<   2014年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

携帯不携帯的人生

a0034487_201364.jpg
先月、沖縄でケータイを失くしました。

朝、レンタカーに乗って宿を出発してから数時間後、
「花人逢(かじんほう)」という店に着きました。
ここは友人のJ子から薦められていた、絶景の地にあるピザ屋さん。
テーブルに並べられたおいしそうなピザを写メに撮り、J子に送ってあげようとしたところで
ケータイが無くなっていることに気づいたのです。

a0034487_19422856.jpg花人逢からのながめ
そのときまでに寄ったのは、「八重岳ベーカリー」と「cafeハコニワ」、そして「花人逢」。
さっそく花人逢の駐車場からテーブルまで、歩いて来た辺りを探したものの、見当たらず。
お店の人に緑色のこんな形のケータイをもし見つけたらここに連絡くださいとメモを渡し、
「cafeハコニワ」と「八重岳ベーカリー」をめざし、走って来た道を戻って行きました。
しかし、どちらの駐車場にも店内にも、わがケータイは見つからず・・・。

a0034487_1944230.jpgcafeハコニワ
ただ、八重岳ベーカリーは山の中腹にあるパン屋さんで、
広大な敷地を散策することができるようになっており、
そこを1時間ほどかけて散歩していたので、
もしその途中で落としたのだったら、
草むらに隠れて見つからないかもなーと思っていました。
こういう色のケータイだし。

a0034487_20161761.jpg八重岳ベーカリー
そんなことを考えながら、歩いた道を辿ってみたのだけれど、
結局見つけることはできず、
ここでも店の人に連絡先を書いたメモを託し、
ひとまずあきらめて、宿に戻ることにしました。

a0034487_19474937.jpga0034487_1948324.jpga0034487_19481772.jpg散歩道にて

実はしばらく前から、携帯電話を持たなくても生きていけるのでないか、
いやむしろ無いほうが楽になっていいのではないかなー、と考えるようになり、
このブログにもそんなことを書いたのが今年の1月でした。
http://hitsujiya.exblog.jp/19156157

だから、今回失くしたのは、もうこれで、この沖縄でケータイやめればいいよ、
という神さまからのメッセージなのではないかしら?と考えたりして、
もしもこのまま見つからないのなら、安曇野に帰ったら解約しよう、
そうして、やっぱりどうしても必要だとなった時には、
auから妻や息子と同じソフトバンクに乗り換えよう、
とその夜、妻と話したりしておりました。
「いやー沖縄でケータイ失くしてよかったよ、安曇野に帰ったら心機一転、
携帯不携帯の快適な人生を送るよ」。
どこかに落としたヘマな自分は棚に上げたまま・・・。

a0034487_1950341.jpg宿

ところが翌朝、妻のケータイが鳴ると、
相手は八重岳ベーカリーのスタッフでした。

「はい」
「もしもし」
「もしもし」
「八重岳ベーカリーの○○ですが、タカハシさんのケータイが見つかりました」
「えっ、どこにあったのですか?」
「けさ散歩していたら、連れていた犬が緑色のモノを口にくわえて草むらから出てきました」
「あら」
「はい。それがタカハシさんのケータイのようです」
「ありがとうございます。それではさっそく伺いますので、よろしくおねがいします」
「はい、おまちしております」


というわけで、みたび八重岳ベーカリーに足を運んだ我々は、
めでたくケータイを手に戻し、安曇野への帰路についたのでした。


a0034487_195108.jpg八重岳ベーカリーの散歩道にて
しかし。せっかく失くして、もうこれからはケータイのない人生を送るのだ、
と意気込んでいたのに、出てきたケータイを見て、
なんとなく不本意というか、釈然としない気分で・・・。

そして数日後、やはり解約しようとauに出かけたのでした。

「いらっしゃいませ」
「あの、すみません、ケータイを引退したいのですが・・・」
「は、、、ではこちらにおかけください」
「おねがいします」


「お客さま、きょう解約されますと、手数料が9450円かかりますがよろしいでしょうか。
それから、16,000円分ほどポイントが残っておりまして、それもゼロになりますが・・・」
「むむむ」
「あ、でもお客さま今年の4月が更新月なので、そのときに解約されれば手数料はかかりません」
「えっ、あの、では、出直してまいります。また来ます」
「はい。ありがとうございました」

