がんばろう夏期氷

a0034487_19523882.jpg
こんなに暑いんだからかき氷がんばろう今年は。
ってことで、かき氷機を一新し、新たなシロップにもチャレンジ。
写真は、友人のいちご農家中村慶介・綾花夫婦から仕入れた
いちごでシロップを作った『いちごミルク』です。
週末から、新作『深煎りコーヒー』を出そうと思ってます。








a0034487_1957131.jpg
「顔ハメ看板」も人気です。
モデルになってくれているのは、友人の娘さん、あむちゃん。












きのうおこなわれた松本山雅と川崎フロンターレのゲーム。
きょうは川崎のジャージを着たお客さまが何人もひつじ屋にみえまして、
そうかきのうは試合観戦だったのですね。

店主は川崎生まれで、社会人になってから松本に引っ越して来たため、
こういう映像は身体が真っ二つに引き裂かれる思いで・・・
ということも特になく、いまは山雅を応援しております。

松本山雅のかき氷、というのも作ってみたいものだと今ふと思いつきましたが、
さてチームカラーのグリーンを何で出せばよいでしょうか。
抹茶?きゅうり?それともゴーヤー?





















a0034487_19594083.jpg
大体、いちばん素晴らしい絵を描くのは
4、5才くらいの子どもだよ。(岡本太郎)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-30 20:02 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

a0034487_13155161.jpg

画像をクリックして印刷画面を出し、プリントアウトしてひつじ屋までお持ちください。
(このページを携帯電話画面でご提示いただいてもOKです)

レンタサイクルおよびレンタカーご利用のお客さまに、
夏の定番メニュー『土肥農園のすいかジュース』をプレゼントします。
※きょうから8/31までご利用いただけます。
※レンタサイクル・レンタカー共に、「1台につき1杯」さしあげます。


ひつじ屋カフェの人気ナンバーワンメニュー『すいかジュース』。
飲んだ人だれもが驚く甘さ抜群のすいかジュースです。
(何も加えていません。スイカ本来の甘さだけです)

この大変お得なサービスをぜひ多くの方に楽しんでほしいと願っています。


a0034487_22392529.jpga0034487_19383123.jpga0034487_19455416.jpga0034487_1946648.jpga0034487_1946169.jpga0034487_19505541.jpg


























a0034487_22404110.jpgマトカ
愛が試されるのは、一方が誠実さを欠いたとき。
友情が試されるのは、一方が友情を踏みにじろうとしたとき。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-29 12:32 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_17105510.jpg
新しいウーファーさんが来ると自宅で開くたこ焼きパーティー。
写真は、タイから来たウーファーさん、キャット(KAT)です。

海外からのウーファーさんでも、たこ焼きのことは知っている人が多いのですが、
実際に作ったことのある人はまずいないので、とても喜んでくれます。


a0034487_171175.jpg



























a0034487_17411097.jpg
【きょうのブラックシル子さん】
夫:(自分の前歯を指さして「この差し歯がグラグラしてさ・・・」
差し歯であることを知らなかったシル子:「だ、だまされた・・・」

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-25 18:30 | ウーファーさんと共に | Comments(0)

a0034487_18411543.jpg

アールグレイのアイスティーが好きだ。
でも、なかなか美味しい茶葉にはめぐり会えない。

大阪の紅茶専門店で売られていたアールグレイが好きだったのだけれど、
その店がなくなってしまい、以来「これ」というのが見つからない。

先日、ふと思いついて、グーグルで検索してみた。
アールグレイ、天然香料、通販。
この3つのキーワードを入力したところ、
兵庫県のお店がヒットして、試しに注文してみた。
アールグレイ・スペシャル」というお高いヤツ。
中国の紅茶キームンに、天然のベルガモットを香り付けしたもの。

それがきょう届いて、アイスティーを作ってみた。
なかなか美味しい。
できればこれでかき氷のシロップを作りたい。

























a0034487_18413448.jpgおっぱいと間違えて(推定)耳たぶをチュバチュバするマトちゃん(生後2ヶ月)
以前、言語学者の西江雅之氏に聞いたアフリカのマサイ族の民話に、「猫はなぜ女(主婦)になつくようになったか」という話があって、それはサバンナに住んでいる猫が自分のこれからの生き方を考えるところからはじまる。自分のように小さくて愛らしい、のんびり寝たり遊んでいたりするのが何より好きな生き物は、なんにしてもこの世で一番強い動物のそばにいて愛敬をふりまくのが有利な生き方ではないだろうか、ということに考えがまとまり、とりあえず姿も自分に似ているうえにサバンナではなんといってもライオンが一番強いから、ライオンにシッポを振って養ってもらうことに決める。ところがある日、人間の男がやって来て槍でライオンを殺してしまったので、ライオンより強い人間の男に養ってもらおうと決め、男の後をついて村に行く。男は村の自分の小屋に入って行ったので、入口のところに座った猫は、サバンナやブッシュを歩いているうちに毛皮についた細かいゴミをきれいに舐めていると、男が小屋の入口から頭を抱えて飛び出して来たので、アニャッ、この中には男より強いものがいるのかしらと驚いていると、入口から棍棒を手にしたおかみさんが出て来て、男を罵倒した。そこで猫は、この世で一番強いのは人間の女だ、ということを知り、それ以来ずっと家と人間の女の近くでシッポを振って養ってもらうことに決めた、というのである。(金井美恵子『遊興一匹 迷い猫あずかってます』より)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-23 18:48 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

