<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

◎レンタサイクル&レンタカー カフェ&ギャラリー 安曇野ひつじ屋

a0034487_20212597.jpg
きのうは休日で、晩ごはんにウーファーさんとたこ焼きを作って食べました。
アメリカから来たブルックは、たこ焼きを食べるの初めてだそうです。

店主のひそかな夢は、ここでたこ焼きを経験したウーファーさん達が、
世界中でTakoyaki Restaurantを開き、
老後にその店を1軒1軒回って歩くこと。


ウーファーって?
 WWOOF(ウーフ)Willing Workers On Organic Farm
 お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換する仕組み。
 有機農場や環境を大事にする人たち、
 自然が豊かに残っている場所、人との交流を大切にしている所と、
 農業や生き方について学びたく仕事や家事の手伝いをしてみたい人達を繋いでいる。
 受け入れる側を「ホスト」、ホストのところにやって来る人を「ウーファー」と呼ぶ。
 WWOOF Japanのウェブサイト
http://www.wwoofjapan.com/main/


a0034487_20235969.jpg




a0034487_20263053.jpg
きょうで10月が終わります。
今月もたくさんのお客さまにご利用いただきました。
ひつじ屋におこしくださったみなさま、ありがとうございます。

a0034487_20264728.jpga0034487_20265929.jpga0034487_20271433.jpg
a0034487_20272761.jpga0034487_20273720.jpga0034487_20275076.jpga0034487_20281542.jpg
a0034487_20282695.jpg
a0034487_20283790.jpga0034487_20284792.jpg


★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。




★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




★ひつじ屋ギャラリー『中村綾花帽子店』始まりました

a0034487_20363334.jpg
ある時はいちご農家、あるときはちくちく針仕事作家、
中村綾花ちゃんの個展が今年もひつじ屋で始まりました。
題して、『中村綾花帽子店』!。

すべて一点もの、ていうか同じものは作れないという綾花ちゃんによる
かわいらしくも個性的な帽子の数々を、どうぞ見にいらしてください。
もちろん全作品販売。ほしい人はお早めにどうぞ。
初日からどんどん売れていきますんでねー。

a0034487_14193923.jpg

中村彩花帽子店
2014年10月31日(金)~11月21日(金)
ひつじ屋ギャラリーにて(JR穂高駅前すぐ)
8:30~18:00(木曜休み)
お問い合わせ 0263-82-3888(ひつじ屋)





a0034487_16464873.jpg

安曇野市三郷小倉でりんご農家を営む友人が、
収穫のお手伝いをしてくださる方を募集しています。
興味のあるひとは、安曇野山峯(やまみね)農園【加藤さん090-4416-6712】
までお問い合わせくださいね。よろしくおねがいします。

























人間は、優れた仕事をするためには、
自分一人でやるよりも、
他人の助けを借りた方が良いものだと悟ったとき、
その人は偉大なる成長を遂げるのである。(アンドリュー・カーネギー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-31 20:31 | ウーファーさんと共に | Comments(0)

◎レンタサイクル&レンタカー カフェ&ギャラリー 安曇野ひつじ屋

a0034487_15283295.jpg
10月30日(木曜日)はお休みをいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。


【11月の店休日】11/6(木)、13(木)、20(木)、27(木)




a0034487_15305124.jpg
ひつじ屋カフェのメニュー「タミちゃんのムーンパワーティー」に使っているハーブです。
写真に写っているのは、ローズヒップ、ラズベリーリーフ、ブラックベリーリーフ、アニスシード、フェンネル、キャラウェイ、カモミール、リコリス、以上8種類のハーブを調合したもの。
これにトゥルシー(インド原産のハーブ)とルイボスティーの葉、ショウガ、
そしてりんごジュース(100%ストレート=松本市梓川せせらぎ農園産)を加えて作ります。