「すいーーん」(自動ドアの閉まる音)


さあ、そしていよいよ明日から更新月。
ポイントは、au公式サイトでパソコン用の外付けハードディスクと自宅用の中華鍋を買って
すべて使い切りました。
あとはauにいくだけじゃ~~。(マジですか・・・)


a0034487_19465024.jpg八重岳ベーカリーの散歩道からのながめ


























持ち物を減らしていくにつれて、自分に必要な物もだんだん減っていく。
それは幸せと自由を得ることでもある。
自らの楽しみのためだけに物を持つより、
この身を人のために捧げたほうが、はるかに人生は豊かになる。
(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-31 20:26 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

頭上注意

a0034487_19492549.jpg
まずはキミが気をつけてくれ・・・


外装工事中の穂高郵便局にて。
























わたしは、どの国も同じように巨大産業をもつことで
発展すべきだとは思わない。
アジア・アフリカ諸国などではなおさらである。
これらの国々が世界に対して果たすべき義務は、
現地の暮らしを支える家内工業を発展させ、
世界と協調することによって、
簡素であっても品位のある生活を営むことである。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-30 19:53 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

読谷山焼北窯のうつわ

a0034487_20562882.jpg
きのうの続き。
沖縄でいろいろなモノに魅せられてきたのだけれど、
「うつわ」もそのひとつ。

多くの窯が集まる、沖縄本島中部の読谷村(よみたんそん)。
そのなかの、読谷山焼北窯が営む売店で買ったのが写真の小皿2枚。
このあと読谷でも那覇でもあちこちの店に入ったのだけど、持ち帰ったのは結局これだけ。
北窯の売店でもっと買っておけばよかったと少し後悔。

安曇野に戻ってから、『陶房白露』(とうぼうはくろ=北安曇郡池田町)
を主宰する小久保兄弟(朝司あさじ・隆司たかじ)のお宅に伺い、
お願いして春から陶芸を学ばせていただくことになりました。
ワクワク。




a0034487_2183853.jpg
読谷山焼北窯の13連房登り窯。























a0034487_212518.jpg

柳宗悦が定義した「民藝品」の条件
・実用性・・・鑑賞のためではなく、実用性を備えていること。
・無銘性・・・無名の職人によってつくられたものであること、名をあげるための仕事ではないこと。
・複数性・・・民衆の需要に応じるため、数多くつくられたものであること。
・廉価性・・・民衆が日用品として購入できる、安価なものであること。
・地方性・・・色、かたち、模様などに土地の暮らしに根ざした地域性があること。
・分業性・・・量産を可能にするため熟練者による共同作業でつくられていること。
・伝統性・・・先人が培ってきた技術や知識の蓄積にのっとっていること。
・他力性・・・個人の力よりも、気候風土や伝統などの他力に支えられていること。
(『民藝の教科書①うつわ』グラフィック社刊より引用)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-29 21:20 | 旅の写真 | Comments(0)

サンゴの箸置き

a0034487_21551596.jpg
沖縄本島、備瀬(びせ)の海岸で拾ったサンゴのかけら。
家に帰ってきてから、これが箸置きにちょうどよいことに気づく。



a0034487_21584827.jpg
ごはんのたびに、沖縄のことをちょっぴり思い出す。








a0034487_2052591.jpg
浜はこんな感じでした。


























機械は人々の労働を軽減するもの、そう言われている。
しかし注意してほしい。
機械はそんな博愛の心で動かされてはいない。
ひと握りの人々が莫大な富を生み出すために動かしている。
機械は、そのために職を失った人々を飢餓の道ばたに放り出し、
彼らに渡されるべき富を、
一部の人々に集めるために働いているのだ(マハトマ・ガンディ―)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-28 22:02 | 旅の写真 | Comments(0)

a0034487_21564433.jpg
3月27日(木)はお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

