<   2013年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

J2最終節のドラマ



Jリーグ ディビジョン2 第42節 松本山雅FC vs 愛媛FC
2013年11月24日(日)12:30 Kick off アルウィン
松本山雅FC 1×0 愛媛FC

■反町監督記者会見のコメント

「お疲れ様でした。
ここにいる皆さんもホームのみならずアウェイの時も
たくさん我々の記事を書いていただいて感謝しております。
『Jリーグサッカーキング』もかなり売れたのかな?

この試合を振り返ることも大事ですけど、
全体的に最後に一歩届かなかった部分は非常に残念に思っております。
出来ればこのメンバーであと1試合、2試合
やりたかったなぁというのが率直な気持ちです。
先ほども挨拶でも言いましたように
“勝ち点1の重み”というのを充分感じたと思いますし、
それをどう活かすかがこれから大事になってくると思いますので、
それは反省材料として来季に取っておきたいと思います。
もう1つさっきも話しましたが、
反則ポイントも42を超えることなく試合を終えたということで、
本当は賞金をもらいたいんですけども
J2にはないということで残念ですけども、
またいつかクラブハウスが出来たときには盾か何かもらえると思うので、
入口にはそれを飾っておきたいと思っております。

試合のほうは前節同様、非常にイケイケという言い方は変ですけども、
攻撃の圧力はかなりかけることが出来たかなと。
そんな中で先取点を取れたのが非常に大きかったかなと思っております。
後半は一進一退でしたけど、
村山を中心に最後のところを良く守って0に抑えたかなと。
ここに来て2試合連続1-0というある意味痺れる試合をしましたが、
我々の実力からするとこういう勝ち方がセオリーなのかなとも感じました。
それがシーズンの最後に出せたことは非常にうれしく思っていますし、
良いものはそのまま継承して、
また上積みをプラスしてやっていければいいかな、と感じております」

Q:他会場の結果は選手たちには伝えないと話していたが、
監督自身は知っていたのでしょうか?

「僕は全部知っています。
該当するチームの千葉、徳島、長崎については随時報告を受けています。
得点の経過や退場者が出ても教えてほしいと。
思ったよりも千葉が長く試合をしていましたね。
我々も少し後半のロッカーアウトを2分遅らせたんですが、
それでも向こうの方が遅かったというのは
何かしら時間がかかったのかなと思いますが、
それはしょうがないかなと思っています」

Q:試合終盤に千葉が追いつき、
6位以内が難しい状況になったがその時の率直な心境は?

「シミュレートでは千葉が1点返した段階で
同点になる可能性は十二分にあるなと思っていました。
逆に長崎と徳島の試合が気になったくらいですね。
長崎は退場者が出たんですよね。
それで徳島がそのまま行くんじゃないかと考えると、
あとは千葉と鳥取のゲームになるでしょうね。
我々が試合終了するという段階では2-1だったので
少なからずチャンスはあったかなと思っていましたけども、
やはり伝統のあるクラブはこういうときこそ力を発揮するんじゃないでしょうか。
兵働選手が最後の時間帯までやっていることはここのところなかったのでね、
途中で交代することが多かったので。

何てことを言ってもしょうがないんですけど。
我々は正直まだプレーオフに出るような力はありません、残念ながら。
今季の42試合のうちポゼッション率で勝ったのは2試合しかありません。
それでもこの位置にいるというのは
ある意味評価してもらわないといけない部分があります。
私じゃなくて選手をですね。
ただ、足りない部分はありますし、
まだまだやらなきゃいけないこと、課題はたくさんありますし、
それを消化していかないといけないかなと。
もちろんこのメンバーでプレーオフに出て
色々経験させたかったというのはありますが、
この結果を真摯に受け止めて、
よりパワーアップしてやるしかないかなというふうには感じています。
ある意味そう自分に言い聞かせている面もあります」

Q:この試合、追加点が取れなかったが課題がみえた部分はありましたか?