安曇野在住の料理研究家ミヤモトタミコさん(タミちゃん)がレシピを考案しました。
これが飲みたいがためにひつじ屋を訪れるというお客さんが何人もいらっしゃって、
ほかでは味わえない、不思議な香りと、何ともいえない美味しさを持つお茶です。
夏の暑い時期はお休みしていましたが、また復活。ひつじ屋の看板メニューのひとつです。


a0034487_1922176.jpg


★只今のカフェメニューはこちら http://www.hitsujiya-azumino.com/cafemenu/cafemenu2014-10-20.pdf






a0034487_16464873.jpg

安曇野市三郷小倉でりんご農家を営む友人が、
収穫のお手伝いをしてくださる方を募集しています。
興味のあるひとは、安曇野山峯(やまみね)農園【加藤さん090-4416-6712】
までお問い合わせくださいね。よろしくおねがいします。




a0034487_1948049.jpg

★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。




★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




★ひつじ屋ギャラリーご案内a0034487_14193923.jpg
ある時はいちご農家、あるときはちくちく針仕事作家、
中村綾花ちゃんの個展が今年もひつじ屋で開かれます。
題して、『中村綾花帽子店』!。

すべて一点もの、ていうか同じものは作れないという綾花ちゃんによる
かわいらしくも個性的な帽子の数々を、どうぞ見にいらしてください。
もちろん全作品販売。ほしい人はお早めにどうぞ。
初日からどんどん売れていきますんでねー。

a0034487_14212635.jpga0034487_14211768.jpg
a0034487_14214513.jpga0034487_14213520.jpg


























多くの仕事を処理する一番の近道は、
一度に一つしか仕事をしないことだ。(リチャード・セシル)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-30 00:01 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

縁談

◎レンタサイクル&レンタカー カフェ&ギャラリー 安曇野ひつじ屋

a0034487_1944473.jpg
この子猫を飼う寸前まで「縁談」が進んだのですが、
予期せぬ出来事が起こり、結局うちには来ないことになりました。

でも、これを機に自宅の大家さんから
「ねこを飼ってもよろしい」という許可をいただくことができたので、
また一から探すことにします。
今回お世話になったみなさま、ありがとうございました。





a0034487_16464873.jpg

安曇野市三郷小倉でりんご農家を営む友人が、
収穫のお手伝いをしてくださる方を募集しています。
興味のあるひとは、安曇野山峯(やまみね)農園【加藤さん090-4416-6712】
までお問い合わせくださいね。よろしくおねがいします。




a0034487_1948049.jpg

★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。




★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




★ひつじ屋ギャラリーご案内a0034487_14193923.jpg
ある時はいちご農家、あるときはちくちく針仕事作家、
中村綾花ちゃんの個展が今年もひつじ屋で開かれます。
題して、『中村綾花帽子店』!。

すべて一点もの、ていうか同じものは作れないという綾花ちゃんによる
かわいらしくも個性的な帽子の数々を、どうぞ見にいらしてください。
もちろん全作品販売。ほしい人はお早めにどうぞ。
初日からどんどん売れていきますんでねー。

a0034487_14212635.jpga0034487_14211768.jpg
a0034487_14214513.jpga0034487_14213520.jpg











a0034487_19204572.jpg
あんかけかたやきそばに目がないオレ。
友人から勧められて行った「やま山(やまさん)ラーメン」(安曇野市堀金)にて。





















知恵に近づくには、まずは沈黙し、
次に相手の話に耳を傾け、
第三にそれを自分の中で吸収し、
第四にそれを実践に移し、
最後は人に教えてみることだ。(イブン・ガビロル)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-29 19:07 | 吾輩はマトカである | Comments(0)

新しい石けん置き

a0034487_17204381.jpg
週に一度のペースで通ってきた陶芸教室。
今年はきょうが最後で、暖かい春がやってくるまでお休みとなります。


a0034487_17132224.jpg
「石けん置き」になぜか執着する店主は、新らしい形に挑戦しました。
麺棒状の棒(ていうか麺棒か)で土を平らにし、


a0034487_17215597.jpg
土台にする「型」の上にかぶせ、形をととのえます。


a0034487_17234093.jpg
このような穴を開ける道具がありまして、それを使ってアトランダムにぽこぽこと。


a0034487_17244879.jpg
ふちを柔らかな布状のものでこすって丸みをつけ、


a0034487_17251468.jpg
足は3本。


a0034487_17253354.jpg
こんな形に出来上がりました。


このあと、素焼きをして、釉薬(ゆうやく)を付け、本焼き、という手順ですが、
それはまた来年の話。
冬のあいだは、自宅でせっせと「形つくり」に励みます。

今年通い始めたやきもの教室は、
気分転換も兼ねながら、とても楽しい時間でした。
小久保朝司・隆司(あさじ・たかじ兄弟)先生と、
一緒に学んだ「クラスメート」のみなさんに感謝。
来年もまたよろしくお願いします。


























