寺尾紗穂が歌った「a case of you」も好きでした。






passengerも好きなバンド。歌っている人の声が好き。何やらたまらない響き。
この曲を歌っていることを知らなかった。









h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-31 12:37 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

いつか行ってみたい場所

a0034487_10402389.jpg

映画ライフ・オブ・パイを観た。
主人公が、インド南部の町ムンナル(ムナール)を訪れるシーンがある。
一面に広がる茶畑。ぜひここに行って見てみたいと思った。

舞台はムンナル、ポンディシェリー(インド)、そして太平洋。
何しろ漂流するもので。

主役は、少年パイと虎のリチャード・パーカー。あと、動物いろいろ。
何しろ動物園なもので。

良い映画です。






















h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-29 10:41 | 旅の写真 | Comments(0)

定点観測

a0034487_9295839.jpg

ひつじ屋周辺に何箇所か、近くを通ると写真を撮るように心がけている場所があります。
上の写真もそのひとつ、安曇野市穂高有明の新屋(あらや)地区(になるのかな)。

この構図が良いと思うのは、

1、正面に有明山がどーんと形良く座っている。
2、その左に北アルプスの山並み(燕岳など)がよく見える。
3、左下にみえる公民館(新屋公民館)の赤い屋根がアクセントになっている(この日は雪をかぶっていますが)
4、公民館から続く民家の並びに味がある。

ところなどです。
昨年末に知人からこの場所を教わり、「定点観測」リストに加えることにしました。





a0034487_935736.jpg

こちらは1月5日、ほぼ同じ場所から撮ったもの。
下界にまだ雪がなく、公民館の赤い屋根も目に入ってきます。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92399-8301+%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C%E5%AE%89%E6%9B%87%E9%87%8E%E5%B8%82%E7%A9%82%E9%AB%98%E6%9C%89%E6%98%8E%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%94%EF%BC%93/@36.3653366,137.8546461,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x601d6ec46fbb13d9:0x7dc449aaa999fa32!8m2!3d36.3653366!4d137.8568401?hl=ja

地図の表示の仕方がわからないので、とりあえずリンク。
だいたいこの辺りから、西に向かってレンズを向けました。




















h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-28 09:38 | 定点観測 | Comments(0)

a0034487_12424934.jpg

きのうの休日は大町へ行った。
友人が働く店に寄り、それから温泉へ。
大町温泉郷にある黒部観光ホテル
先日知人から勧められて、一度行ったみたいと思っていた。




a0034487_12485389.jpg

平日の昼間ということもあり、お客さんは少ない。
のんびりリラックス。(写真は黒部観光ホテルのウェブサイトからお借りしました)



a0034487_1249888.jpg

a0034487_12491825.jpg

露天風呂やサウナがあるのもうれしい。
よいお風呂でした。















h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-27 12:58 | 温泉に行く | Comments(0)

a0034487_15325441.jpg

明日の水曜日(1/25)、あさって木曜日(1/26)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

【2月の店休日】
1(水)、2(木)、8(水)、9(木)、15(水)、16(木)、22(水)、23(木)
  ※現在「冬時間」(10:00〜17:00)の営業となっています。



本日の最低気温はマイナス8.9度。
地の底から冷気が立ちのぼってくるような底冷えを感じました。
最高気温はマイナス0.4度。
人はそれを「真冬日」と呼ぶ。

しかし、北海道士別市は、きょうの最高気温マイナス10度、最低気温はマイナス31度。
安曇野はまだまだ生ぬるいな・・・。







a0034487_1614321.jpg

士別市では観光やまちおこしのために、サフォーク種の羊が約1100頭飼われているそうです。

















a0034487_15362985.jpg

海鮮丼おいしい。
お正月にあまりに高価で食べることができなかった「いくら」を乗せた。贅沢感アップ。
アボカドも欠かせません。





h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-24 15:40 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

めぐり逢わせのお弁当

a0034487_1354312.jpg

イラは夫(ラジーヴ)のために毎朝お弁当を作っている。
お弁当は、ムンバイ(インド)の弁当配送システムダッバーワーラーによって、
夫の勤める会社まで届けられる。
そして食べ終わって空になった弁当箱は、配達人の手により妻の元に戻ってくる。