「今日のゲームにおいては前節の流れをそのまま継承して、
気持ちの入った好ゲームをしたと思いますね。
ただ、足りないところ、競争するところは
人材を増やしてでもやらないといけないという部分あると思いますね。
それはこれから考えることで、
今日は選ばれた18名が手を取り合って、
最後の笛が鳴るまで一生懸命やったということに尽きると思います。
レベルの高いことや無理なことも要求しましたが、
それに応えてくれた選手たちに本当に感謝したいと思います」

Q:順位が決まった直後は皆、悔しさと同時に清々しい表情も浮かべていましたが?

「たくさんのサポーターが最後の挨拶まで残ってくれて
コールをしてくれたというのは非常に嬉しく思っています。
この1年間一生懸命やってきた成果が、
シーズンが終わったというのも含めて柔らかい顔になったのかなと思っています。
僕自身もそうですし、
次にやらないといけないことがふつふつとマグマのように出てくるので、
それを次のシーズンに出せるようにしないといけません。
他クラブも同様に力を付けるわけですから、
我々はその2割、3割増しで力を付けていかないと
この流れに付いていけないと思うので、
これからますます努力していかないといけないという気持ちも含めて、
清々しい感じにはなっています。
選手たちも今日はやり切ったという感じがあったんでしょうね。
飯田の挨拶を聞いていてもそう思いますしね。
僕よりも挨拶が上手くて。あいつにミーティングやってもらおうかなと思いました(笑)」

※松本山雅FC公式サイトより転載させていただきました。ありがとうございます。


さらに、Number Web に掲載されたこの記事を読むと、
プレーオフ進出を目指す他チームの試合経過と共に、
ドラマがくり広げられていたことがよく分かります。
http://number.bunshun.jp/articles/-/764476

























胃袋を無理に食べ物で満たす必要はない。
必要な分だけ食べればいいのである。
なのにわたしたちは、知らず知らずのうちに
食べすぎたり飲みすぎたりしてしまう。
現代の都会人のように、一日中何かしら口に入れているのは、
悪しき習慣であり、極めて不自然な行為である。
週に一度は断食を、それが無理なら一食抜こう。
自然界には、からっぽな状態というものが必要なのだ。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-30 18:16 | 松本山雅J1への道 | Comments(0)

プールの音楽

a0034487_15155937.jpg
『かもめ食堂』からの「一連」の作品を観ているけれど、
その中では『プール』がいちばん好きかな。

写真はそのサントラ盤。
この音楽がまたいいんだなぁ。
映画の舞台チェンマイ(タイ北部の町)の
優しくゆるい感じがよく出ていると思います。





きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。





















a0034487_1843389.jpgターペー門(チェンマイ)


わたしたちは人生の中で経験したことを、
何もかも覚えていられるわけではない。
むしろほとんど忘れてしまっていいのである。
そうでなければ、後悔や迷いが頭から離れることがないだろう。
ある出来事があって、そこから何かを学んだなら、
起きたことは忘れてしまおう。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-29 15:20 | カフェの音楽 | Comments(0)

羊のポストカード

a0034487_16141284.jpg「ふたご」
動物写真家平林美紀さんが制作する羊のポストカード。
安曇野に取材に来られた美紀さんが、
ひつじ屋でレンタカーを借りてくださったのがきっかけでお知り合いになりました。

羊のポストカードがあると知り、
お願いしたらひつじ屋で販売させていただけることに。
美紀さんありがとうございます。

a0034487_16142463.jpg「みつめる」

a0034487_16143683.jpg「とぶひつじ」

a0034487_16145920.jpg「おいかけっこ」

a0034487_16151379.jpg「長いしっぽ」

a0034487_16152987.jpg「群れ」

きょう、追加で注文した分が届きました。全部で6種類。
ひつじ屋にいらしたら、どうぞ手にとってご覧くださいね。1枚150円です。


a0034487_16154244.jpg
こちらはオマケにいただいた「イギリス湖水地方のハードウィック」。(非売品)


平林美紀さんのウェブサイト「MAKIBA IS BEAUTIFUL」 はこちら
 http://makiba-photo.hustle.ne.jp/






きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。

























a0034487_17135465.jpg
簡素に暮らし、
豊かに思考する。
そんな理想の追求を、
人はひとたび
日々の暮らしの中で欲を膨らませたとたん、
捨て去ってしまう。
人の本当の幸せは、
満足することにあるのに。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-28 16:26 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