【3月・4月の店休日】 3/6(木)、13(木)、20(木)、27(木)
              4/3(木)、10(木)、17(木)、24(木)

























法律の裁きは、罰を与え、愛の裁きは、許しを与える。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-27 00:01 | ひつじ屋日記 | Comments(0)




Jリーグ ディビジョン2 第4節 松本山雅FC vs カマタマーレ讃岐
2014/03/22(土)13:00 Kick off 丸亀
松本山雅FC/AWAY 5×0 カマタマーレ讃岐/HOME

■反町監督記者会見のコメント

「讃岐に来るのは非常に道中難しいところで、かなり時間をかけて来ざるを得ないのですが、会社の方の協力もあり二日前から移動することが出来て最高の準備をすることが出来ました。感謝しております。また、そういう遠いところにも関わらず750人を超すサポーターに応援していただいたことは間違いなくチームの力になりました。先程、スカパーのインタビューでも言いましたが、こんなに早くゴールが決まった試合はこれまでを思い出しても思い出せない、というか、ないと思います。しかも相手ボールのキックオフということで非常にレアですし、昨年の村山のゴールといい今回のゴールといいニュースソースに欠かさないチームだと思います(苦笑)。ただ、2点目もラッキーな形で取れたあとは休んでしまって、そのままずっと続いたような試合でしたね。試合のクオリティとしては向こうに退場者が出た事があったとしても、こちらの立場として言えばそんなに高いものではなかったかなと思います。もちろん人が少なくなってからは向こうも我々が早く点を取ったことによって配置換えをしたり、前に攻撃の圧力をかけたりしたので、後方にスペースはありましたけどそこを上手く生かせなかった事実もあります。今度の試合ではそういうことをやっていれば、逆に5点やられると思います。それはいい材料として週中に話をして、アルウィンでしっかりプレー出来るようにこの一週間やっていきたいと思います」

Q:少し休んでしまったというお話しでしたが「クオリティが高くなかった」というのは、その辺が要因なのでしょうか?

「前線に飛び出してくるというか、残る選手がいることでこちらの最終ラインが重くなって、横に振られた場合ダブルボランチも横に行ってしまって、逆サイドのバイタルエリアが空いてしまう印象は正直しましたね。そこを埋めるのに本来であればアンカーを置くのも方法だと思ったのですが、今日はあえてかえずに選手の対応を少し見たかったというのもありました。例えば、飛び出しについていって、ボールを戻された時にどうオーガナイズしていくか。つまり、ついたままでいるのか、それとも渡してプッシュアップするのか。そういう部分でお互いの連携がとれていなかった部分が幾つかありました。そこで出されたらフリーになってしまう。そこで向こうのクロスの精度とか、今日は村山がかなり良いストップをしたのでゼロで抑えられましたけど、少しクオリティが上がると5点取られてもおかしくないと思います。もうちょっと連動・連携・コミュニケーション・経験値をうまく活かしてやらないといけないですね」

Q:結果だけ見れば快勝ですが、昨年は得失点差で最後泣いたという部分もあってこういう試合でもっと積めたかったと思うのですが、攻撃面についてはいかがですか?

「そんなに実力の差のない試合で、相手が一人少なくなったからといっても、沢山点がとれる試合なんてほとんどないです。うちの試合は殆ど一点差です。次の試合もそうなるかも知れないし、逆に離されてしまうかもしれません。そういうなかで欲を言うことは全く出来ません」

Q:先制点の場面についていかがでしょうか?

「後ろに下げて長いボールを蹴るというのが向こうのプランということは知っていました。今日は西野を上げなかったですけど、上げてくる試合もありましたし。それはちゃんと抑えております。ただ、プレス行って取れといってもTVゲームではないのでそんなに上手くいかないとは思います。祐三が出だしよく、判断したと思います。後ろからそういうボールが来るよ、とは話をしていました」

Q:塩沢勝吾、岩間雄大、和田達也、各選手のそれぞれの評価は?