幸いなことに壺屋の人達はみな仕事好きだ。指図を待たず実によく働く。子供達まで小学校帰りの一群が、そのうちの誰かの仕事場へ入ってきて、鞄を投げだしたまま頼まれもしないのに年嵩の者が輪郭を彫ると、次のものが細部を足し、一番幼いのが絵を浮かすために余分の土を取りさる。見ていて私はほほえましかった。仕事の根になる暮しが、私達とは較べものにならないほど強く生きているのを想わせる。技術の上で受けついだ伝統は、形の奥の見えないところで深く守られ、たとえば器に絵付をしてなおよくなるということは、私達にとってはなかなか難しく、気の重いことだが、壺屋の陶工達にはいつもくったくなく行なわれていて、どれも愉しい。それだけに自分で作品の結果を選ぶことが不得手だが、解らないでいい仕事をしていることはどんなに素晴らしいことか。私達はとうにこういう無意識の創作力を失って久しくなるので羨ましい限りだ。(濱田庄司「沖縄の陶技」より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-28 18:04 | 陶房白露でやきものを学ぶ | Comments(0)

◎レンタサイクル&レンタカー カフェ&ギャラリー 安曇野ひつじ屋

a0034487_20361029.jpg

アメリカから来た、ブルック・グリフィン。
今年20人目のウーファーさんです(写真後列左から2人目)。

きょうは『安曇野スタイル』を前に準備に追われる赤沼家のお手伝いをお願いしました。
歴史ある古い日本家屋、ブルックの目にはどんなふうに映ったかな。


a0034487_20362622.jpg
ウーファーって?
 WWOOF(ウーフ)Willing Workers On Organic Farm
 お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換する仕組み。
 有機農場や環境を大事にする人たち、
 自然が豊かに残っている場所、人との交流を大切にしている所と、
 農業や生き方について学びたく仕事や家事の手伝いをしてみたい人達を繋いでいる。
 受け入れる側を「ホスト」、ホストのところにやって来る人を「ウーファー」と呼ぶ。

 WWOOF Japanのウェブサイト http://www.wwoofjapan.com/main/





a0034487_16464873.jpg

安曇野市三郷小倉でりんご農家を営む友人が、
収穫のお手伝いをしてくださる方を募集しています。
興味のあるひとは、安曇野山峯(やまみね)農園【加藤さん090-4416-6712】
までお問い合わせくださいね。よろしくおねがいします。




a0034487_1948049.jpg

★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。




★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




★ひつじ屋ギャラリーご案内a0034487_14193923.jpg
ある時はいちご農家、あるときはちくちく針仕事作家、
中村綾花ちゃんの個展が今年もひつじ屋で開かれます。
題して、『中村綾花帽子店』!。

すべて一点もの、ていうか同じものは作れないという綾花ちゃんによる
かわいらしくも個性的な帽子の数々を、どうぞ見にいらしてください。
もちろん全作品販売。ほしい人はお早めにどうぞ。
初日からどんどん売れていきますんでねー。

a0034487_14212635.jpga0034487_14211768.jpg
a0034487_14214513.jpga0034487_14213520.jpg


























人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、
人に釣りを教えれば一生食べていける。(老子)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-27 20:39 | ウーファーさんと共に | Comments(0)

◎レンタサイクル&レンタカー カフェ&ギャラリー 安曇野ひつじ屋

a0034487_19243068.jpg

安曇野は、「下界」も赤く黄色く色づいてまいりました。
写真は、安曇野市穂高有明のカフェ『書翰集(しょかんしゅう)』さん。
森の中に佇む、香り深く、濃厚な味わいのコーヒーが人気の店。

