<   2013年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2013年ありがとう

a0034487_20251056.jpg

あずきをことこと煮ながら、今年最後のブログ更新。

あと3時間ほどで2013年が終わります。
今年もありがとうございました。

写真は、年末年始限定の特別メニュー『白玉しるこ』。
お正月にひつじ屋にいらしたら、ぜひおためしくださいね。


みなさまよいお年をお迎えください。
元旦も元気に営業しまーす(8:30~18:00)。


新年の営業予定
1/1(水)8:30~18:00
1/2(木)8:30~18:00
1/3(金)8:30~18:00
1/4(土)8:30~18:00
1/5(日)8:30~18:00

1/6(月)より1/31(金)までひつじ屋は冬季休業となります。
この間、『てしごとcafe neco.のおやつとMa女のお茶』がオープンします。
 
営業日は、1/10(金)、11(土)、12(日)、13(月)
       1/17(金)、18(土)、19(日)、20(月)
        1/24(金)、25(土)、26(日)、27(月) 計12日間です。


a0034487_20383578.jpg










きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。
























幸せとは、誰かの幸せのために生き、
その人の幸せな姿をこの目で見ることだ。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-31 20:30 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

a0034487_21342691.jpg

夜7時の穂高駅前。
いつも店のほうから駅を写真に撮っているので、
たまには反対側からもいいのではないかと思いまして。

いよいよおしつまってまいりました。
日中は、帰省客、観光客、地元市民、日本人、外国人、老若男女、善男善女・・・
いろいろ人通りが多かったのですが、この時間は、もう静か。


明日の大晦日も営業します(8:30~18:00)。
ありがとうございます。










きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。























すべてを運命のせいだとあきらめてはいけない。
これまでの努力を無駄にしないためにも。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-30 21:39 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

マイナス5℃

a0034487_2018167.jpg

けさの気温はマイナス5℃。
安曇野は冷えました。
ふとんの中で眠っていて、
ふとんをかぶっているのに背中がすーすーするので目が覚めたのですが、
こういう朝は、寒いのです。

写真は店に行く途中、自宅(穂高有明)近くからの眺め。
まん中の、富士山のような形をした山が有明山(ありあけやま・2,268m)です。
青空、快晴、良い天気になりました。

きょうは思いがけず忙しく、
アルバイトのちろちゃんとふたりでてんてこ舞い。
ひつじ屋をご利用くださったみなさま、ありがとうございます。
明日も元気に営業しまーす。


【年末年始の営業予定】
12/30(月)8:30~18:00(平常営業)
12/31(火)8:30~18:00(レンタサイクル・レンタカーのみ営業)

新年は、元旦より1/5(日)まで休まず営業します(8:30~18:00)。


1月6日(月)~31日(金) ひつじ屋は冬季休業となります。
この間、『てしごとcafe neco.のおやつとMa女のお茶』がオープンします。
 
営業日は、1/10(金)、11(土)、12(日)、13(月)
       1/17(金)、18(土)、19(日)、20(月)
        1/24(金)、25(土)、26(日)、27(月) 計12日間です。


a0034487_20365626.jpg











きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。

























例えば鉱山に働く労働者を考えてみよう。
彼らはそこで石炭を掘り出しているが、
彼らにとって石炭は生活の糧を得る手段でしかない。
だから彼らが石炭そのものを慈しむことはない。
しかし、村人にとって、自分でつくる手工芸品は愛しいものだ。
なぜなら、それは彼ら自身が毎日の暮らしで大切に使うものだからだ。
(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-29 20:25 | 安曇野の風景 | Comments(0)

許されざる者



リメイクされた『許されざる者』を借りるために、近所のビデオ屋さんへ行く。
しかし、あいにくすべて貸し出し中。

そこで代わりに、オリジナルの『許されざる者』を借りることにする。
こちらはすでに観たことがある。
クリント・イーストウッドが好きで、彼の映画はいろいろ観ているのだけど、
出演したもの、監督したものそれぞれに、
良かった映画も、それほどでなかったのもある。
『許されざる者』は良かったほうの一本。








【ひつじ屋12月の店休日】12/4(水)・11(水)・18(水)・25(水)
 ※12/31(火)は、レンタサイクルおよびレンタカーのみの営業となります。
 ※新年は、元旦より1/5(日)まで休まず営業します(8:30~18:00)。



★1月6日(月)~31日(金)、ひつじ屋は冬季休業となります。
 この間、てしごとcafe 『neco.のおやつとMa女のお茶』がオープンします。
 
 営業日は、1/10(金)、11(土)、12(日)、13(月)
        1/17(金)、18(土)、19(日)、20(月)
         1/24(金)、25(土)、26(日)、27(月) 計12日間です。

a0034487_1611272.jpg







きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。

























人は自らの手足を使って働き、日々の糧であるパンを得るべし。
額に汗して働かない人に、どうして食べる権利があるだろう。
一日中ベッドでごろごろしているような大金持ちは、
じきに人生に飽きてしまうだろう。
動かなければおなかも減らない。
そこでおなかを減らすために運動をし、食事にありつく。
貧富を問わず、誰もがこうやって
何らかの形で運動をしなければならないとしたら、
もっと生産的な運動、つまり肉体労働をすればいいだけの話ではないか?
それだから、畑を耕す人に、運動など必要ないのである。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-28 15:51 | 映画好き | Comments(0)