緑がまぶしい安曇野

a0034487_21392126.jpg

3連休は中日に梅雨が明け、そこから好いお天気になりました。
おかげさまでたくさんのお客さまにご利用いただきました。
ありがとうございます。

写真は、けさお客さまの荷物を受け取りに出かけた、
池田町にある『メイヤの樹』さんの近くからの眺め。
緑がまぶしい安曇野が眼下に拡がります。




夏のレンタサイクル&レンタカー予約受付中!

ひつじ屋は9月2日(水)まで無休で営業します。
 ※営業時間8:30~18:00ですが、レンタカーは22:00までご利用可能です。
 ※レンタカーは松本駅前での返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。
夏休み中はレンタサイクル・レンタカーとも大変混雑しますので、
ご利用を計画されているお客さまはお早めにご予約をお願いいたします。

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage2.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html

ご予約をおまちしております。



託児サービス始めました

『保育室モモ』(安曇野市穂高有明)と提携し、
ひつじ屋を窓口とした託児サービスを始めました。
時間も日数もお客さまのご都合に合わせて保育してくださいます。
ひつじ屋までの送迎サービスもあります(別途手数料がかかります)。
どうぞお気軽にお申し付けください。

★お申し込み・お問合せは、保育室モモ(0263-84-4560)またはひつじ屋(0263-82-3888)まで。
☆保育室モモ(NPO法人アリスチャイルドメイト)のサイトはこちら
http://www16.plala.or.jp/alice-childmate/main0202.htm



ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の店先でレンタサイクルの客引きを行う業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞ十分にご注意ください。
駅前ロータリーなどJR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されています。






















a0034487_21393298.jpg
何事をするのにも、それをするのが好き、と言う振りをすることである。それは、単なるまねでもいい。すると、この世の中に、嫌いなことも、また嫌いな人もなくなる。このことは、決して偽善ではない。自分自身を救う最上の方法である。(宇野千代『行動することが生きることである』より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-20 21:49 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_21432781.jpg

連休初日を雨にたたられた安曇野です。
レンタサイクル業者は泣いています。あっ、オレか。
明日は天候が回復することを祈るばかり・・・。

ひつじ屋カフェの人気ナンバーワンメニューである『土肥農園のすいかジュース』。
友人の土肥さん夫妻(寛幸&嘉恵)が育てる『どすいか』の収穫が始まり、
先ほど今年初となるの仕入れに行ってまいりました。
ひつじ屋から車で50分ほど、松本市波田にある土肥さんちに、
これから夏の間、週に何度か通います。

『すいかジュース』は明日(7/19)スタートの予定。
もうずいぶん前から「スイカジュースハマダカ?」と聞かれておりますが、
はいお待たせしました、明日いらしてくださいねー。





















a0034487_21433762.jpg
人生のことは凡て、言葉の暗示である。誰でも、人に褒められると嬉しい。何故か。自分は書けない、と思うよりも、書ける、と思う方が気持ちが好いからである。それが自然だからである。伸びるのが自然だからである。
でも、しかし、他人の言葉の暗示によって、自分の好い芽に養分をやる方法は、二義的である。出来ることなら、他人の言葉の暗示よりも何よりも、自分自身が自分に与える暗示によって、芽を伸ばして行きたいものである。自分は書ける。そう思い込む、その思い込みの強さは、そのまま、端的に、自分の芽を伸ばすからである。
言いかえるとそれは、自信がある、と言う状態のことだからである。私は書ける、そう信じ込んでいる状態のことだからである。何が強いと言って、書ける、と思い込むより強いことはないからである。(宇野千代『行動することが生きることである』より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-18 21:55 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

夏の空 夏の雲

a0034487_219498.jpg

北安曇郡池田町にて。
夏の空の色、夏の雲の形。

本日、安曇野穂高の最高気温はなんと35.4℃。
ここまで暑いと、先祖はインド人の店主もさすがにキツイ・・・。























法律の裁きは、罰を与え、愛の裁きは、許しを与える。(マハトマ・ガンディー)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-15 21:19 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_19263518.jpg
『ひつじ屋ひつじ展vol.3』開催中です。
安曇野・松本・大町に住む8人の作家のみなさんにお願いして、
羊をテーマに作品を作っていただきました。
ガラス、陶、キャンドル、ぬいぐるみ、布物やお菓子など、
いろいろな羊のなかから、お気に入りを見つけにいらしてくださいね。