この土日は快晴の秋晴れ、
おかげさまでたくさんのお客さまにご利用いただきました。
ありがとうございます。



a0034487_1928316.jpgnagiさんの近く

a0034487_19341949.jpg広域農道から山麓線に抜ける道

a0034487_1934579.jpg穂高養生園さんの近く

a0034487_2015328.jpg安曇野市穂高有明より白馬連峰を望む





a0034487_16464873.jpg

安曇野市三郷小倉でりんご農家を営む友人が、
収穫のお手伝いをしてくださる方を募集しています。
興味のあるひとは、安曇野山峯(やまみね)農園【加藤さん090-4416-6712】
までお問い合わせくださいね。よろしくおねがいします。




a0034487_1948049.jpg

★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。




★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




★ひつじ屋ギャラリーご案内a0034487_14193923.jpg
ある時はいちご農家、あるときはちくちく針仕事作家、中村綾花ちゃんの個展が
今年もひつじ屋を乗っ取って(笑)開かれます。
題して、『中村綾花帽子店』!。
すべて一点もの、ていうか同じものは作れないという綾花ちゃんによる
かわいらしくも個性的な帽子の数々を、どうぞ見にいらしてください。
もちろん全作品販売。ほしい人はお早めにどうぞ。
初日からどんどん売れていきますんでねー。

a0034487_14212635.jpga0034487_14211768.jpg
a0034487_14214513.jpga0034487_14213520.jpg




a0034487_202327.jpg
こちらは木工作家サンガキヌヨさんの新作振り子時計。
足の1本が振り子になっています。
来春、ひつじ屋にて個展開催予定。

























嵐の中で船から下りることができたとしたら、
誰一人として大海原を渡り切ることはなかっただろう。(チャールズ・ケタリング)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-26 19:29 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_1671970.jpg
友人の須永豪(すなが・ごう)さんからメールが届きました。
所有している土地を手放さなくてはならず、その「期限」が迫っている。
そこで、以下のような文章を、友人・知人に送ります、と。
ついては、知り合い以外の人たちにもこの情報を広めて貰えないか、とのこと。



じつは、助けていただきたくて、メールをさせていただきました。

安曇野で、畑の真ん中の、陽当たり・眺めが良くて、
自給自足もやれる広めの土地がありまして、
こういう、家を建てるための土地を
もし、『今まさに!』お探しのかたがいましたら、
ご紹介いただけませんでしょうか?

…というお願いなのです。

好条件の住宅用地で、
間違いなく、今後は安曇野でそうそうお目にかかれない
タイプの土地なのです。

(建築家の私が太鼓判を押します!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この土地は安曇野市 穂高有明、
周囲をグルリ、のどかな農地に囲まれた、

アートヒルズの前をオープンカーで走りながら、
「こういうところに家が建てられたらいいねぇ!」
と、誰もが思わず言ってしまう、

まさにそこにあります。


ですが今、
『ザ・安曇野』という感じのこの土地が
まさにピンチに陥っているのです。

どうか、助けていただけませんでしょうか?
有効に活かしてくれる方へ、繋いでいただけませんでしょうか?


じつは、
須永家がここに家を建てる予定で手に入れた、
理想の土地でした。

しかしワケあって、手放すことになりました。
(その理由は後ほどお話ししますね)

そこで、
この土地を愛してくれるかた『1人』と、
ぜひ、今月末までに出会いたいのです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なぜ今月末かと言いますと、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この機会を逃すと
この土地には『家』が、もう二度と
建てられなくなってしまうからなんです。

もう二度と、です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もともとここは『農地』に指定された場所で、
農地として使うか、

もし家を建てるとすれば、
農家さんしか建てられない場所でした。


ところが2011年、ちょうどあの3月11日でした。

その日に提出した『農地転用』という手続きが
幸運なことに許可されて、
ココの土地には、
一般の人でも家が建てられるようになったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※現在は、安曇野市の穂高地区では、
安曇野らしい景観を守るための新ルール、

『土地利用条例』という条例ができて、

土地の三方が、宅地か道路に接してないと、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
家が建てられません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