明日はお休みします

a0034487_15534781.jpg

明日(11月27日・水曜日)はお休みします。

いつもありがとうございます。

a0034487_15565238.jpg


【12月の店休日】 12/4(水)・11(水)・18(水)・25(水)・30(月)・31(火)

★新年は元旦より営業予定です。

























子どもは真実を映し出す鏡である。
彼らには、驕りも、敵意も、偽善もない。
もしも思いやりに欠け、嘘つきで乱暴な子どもがいたなら、
罪はその子にあるのではなく、両親や教師や社会にあるのだ。(マハトマ・ガンディー)



[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-27 00:01 | 安曇野の風景 | Comments(0)

ふぅふぅするふたり

a0034487_12192189.jpg

綾花ちゃんの帽子展 『中村綾花帽子店』、ひつじ屋にて好評開催中。

ふぅふぅしているのは、中村綾花さん(左)と友だちのまりこさんです。
何をふぅふぅしているのかというと・・・、知りません。

『中村綾花帽子店』
2013年11月16日(土)~12月6日(金)
ひつじ屋ギャラリーにて
8:30~18:00(水曜休み)


おかげさまで帽子が次々に売れていきますが(ありがとうございます)、
作家の「壁をさみしくしたくない」との意向により、
できたてほやほやの新作を、綾花さんがせっせと届けてくださっています。
見上げたプロ根性だぁ・・・。



きのう軽トラ運転中にラジオを聞いていたら、
紅白歌合戦の出場者が決まったと女性アナウンサー。

「それでは出場が決まった皆さんです。
紅組、aiko(知らない=店主)、E―girls(知らない)、
いきものがかり(知ってる)、石川さゆり(知ってる)、
AKB48(知ってる)、SKE48(知らない)、
NMB48(知らない)、きゃりーぱみゅぱみゅ・・・・・・

完璧な滑舌で、きゃりーぱみゅぱみゅって言った。
さすがNHK7時のニュースのアナウンサーであった。
見上げたプロ根性だぁ・・・。





きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。
























幸せだけを追い求める心が、悲劇を招きよせる。
幸せは、悲しみと苦しみを克服した心が生み出すものなのだ。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-26 12:37 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_14285185.jpg

ひつじ屋カフェの新メニュー『じゃがいものポタージュ(クラッカー付き)』です。

シンプルな素材を組み合わせ、優しい味わいのスープに仕上げました。
じゃがいもは、地元安曇野穂高の農家藤沢雄一郎さんより提供していただいてます。
雄一郎さんは最近みどりさんと結婚したばかり。
ステキな女性とめぐり合って幸せいっぱいの新婚さんだぁ。

おまけのクラッカーもひつじ屋自家製のもの。
只今「カレークラッカー」と「チーズクラッカー」の2個付きです。





きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。



















自分が本当に欲するものは何なのか、それをまず一人ひとりがわきまえなさい。
それにもまして大切なのは、ほかの人が求めても得られないものは、
自分も求めない、ということである。
こうして誰もが非暴力の心をもち、節度をもって暮らすなら、
この社会は極めて成熟した品位ある社会となるだろう。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-25 14:37 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

日本人専用ゲストハウス

a0034487_2115257.jpg
移動販売の「屋台」で「フォーガー」(ベトナムの麺)を売るちなつちゃんが
こないだひつじ屋にお茶をしに来てくれた時に聞いた話。

『インドのコルカタから鉄道で6時間ほど南下したところに
プリという町があって、そこに日本人専用のゲストハウスがある。
オーナーはインド人なんだけど、日本人だけを泊める。
宿代は安く(1泊400円ほど)、併設されている食堂のメニューには、
漁師町らしく刺身なんかもあって、それがまた美味しい』