ひつじ屋ひつじ展vol.3
2015年7月4日(土)~7月28日(火)
ひつじ屋ギャラリー
8:30~18:00(最終日17:00まで) 木曜休み(7/23は営業)

出品作家:上野みどり(Kucha) 金井三和(スミレ研究所) 
菊地みゆき(十色屋) きとうななこ(カランコロン)
hotori-ya 宮嶋洋子(Azumino note) 
甕亜夕美(motaco) 横尾弘美(Glass Studio Cadenza)


a0034487_19213459.jpga0034487_19214756.jpga0034487_19215846.jpga0034487_19221363.jpga0034487_19222628.jpga0034487_19223756.jpga0034487_19225018.jpga0034487_1923232.jpga0034487_19231398.jpga0034487_19232588.jpg

























a0034487_19561863.jpg
せめてもの楽しみは、蛾を追って跳躍する素早いうえにエレガントで柔軟なからだの動きを見物することだ。茶褐色の捕虫網のように音もなくひらりと空中に跳躍する実に美しい洗練されて無駄のない動きを見ていると、スゴイ動物と一緒に暮らしているのだなあ、と感動的な気持になるのだが、そのスゴイ動物は、自信たっぷりに余裕のある動き方をして四回に一回くらいの割合で蛾に逃げられてしまう。すると、蛾など最初から追ってはいなかった、という態度で、ごろりと身を横たえ、さっきからずっとそうしたかったのだ、といわんばかりに足のうらの爪の間に溜まったゴミを舌でかき出しはじめたりする。(金井美恵子『遊興一匹 迷い猫あずかってます』より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-14 19:36 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

やきもの教室の日

a0034487_1950567.jpg
きょうはやきもの教室の日。
午後から、安曇野市の隣、池田町(いけだまち=長野県北安曇郡)にある
陶房白露(とうぼうはくろ)に出かけました。

写真はその途中で撮ったもの。
安曇野の田園風景と、その向こうに北アルプスの山並みを望む、
池田町は素晴らしい眺望を誇る静かな町です。



a0034487_1951880.jpg
店主が作ったモノ。
何を作ったのか?それはヒミツです。
























a0034487_19552286.jpgマトカ(生後2ヶ月・メス)
自分は自由だ、という自信がある人だったら、どんどん創ってみる。
もし、自分がまだ自由でない、と考えるのなら、
それでもかまわないという気持ちで、平気でやってゆけばいい。(岡本太郎)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-13 20:00 | 陶房白露でやきものを学ぶ | Comments(0)

a0034487_1938582.jpg

この週末は良いお天気になりました。
気温もぐんぐん上がって、きょうの最高気温は32℃。
レンタサイクルのお客さまには
写真のような麦わら帽子を無料でお貸ししておりますが、
どうぞ水分を充分に取り、無理のないスケジュールでお楽しみくださいね。

穂高駅前は登山者の姿も多く、
いよいよ夏のシーズンが始まりそうなざわめきを感じたことでした。
























a0034487_19425685.jpg
大江健三郎は、A・A・ミルンの『クマのプーさん』(石井桃子訳、岩波書店)に登場するメランコリックなロバの名前を、息子の愛称に選び、今では、イーヨーと言えば、誰でも『クマのプーさん』より大江健三郎の名と小説を思い浮かべることになっている。家の去勢猫はトラ柄で、トラー、という名前なのだが、正式には、『プー横丁にたった家』(石井桃子訳、岩波書店)に登場する、とびはね屋で幼稚な甘ったれのトラー(原文ではTig-ger)から借りて、トラーと音引きがある。マンションの一階に住んでいるので、外へ出歩くのを自由にさせているが、外で顔をあわせて、トラー、トラ、トラ、と呼ぶと、駆けよってきて、ン、グググググ、とノドを鳴らす。最初の、ン、という声は、ニャ、という音を出さずに口を開いて鳴くものだから、ニャンという声の、ンだけが音になるのである。ン、ググググ、と駆け寄って来て、足もとの地面にゴロリと横になってからだをクネクネとさせ、お腹を出し背中を地面にこすりつけて、猫好きの人にはわかっていただけると思うのだが、飼い主としては、ウッ、可愛い!と、感じいって、じゃんじゃん甘やかしてやろう、と決心してしまう。ウッ、という音は、感動に声がつまった時の音なのだ。(金井美恵子『遊興一匹 迷い猫あずかってます』より)







 
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-07-12 19:53 | ひつじ屋日記 | Comments(0)