つまり
農地に囲まれた、のびのーびしたところには、
もう今後は『農地転用』が認められないのです。


私の場合はこの条例がスタートするギリギリ直前に、
滑り込みセーフで得られた『農地転用の許可』でした。

(本当に本当の最後のひとりで、
当時の安曇野市の市報にも名前が載っています)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ところがこの『農転の許可』をいただいた後、
私がなかなか建物を建てなかったばっかりに、

今年の末に、元の『農地』扱いに戻ってしまう
ということが、決まってしまいました。

となると、
ココに一般のかたが家を建てることは
ほぼ永久にできなくなります。



では「なぜ、建物を建てなかったのか?」

その一番決定的な理由は、

10年以上ペーパードライバーの妻からの
「私は、やっぱり車の運転が怖い。
日々の行動が電動自転車で済む範囲で、暮らしたい」

という切実な願いでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

a0034487_16254575.jpg須永豪


須永家は、
まだまだ松本で暮らすことになりそうなので、

「この土地は、須永家とはご縁が無かったのかな」
と、今はもう納得していますが、

文末添付の写真のように、
すっっっっごい!素敵な土地なので、

この風景を愛し、土を愛してくれる方へ、
ぜひお届けしたいのです。



今日までは、
「きっとこの土地とのご縁のあるかたが、いるのだろう」
と思って来ましたが、

もう、
期日がギリギリです。


どうか、あなたのお近くで
安曇野に土地をお探しの方がいましたら、
この件を紹介していただけませんでしょうか?

(シェアもありがたいです)


この土地と、どこかの家族が結ばれる、
物語の仲人に、
なってくださいませんでしょうか?


土地の詳細はこんな↓です。
(最後までお読みいただき、ありがとうございます!!)


住所:安曇野市穂高有明8570-1
面積:376.51m2(222.79坪)
地目:畑(農地転用許可取得済み 宅地として住宅の建築可能)
価格:1300万円(坪5.8万円)
写真・地図:
http://www.sunaga.org/daily/hotaka.jpg (←ここで大きな写真が見られます)
http://www.sunaga.org/daily/hotaka.htm (←このHPで紹介しています)

連絡は須永豪 090-1836-1049 sd@sunaga.orgへ

■特徴
 □南・西・北、三方をぐるり広大な農地に囲まれ、眺めが良い。
 □隣接する農地は、宅地に変わる可能性が極めて低い。(条例のため)
 □夏の暑い西日は、西北に山があるおかげで、夕方にはカットされるので過ごしやすい。
 □北東側が開けているので、朝が早く明けて清々しい。
 □2階の高さからは、夜に街の灯りが眺められる。
 □山麓線より低いので雪は少ない。
 □山際ではないので、土砂災害の危険が少ない。
 □スーパーマーケットのビッグ、ホームセンターの綿半が近い。
 □小学校までは徒歩3kmとちょっと遠いが、近所には小さな子供の居る家族も数家族いる。
 □公共下水道あり
 □大通りから路地を入ったところで交通量が少ないため、危なくない。うるさくない。
 □無農薬栽培の農地として使われてきたため、安心して自家用野菜を育てられる



という長いメールでしたが、いかがでしょうか。
もし関心のある方がいらっしゃいましたら、
須永さんに直接お問い合わせいただくか(090-1836-1049 sd@sunaga.org)、
ひつじ屋(0263-82-3888 dede@matsumoto.ne.jp)までご連絡ください。
何しろ日にちが迫っていますので、お早めにお願いしますね。



a0034487_1673667.jpg






【後日談】
この記事を載せた数日後、須永さんからメールが届きました。

先日メールを送らせていただきました土地の件で、

あの土地に惚れ込んで暮らしてくださる方との素晴らしいご縁があり、
先ほど、決まりました!