「雄大はちょっと合宿で出遅れた部分もあり、初先発になりましたがもっともっとやらないといけないと思いますね。まだ相手についていけない部分もあったり、公式戦のフィーリングはもう一歩だったと思います。塩沢はいつも通りやれることは限られているけど、そこで安定したプレーが出来ると。和田はここ2週間くらい良かったのでチャンスを当然与えることが、本人にもプラスだし、チームにとっても活性化にもなると思い連れてきました。展開上本人にとっても良い形で入れたとは思います。半分くらいの仕事はしたと思いますが、出来れば一つ大きな仕事をしてほしかったですね。ただ、本人にとってもチームにとっても大きなデビューだったと思います」

Q:ここまで4試合で1失点。守備の面で昨年と比べてどうでしょうか?

「先ほども言いましたが水際でやっているだけで、少し波長が遅れればすぐにでも2、3点やられてもおかしくないという事実もあると思います。ただ最後の水際でしっかりやれるかどうかというのを我々はしっかりトレーニングしてきましたし、プレミアは少し違いますが、世界中どこのリーグを見ても失点の少ないチームが上に行くのは当然。ゼロで抑えるために何をするかということをシーズン最初から意識してスタートしないといけない。そういう意味では私も3年目になりますが、選手たちも意志統一はかなり出来てきているのではないかなと思います」

Q:試合前の讃岐のイメージと、失点が多い讃岐ですが試合後の印象をお願いします。

「今日の試合もそうだと思いますが、過去3戦、磐田戦、大分戦、開幕の岐阜戦もポゼッション率は勝っているんですよね。しっかりボールを動かしながらチャンスを作り出すスタイルだとは思っています。そこで我々は全部ボールに行くことは出来ないかも知れないけれど、逆に言うと抑えるところはしっかり抑えてというイメージでゲームをしました。前線の選手は経験値もクロスに合わせる力もありますし、アンドレア選手は足が止まらずに四方八方に動いてチャンスメイクしますしね。前線の選手のクオリティは非常に高いと思います。ただ最終ラインはまだ統率がとれていないところが正直あると思います。そこを付け込む隙は我々にも少しあったかなと思います」

























良きことはカタツムリのように、ゆっくりと進む。
だから、自分のためでなく人々のために働く人は、いたずらに急がない。
なぜなら、人々が良きことを受け入れるには、
多くの時間が必要なことを知っているから。
しかし、機械に振り回される現代生活はせわしないものだ。
利己的な悪しきことには、翼が生えている。
家を建てるには、時間がかかるが、
それを破壊するのは、一瞬のことであるように。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-26 21:50 | 松本山雅J1への道 | Comments(0)

にらめっこしましょ

a0034487_16573184.jpg
にらめーっこしましょ




a0034487_16574839.jpg
わらうとまけよ あっぷっぷーーっ




a0034487_1658232.jpg
いやいやお嬢さん、そんなにがんばらなくても・・・・・・

























人の心とは際限のないもの。
何かを手に入れても、もっと、もっと欲しくなる。
しかし、いくら物が手に入っても幸せにはならない。
欲望の川に押し流され、手に入れた物を失うことを恐れる心には、
たどり着く岸辺などない。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-25 17:05 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

a0034487_19412626.jpga0034487_19411526.jpga0034487_19414336.jpga0034487_19415884.jpga0034487_1942154.jpg
a0034487_19424126.jpga0034487_19422996.jpga0034487_19425374.jpg
a0034487_1943575.jpga0034487_19435735.jpga0034487_19434540.jpga0034487_1944934.jpga0034487_1944224.jpg
a0034487_19443983.jpga0034487_19445336.jpga0034487_1945948.jpga0034487_19452411.jpga0034487_19454028.jpg

a0034487_14523387.jpga0034487_14524832.jpga0034487_14531016.jpga0034487_14532213.jpga0034487_14533377.jpg


a0034487_1453466.jpga0034487_1453584.jpga0034487_14541088.jpga0034487_14542216.jpga0034487_14543449.jpg