ビスコッティーとあずき

a0034487_17141993.jpg
さいきんビスコッティー作りにはまっていて、
ナッツなどの材料を少しずつ変えながらよく作っています。

きょうのビスコッティーは、クルミとピスタチオとアーモンド入り。
あとはチョコと小麦粉と玉子ときび砂糖。それから油。
何度も作っているうちに、平べったく形を整えて、
だいたい同じ大きさに切ることができるようになりました。



a0034487_17195284.jpg
こちらは、もうじきメニューに登場する「おしるこ」用のあずき。
水を少しずつ足しながら時間をかけて煮ます。










きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。
























人間の体は、宇宙のミニチュアである。
体の中にあるものは、すべてこの宇宙にあるものと対応する。
体内の宇宙は、大いなる宇宙を映し出す鏡なのだ。
人体を知り尽くしたとき、わたしたちは宇宙を知ることになるだろう。
しかしながら、いかなる名医も、まだその域に達していないのである。
(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-27 17:28 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

インドのお菓子屋さん

a0034487_16513100.jpg

インドのお菓子屋さん。
2013年1月、ジャイプルにて。

色使いがいちいち派手。
無節操(失礼)にきらびやかで、そしてどこか怪しげ。
そんなインドらしさを体現するような店。

ちなみに、インドではコカコーラよりペプシコーラのほうが
幅を利かせている感じです。


観光シーズンが終わり、冬のあいだは店を閉めるところも多い安曇野。
ひつじ屋の周りでは今年もまたインドに行く人、すでに行った人が何人も。
目的は、ヨガだったり、瞑想だったり、ボランティアだったり、舞踊だったり、さまざまで。
なぜかインド好きが多いですね、安曇野は。
みなさんよい旅を。そしてどうぞ気をつけて。




a0034487_16295691.jpg

インド南部の町、ポンディシェリーにて。
南のほうは冬でもかなり暖かくて、それが何よりうれしくありがたい。
牛ものんびり歩いてます。





















人は欠点に気づいたならば、
即座にそれを改めなくてはならない。
改める行為そのものが、
人間にとって価値ある正しいことなのだ。
間違っても、欠点を見ぬふりして、
状況を悪化させてはならない。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-26 16:24 | 旅の写真 | Comments(0)

セイロとシウマイ

a0034487_13404298.jpg
セイロというものを初めて手に入れました。
漢字では「蒸篭」と書きます。
まさに、蒸すための篭(かご)ですね。

セイロを買ったからには、まずはシウマイを作ろうと決めました。
図書館でレシピの載っている本を借りてきて、家で作ってみました。

豚肉と海老と椎茸の入ったシウマイ。
なかなか美味しくできましたよ。


次は「マーラーカオ」を作ってみようかと思います。

セイロがあったら、何を作りたいですか?



a0034487_13434913.jpg






















簡素に暮らし、豊かに思考する。そんな理想の追求を、
人はひとたび日々の暮らしの中で欲を膨らませたとたん、捨て去ってしまう。
人の本当の幸せは、満足することにあるのに。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-25 14:06 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

12/25(水)お休みします

a0034487_16421534.jpg
12月25日(水曜日)お休みをいただきます。
よろしくおねがいいたします。

いつもありがとうございます。


【12月の店休日】12/4(水)・11(水)・18(水)・25(水)
 ※12/31(火)は、レンタサイクルおよびレンタカーのみの営業となります。
 ※新年は、元旦より1/5(日)まで休まず営業します(8:30~18:00)。



★1月6日(月)~31日(金)、ひつじ屋は冬季休業となります。
 この間、てしごとcafe 『neco.のおやつとMa女のお茶』がオープンします。
 
 営業日は、1/10(金)、11(土)、12(日)、13(月)
         1/17(金)、18(土)、19(日)、20(月)
          1/24(金)、25(土)、26(日)、27(月) 計12日間です。

a0034487_16431612.jpg


















a0034487_16515772.jpgホーチミン2012

都会で暮らしていた人が農村に帰るということは、
何を意味するだろう。
それは、「これからは頭脳労働ではなく、
暮らしのために必要なありとあらゆる労働に従事するのだ」
とはっきりと認識することだ。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-24 16:55 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_20122251.jpg

またまた、パティスリー・ヒロシです。笑

チョコとナッツのビスコッティー。焼かれる直前のお姿。
ナッツは、くるみ、ピスタチオ、はしばみの3種類が入っております。
材料はゼイタクなのだ。形はブサイクだけど、これでいいのだ。

























これでいいのだ
といっていると
これでじゅうぶんだと思う
だから
これでいいのだ!

これでいいのだ
といっていると
あきらめ(仏教的肯定)がつく
だから
これでいいのだ!

これでいいのだ
だって何も求めないのだから
うまくいくに決まっている

(野口法蔵『これでいいのだ』より)



[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-23 20:16 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

よく晴れた空

a0034487_19171492.jpg
けさの穂高駅前です。
青空、写真左のひときわ高く白い山が常念岳です。
その右上に、うっすらとお月さま。

3連休最後の日のきょう、
日中は暖かで、レンタサイクルをご利用くださったお客さまもいらっしゃいました。
現在、雪はほとんど残っていないので、自転車に乗ることができます。

レンタカーもやってますので、どうぞご相談ください。
詳しくはホームページをごらんくださいね。
http://www.hitsujiya-azumino.com/
もちろんカフェも営業しています。
静かな店内でのんびり過ごしていただければ幸せです。
いつもありがとうございます。



【12月の店休日】12/4(水)、11(水)、18(水)、25(水)
 ※新年は元旦より1/5(日)まで休まず営業します。(8:30~18:00)










きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。
























わたしたちの体は、奉仕に捧げるためのものである。
決して自分だけのものではない。
だから、一人ひとりが自分の体を守るボディガードとなって、
体調を万全に整える術を身につけよう。
いざといいうときに、この体を差し出し、
役立てることができるように。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-12-23 19:29 | 安曇野の風景 | Comments(0)