外国に行ったら日本人がたむろするような宿はむしろ避けるほうだけど、
ちなつちゃんの話を聞いたら、そこに行ってみたくなった。

ネットで検索したらいろいろ出てきそうだけど、まぁ調べない。
謎めいたままで・・・。


写真は2009年2月、コルカタのハウラー駅。
ネパールから国境を越えてインドに入り、
鉄道を乗り継いでコルカタに着く。
このあとさらに南へ向かい、チェンナイにたどり着いた。


a0034487_2121432.jpg

























土地や財産を持つのは重荷である。
この思いはわたしの中にずっとあり、ますます膨らんでいる。
それはつまり旅に出る前の心得と同じなのだ。
旅人は自分の荷物をできるだけ少なくして、身軽に旅をしようとする。
それと同じで、わたしも余分な荷物など持ちたくはない。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-24 21:20 | 旅の写真 | Comments(0)

中村綾花帽子店営業中

a0034487_1851877.jpg

『中村綾花帽子店』只今「営業中」。

綾花ちゃんに会うことができる「作家在廊日」のきょうは、
おおぜいのお客さまが来てくださいました。
ありがとうございます。

綾花ちゃんと一緒に写真に写っているのは
高校時代に同じクラスだった麻梨子さん(右)です。


中村綾花帽子店
2013年11月16日(土)~12月6日(金)
ひつじ屋ギャラリーにて
8:30~18:00(水曜休み)


























かつての農村では、どの家庭にも糸車があった。
そして、生き生きとした手仕事が農業を助ける農村経済があり、
無数の村が自立していた。
いま農村の人々は、外国からくる大量生産の布を身につけることで、
糸車を失い、人々はそれと同時に自由を失っている。
再び糸車を手に取り、自らのものを自らがつくるという、
農村本来の暮らしを立て直すことで、
村人たちは自らの誇りを取り戻すのだ。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-23 19:03 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

冬のカレーうどん

a0034487_121513.jpg
冬の限定メニュー、カレーうどん始めました。

鰹と昆布のだしを効かせたふんわり甘いスープと
シコシコさぬきうどんのハーモニーをめしあがれ。
コリコリエリンギと分厚い揚げもうれしいね。
単品700円。お好きなドリンクと組み合わせたセット(950円)もあります。


★メニューはこちら ↓
http://www.hitsujiya-azumino.com/cafemenu/cafemenu2013-11-22.pdf





きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。




















わたしが理想とする社会のイメージは、
水面に丸く広がる波紋である。
それはひとつの人生のまわりに、
また別の人生が広がっているようなものである。
そして、その中心に個人がいる。
その個人は、次の波紋である村の輪の中に溶け込んでいき、
その村もまた、周囲の村々の輪に溶け込んでいく。
このような社会では、
各々がこの大きな波紋をつくるための重要な波のひとつだと認識し、
常に謙虚に暮らすことができるだろう。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-22 12:10 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)




Jリーグ ディビジョン2 第41節 松本山雅FC vs V・ファーレン長崎
11/17(日)14:00 Kick off 長崎県立
松本山雅FC 1×0 V・ファーレン長崎
 勝ち点:60→63   勝ち点:66→66

■反町監督記者会見のコメント
「お待たせしました。選手と熱い抱擁をしていたので遅くなってしまいました。(笑)
向こうの立場、我々の立場、長崎さんは引き分けでも決まるが、
我々は勝ち点1では可能性はほとんどない
という前提でこの一週間用意をしてきました。
それが奏功したかどうかは分かりませんけども、
最後の10分間はかなりしびれる様な試合が出来たかなと思っています。

今日は前半から向こうのストロングポイントよりも勝らなければ、
エネルギーを費やさなければ勝つことは難しいと考えていました。
切り替えの早さ、走力、出だしなどですね。
全体的に見て上回ることは出来たと思っています。

こうした試合をこの前の40試合でも出来ていればもっと良い成績なんですけども、
それが出来ないのがサッカーの世界の難しいところであって。
ただここに至って、マラソンに例えるとスタジアムが見えてきている中で、
我々はピッチを上げて走りきらなければ
スタジアムに入った時にはもう順位が決まってしまっているよと。
ここで火事場の馬鹿力を出せたことは
一年間このチームで指揮をとってきて嬉しく思っています。

ただ今日のゲームに関しては嬉しく思っていますけど、
シナリオ的には最後があるので、
どうやって最後のスタジアムに入ってきて、
前の選手(他のチーム)を抜けるかということがこれから大事になってきます。
怪我人や出場停止が出るなど満身創痍ではありますけども、
総力を持って次の試合を迎えたいと思っています」

Q:切り替えの早さ、走力、出だしで長崎を上回った試合だったが、
前半から積極的にシュートを放っていましたがそのあたりの意図は?