a0034487_14544633.jpga0034487_14545848.jpga0034487_1455874.jpga0034487_14551981.jpga0034487_14553229.jpg


a0034487_14554457.jpga0034487_14561336.jpga0034487_14562870.jpga0034487_14564328.jpga0034487_14572336.jpg




a0034487_14585654.jpga0034487_14591194.jpg
a0034487_14593699.jpg
a0034487_14594963.jpga0034487_150283.jpg

a0034487_14565615.jpga0034487_14571022.jpga0034487_14574196.jpga0034487_145817.jpga0034487_14581437.jpga0034487_14582927.jpga0034487_14592393.jpg




a0034487_1532141.jpg
菊地みゆき『ふくろ展 その八』
2014年3月21日(金)~3月26日(水)
8:30~18:00(期間中無休)

みゆきさんのブログ『水晶山きまぐれカバン店』はこちら
http://kimaguremiyuki.no-blog.jp/toiroya/



a0034487_15342248.jpg
ふくろ展限定『ふくろぱん』。提供:いぐぱん(北安曇郡松川村・山麓線沿い)


























信仰は魂に属するが、宗教は知識である。
あるいは、自分の信仰は言うまでもなく自分の魂の問題だが、
他人の信仰はそうではないと考えるべきか。
魂はあまりにも個的であって、その内奥は推し量りがたい。
心と心は通い合うけれども、魂は心を経由しなければ行き来できない。
魂どうしは通底していないだろう。
(池澤夏樹「ぼくたちが聖書について知りたかったこと」より)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-24 20:19 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

好天に恵まれた3連休

a0034487_18495464.jpg

金曜日からの3連休は好天に恵まれました。
おかげさまでたくさんのお客さまにレンタサイクルやレンタカー、
そしてカフェをご利用いただきました。
ありがとうございます。

開催中の『菊地みゆき ふくろ展』も大人気。
壁一面に飾られた『ふくろ』を見に、そしてみゆきさんに会いに、
おおぜいのファンのみなさまが足を運んでくださっています。
ありがとうございます。

写真は、安曇野市穂高有明にて、きのう(3/22)撮ったもの。
北アルプスの山並みはまだ真っ白ですが、
すこしずつ空気が和らいで、春らしくなってきているのを感じます。



a0034487_19172073.jpg
『ふくろ展』は3/26(水)まで(期間中無休です)。






















自分の身は自分で守るしかない。
政府がいかに努力したところで、あなたたちを救うことはできまい。
どれほどの権力があろうとも、国民の支持が得られない政府など無力だ。
だから、明日はもう政府はないと思いたまえ。
そのとき、あなた自身が政府となるのだ。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-23 19:01 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_19372642.jpg
きのうから始まった、菊地みゆきさんの『ふくろ展』。
今年も初日の朝からたくさんのお客さまにお越しいただきました。
ありがとうございます。

すでにに多くの「ふくろ」に「売約済」の札がかけられていきますが、
期間中(26日まで)は店に展示されていますので、どうぞおこしくださいね。



a0034487_1937544.jpg
ふくろ展限定『ふくろぱん』。

「かわいい!!」の声続出。
そうでしょうともそうでしょうとも。
作ってくださったのは、松川村のおいしいパン屋さん『いぐぱん』です。
1個160円。



a0034487_19491771.jpg

菊地みゆき『ふくろ展 その八』
2014年3月21日(金)~3月26日(水)
8:30~18:00(期間中無休)


みゆきさんのブログ『水晶山きまぐれカバン店』はこちら
http://kimaguremiyuki.no-blog.jp/toiroya/





a0034487_1938920.jpg

























非暴力は、戦いの手段ではなく、個人の信条でなければならない。
あるいは情熱といってもいい。
情熱のある人は、どんな小さな行為にもそれを傾ける。
だから非暴力の情熱をもつ人は、家庭でも職場でも、
近所づきあいや会合の席でも、
さらには敵と向き合うときにもそれを示すのである。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-22 19:55 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)