ある日、イラが配達人に手渡したお弁当は、
どこでどう間違えたか(間違えて届けられる確率は600万分の1だそうだ)、
違う会社の、違う男の元に届けられる。

彼の名はサージャン。
妻を亡くした中年男。
勤続35年、来月には勤め先を退職することになっている。
「悠々自適の第二の人生」が彼を待つ。

お弁当がいつもと違うことにサージャンは驚き、戸惑う。
どうしてきょうはこんなに美味しいんだ。

なめるように平らげられた弁当箱はイラの元に戻される。
ふたを開けて驚くイラ。
夫はこんなにきれいに食べてくれた。

しかし、夕方帰宅した夫の言葉はそっけない。
それに「カリフラワーがウマかった」って何だ。
カリフラワーなんて入れなかったのに・・・。

イラは気づく、お弁当は別人のところに配達されたにちがいない、
その人が私の料理を気に入ってくれたのだ。

翌日、イラが作ったお弁当は、ふたたびサージャンの元に(間違って)届けられる。
ふたを開け、匂いをかぎ、サージャンはお弁当を口にする。
うん、おいしい。
ふと気づく。チャパティの下に紙切れが見える。

「残さず食べてくれてありがとう。あれは夫に作ったお弁当です。
空っぽだったので夫に褒められると思い、料理で愛が伝わると幸せな気分でした。
お礼にパニールをどうぞ。夫の好物です。イラ」

呆然とするサージャン。

ふたたびイラの元に戻った空の弁当箱。ふたを開けると手紙が入っている。
「イラへ 今日のは塩辛かった」それだけ。

でも次の日、イラは奮起した。
階上に住むおばさんにも相談して、いつも以上に力のはいったお弁当。
「イラへ 今日の塩加減は良かった」。

ふたりのあいだを行き来するお弁当とともに「文通」が始まる。
少しずつ親愛の情が深まっていく。


そうして、ある日。
イラからの手紙にはこう書かれていた。
「私たちは逢うべきだわ。『クーラーカフェ』を知ってる?
私の好きなキーマ・パオがおいしいって評判なの。
明日逢えないかしら。1時はどう? イラ」


翌日、サージャンは・・・



というお話の、映画めぐり逢わせのお弁当
こんなに良かった映画は何年ぶりだろう。









うれしい気持ちを誰かに伝えたくて、
お茶を飲みに寄ってくれた知り合いのO嬢(新聞記者)に、この映画がいかに面白かったかを話した。

興味を示してくれたことについては喜ばしいが、
タイトルはいつの間にか『ありあわせのお弁当』に変えられていた。











h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-23 13:57 | 映画好き | Comments(0)

山を眺めながら

a0034487_11532548.jpg

冬の晴れた日には、北アルプスの山がきれいに見えます。
いちばんきれいに見えるのは冬かもしれません。

寒くて静かな安曇野で、山を眺めながら細々と営業中。
あまりがんばらなくていいから、元気で、機嫌よく、冬を乗り越えよう、と自分に言い聞かせています。

「毎日1コ」を目標に、新しいリンク集を更新中。
よかったらのぞいてみてくださいね。

安曇野を旅する人のためのお役立ちリンク集http://hitsujiyasan.blog.fc2.com













h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-22 12:09 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_1538244.jpg

寒い毎日が続いていますが、レンタサイクルをご利用になるお客さまもいらっしゃいます。
雪が残っているところもありますので、どうぞくれぐれもお気をつけて。















h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-21 15:40 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

インドの木版更紗

a0034487_15103039.jpg

インドで仕入れた木版更紗(もくはんさらさ)の布を、
安曇野に住む友人に、ハンカチや手ぬぐい、ストールなどに縫製してもらい
ひつじ屋で販売しています。












a0034487_1672094.jpg

ジャイプール近郊の村にある工房。
手作業で木版を押していく。




a0034487_1674587.jpg

染色した布を洗って干しているところ。




a0034487_15303258.jpg

問屋さんを見つけて、楽しい仕入れの時間。














h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-21 15:32 | おみやげひつじ屋 | Comments(0)

たまゆら草苑のクッキー

a0034487_14134710.jpg

たまゆら草苑さんの手作りクッキーが届きました。
今回は・・・

かぼちゃ、きび粉、たんぽぽコーヒーと黒ごま、
ひえ粉、はと麦、高きびキャロブ、天使のメープル

全部で7種類のクッキーです。

さまざまな生命の営み、微生物のバランスによって成り立つ無施肥自然栽培。
手間のかかる作業を経てつくられるお菓子は、穀物や野菜本来のおいしさがにじみ出ます。
かほるさん・やすさんの人柄そのまま、味わい深いクッキーをどうぞ。

ふたりの本拠は栃木県茂木町。
しばらく安曇野で暮らしたかほるさんと縁あってつながりをいただきました。





















a0034487_14244599.jpg

「おまけ」にいただいた愛らしい人参。





h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-20 14:25 | おみやげひつじ屋 | Comments(0)