もし『今まさに検討中』のかたがいましたら、
情報の行き違いとなってしまいますため、
まずはご報告をと思い、メールさせていただきました。


フェイスブックでも皆さんにお願いをしたところ、
シェアしてくれた皆さんが3日間で193件。

なんと、見ず知らずのかたまでが、
「ご縁のある方に、繋がるといいね」と応援(シェア)を
してくださいました。


そして、

急なことだったにもかかわらず、
問合せをくださった方が7組、
その内、現地へ見に来てくださったのが4組。

そのなかで、

昨晩電話で連絡をくださったかたが、
今朝の7時45分に現地に見に来てくださって、
もともとあった午前の予定はキャンセルして、住環境を見て廻られて、
お昼の12時に「家族と相談して、決めましたっ!」という決意のお電話。

「確かに縁が繋がった」というのが、はっきり感じられました。



それにしても、
『応援』と『インターネット』がガッチリ組み合わさった時の、
『繋ぐ力』はすごいですね。
実感しました。


須永が書いたフェイスブックの記事を

見た友人がフェイスブックでシェア

そのシェア記事を見た第三者が

第四者へ口コミ

「ココはまさに私の暮らしたかったところです。決めました!」

という経路で繋がりました。
どこで誰へ繋がるか、予測不可能ですね。


メールを受取ってくださった方、
フェイスブックで応援してくださった方、
『皆様全員』のおかげと、心から感謝しています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本当にありがとうございました。



須永さん、よかったですね。
























何かが本当に欲しくてたまらないとき、
突如として、思いがけない能力が発揮されることがある。
信念、決意があれば、
私たちが日頃不可能だと思っていることも成し遂げられる。(ジョー・トーリ)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-25 16:17 | 安曇野ひっこし相談所 | Comments(0)

カレーうどん始めました

a0034487_1733758.jpg
寒い季節の定番メニュー『カレーうどん』今年も始めました。
鰹と昆布のだしを効かせたほのかに甘いスープと、
シコシコ讃岐うどんのハーモニーをお楽しみください。



a0034487_1742397.jpg
看板も待機中。もうじき店の外にお目見え。
(色の組み合わせが阪神タイガース)



a0034487_1782756.jpg
ウドちゃんも大好き!(?) ひつじ屋のカレーうどん。

ウドちゃんの旅してゴメン「日本の原風景わびさび山葵 長野・安曇野」


























凧が一番高く上がるのは、風に向かっているときである。
風に流されているときではない。(ウィンストン・チャーチル)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-24 17:02 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

a0034487_17164847.jpg

10月23日(木曜日)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。


【これからの店休日】 10/23(木)、30(木)、11/6(木)、13(木)、20(木)、27(木)





a0034487_17404965.jpg
来月、店の改装工事を行うことになりました。
詳しいことは改めてお知らせするとして、
棟梁の片桐武夫さん(きぎ工房=東筑摩郡山形村)から届いたメールで、
こんなブログの記事が出てきたと教えられたのがこのページ『ひつじ屋改装物語』

いやぁ、なつかしいなぁ、そして恥ずかしいなぁ・・・。こんな時代もありましたよ。
あれから8年、片桐さんにはお世話になりっぱなしで、
よくぞ見捨てずにお付き合いくださいました。
最初は工事費もろくに払えず、さんざんボランティア活動をしていただきました。
せめてこれからご恩返しをしていきたいものであると、
片桐さんの文章を読み、写真を見ながら、店主はしみじみ思っております。
























人生は道路のようなものだ。
一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。(フランシス・ベーコン)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-23 17:22 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

求ムりんご助っ人

a0034487_16464873.jpg

安曇野市三郷小倉でりんご農家を営む友人が、
収穫のお手伝いをしてくださる方を募集しています。
興味のあるひとは、安曇野山峯(やまみね)農園【加藤さん090-4416-6712】
までお問い合わせくださいね。よろしくおねがいします。


























わたしが理想とする社会のイメージは、水面に丸く広がる波紋である。それはひとつの人生のまわりに、また別の人生が広がっているようなものである。そして、その中心に個人がいる。その個人は、次の波紋である村の輪の中に溶け込んでいき、その村もまた、周囲の村々の輪に溶け込んでいく。
このような社会では、各々がこの大きな波紋をつくるための重要な波のひとつだと認識し、常に謙虚に暮らすことができるだろう。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-10-22 16:54 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)