「まずシュートで終わることは現代サッカーでは非常に大事ですから。
それと向こうは奥埜・幸野・佐藤あたりが残っているので、
変な奪われ方をするとこの3人でカウンターを仕掛ける力が充分ありますから。
だからといって無防備にシュートを打っているわけでもないんですが、
今日はシュートを振りかぶるだけのスペースと時間があったので、
そこはシュートを打つべきでしょうね。
入ればいいんでしょうけどね(苦笑)」

Q:後半は考え方をかえたのでしょうか?

「そんな事はないですね」

Q:決勝点を挙げた飯田真輝選手については。

「ハーフタイムにね、累積で次節が出場停止になる飯田に
『お前、この試合で今シーズンを終わりにするなよ』と言ったので、
彼にとってはプレーオフに行くことで次の試合が出来るということですね。
不器用な奴ですけど頭は器用です。
足は不器用ですけど、それはうちらの一つの武器なので、
最後は高い選手も入れたので
向こうとしては少しマークをするのが難しかったかもしれないですね。
別に飯田だけが良かったわけではなく、
キッカーも褒めないといけないですし、
その前にCKをとれたということは押し込んでいたということですし、
全体的にそういった流れが飯田のところに来たのかなと思います」

Q:後半から水永翔馬選手が投入されてからの対応は?

「まず、彼は非常にヘディングの強い選手で、
我々もホームの時にやられていますから、
まずセットプレーの配置換えをしました。
それと彼が起点となって展開して、
横からのボールでガツンゴツンというのが長崎の一つの形ですが、
真ん中のところを対処する。
それは試合前から話をしていますし、我々の課題でもありますからね。
それは思いのほか上手くいったと思います。
幸野がいる時は柔なんですけど、水永が入ると剛になるんですよね、チームが。
今日は柔・剛の両方準備をしてきたので、
そういう意味では二つとも良く対処出来たと思います。
今日は引き分けではダメなので、シミュレート的にはパワープレーですね。
飯田を残して喜山をアンカーにして岩上をサイドからというのをやりましたけど、
それはある程度水永選手が活きることになるかもしれませんが、
我々はもうそういうやり方しか出来なかったので。
我々が攻めて圧力をかけたことで
それが逆に彼の良さをあまり出させなかったのかもしれませんね」

Q:負けたら終わりという状況でしたが、0-0で後半に入り、
選手交替などで先に動くという考えはなかったのでしょうか?

「それは難しいんですよ。
結局、先制されると長崎から2点取るのはなかなかか難しいんですよ。
そうするとどこでカードを切るか。僕は2段階で考えていました。
そこは詳細は明かせませんけども、
要するに攻め急がないという考えになるのかもしれないですけど、
あくまでも自分たちの姿を見せてゲームをしたいと思っていました。
どうしようもない時は第1段階、第2段階というのは考えていましたけども。
ゲームのプラン通りにだいたい進んだとは思いますね」

Q:1点勝負だと考えていたのでしょうか?

「まあそうでしょうね。
高木監督も多分セットプレーの練習は相当してきたと思うんですよ。
オープンプレーでもシュートが枠に行っていないですからね、お互いに。
彼も勉強熱心だし色々知っていますから、
そういうところに着目するのは当たり前のことだと思います」

Q:第30節以来の無失点試合となりましたが。

「最後は何としてもゼロに抑える気持ちが伝わっていました。
長沢が戻って向こうの佐藤につくとか。
向こうも最後はかなり高いところで勝負してきましたからね。
そういう皆の気持ちが、身体を張るとかセカンドボールを拾うとか、
前半でもミドルで身体を投げ出したシーンとか、
何とかしたいという気持ちがゼロに大きく集約されていると思います」

松本山雅FC公式サイトより転載させていただきました。ありがとうございます。

























この世にある物はすべて、生成と消滅を繰り返すものと考えれば、
人は物欲の執着から逃れることができる。(マハトマ・ガンディー)




 
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-21 15:12 | 松本山雅J1への道 | Comments(0)