メコン川の向こう

a0034487_17131614.jpg
外国人らしき若者4人組(女3・男1)が店に入ってきた。
自転車を借りたいというが、外は雨が降っている。

雨でもいいのか、いつ止むか分からないよ、と話すと
日本語の堪能な女の子が、
他の3人にどこかの言葉で説明している。

彼女は日本人(ミワさん)で、
何語を話しているのかと聞くと、タイ語だった。
ミワさん以外の3人はタイ人で、
そのうちの男性が彼女のだんなさん。
ふたりはバンコクに住んでいる。
他の2人は彼らの友人で、
彼女たちはタイ北部の町ノーンカーイでカフェを開いているらしい。

今年2月、ラオスの首都ビエンチャンに住む友人に会うために
バンコク発の夜行列車に乗り、
ノーンカーイでバスに乗り換えてラオスに入った。
ひつじ屋でノーンカーイに住む人に会えたことに少し驚く。

そんなこんなで、話がいろいろ盛り上がって、
じゃあ次はバンコクで会いましょう、と約束して別れた。
ミワさんありがとう。ほんとうにまた会えたらうれしいです。


写真は、ラオスの首都ビエンチャンから
タイとの国境を流れるメコン川を望んだもの。
川の向こうがノーンカーイの町です。
























持ち物を減らしていくにつれて、
自分に必要な物もだんだん減っていく。
それは幸せと自由を得ることでもある。
自らの楽しみのためだけに物を持つより、
この身を人に捧げたほうが、
はるかに人生は豊かになる。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-31 17:31 | 旅の写真 | Comments(0)

a0034487_19101420.jpg
今週水曜日(10/30)にシャロムヒュッテで開かれる『530(ゴミゼロ)shalom市』に
ひつじ屋も出店させていただくことになりました。
店を離れて営業するのは初めてのことで、少々緊張しながら準備を進めているところです。

ひつじ屋が販売するのは、

①チャイ(いつものひつじ屋チャイ)
②サモサ(大浜悦子さん製作)
③ひつじクッキー(ゆきちゃん製作)
④オリジナルチャイセット

以上「4本立て」の予定。

写真は、④オリジナルチャイセット用に作ったパッケージです。
デザインしてくれたのは、木工作家のサンガキヌヨさん。

この中に、3杯分の茶葉とスパイスが入っていて、
水と牛乳とショウガを加えればアラ不思議、
ひつじ屋で飲むのと同じチャイが
お家で楽しめるようになっております。
お値段400円。



a0034487_19102889.jpg
こちらは「幻の」店主下書きヴァージョン。
「こっちのほうがいいわ」という方はお申し出いただけると、店主が喜びます・・・。



a0034487_19312074.jpg

530shalom市くわしくはこちら http://ultraman.gr.jp/shalomhutte/530_Shalom_chi.html
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-28 19:20 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

a0034487_16544850.jpg

クルマを運転していたら、
新しくできたらしいパソコン教室が目に入る。
その窓に、コピー用紙を何枚も並べた宣伝文が貼られていた。


「100回同じことを聞かれても、笑顔で答えます」


ほんとうだろうね。


(写真は本文と関係ありません)

























もし、あなたが村の発展のために、何かの計画を提案したとする。
その計画の中に、わずかでも詭弁と、数字のごまかしがあれば、
それはただちに村人たちに暴かれてしまうだろう。
村人たちの都市経済の常識に曇らされていない、
透明な眼差しは厳しい。
村の発展のために必死に努力する人々に、
おざなりな計画は通用しない。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-24 17:06 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

宮崎さんのきのこ写真展

a0034487_1611015.jpg

友人の宮崎康英さん(瑞恵さんの旦那さま・マオ君のお父さん)が
彼がこよなく愛するきのこをテーマに写真展を開催中。

美味しいきのこから猛毒のきのこまで、
見たこともないような「珍品」の数々をお楽しみください。

『きのこはともだち Ⅳ』
宮崎康英きのこの写真展~地べたから森を想う

2013年10月12日~10月31日(木)
ひつじ屋ギャラリー
8:30~18:00(水曜休み)

宮崎康英プロフィール
2000年、山で暮らすために信州へ移住。
きのこに魅せられ13年。
自分の畑で採れた大豆でみそや醤油を造る。
冬は『北安醸造』(大町市)で酒造りにたずさわる。
2013年アルウィン(J2松本山雅の本拠地)出席率88%。


























一行が歩いて行くうち、
イエスはある村にお入りになった。
すると、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。
彼女にはマリアという姉妹がいた。
マリアは主の足もとに座って、その話に聞き入っていた。
マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、
そばに近寄って言った。
「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、
何ともお思いになりませんか。
手伝ってくれるようにおっしゃってください」
主はお答えになった。
「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。
しかし、必要なことはただ一つだけである。
マリアは良い方を選んだ。
それを取り上げてはならない」
(新約聖書ルカによる福音書10章より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-24 16:25 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

ロッキーのテーマ

a0034487_18403492.jpg

アマゾンから「こんなCD出ましたけど」というメールが届く。
映画「ロッキー」のサントラ。999円。安い。ジャケットもなかなかいい。

初めて観たのは高校生の時。
学校の近くにある映画館で、ロードショーで。
2本立てだった気がするのだけど、はて、もう一本は何だったか。
同級生の友人と行ったんだっけ。(ガールフレンドではない)

それから、名画座で、ビデオで、何度か観ている。
大学生の時、八重洲スター座(たしかこんな名前だった)で
ロッキー1・2・3の三本立てを観たこともある。
若いってすばらしい。

寝ぼけ眼で冷蔵庫から玉子を取り出し、
グラスに何個も割り入れて一気に飲み干すところとか、
肉のたくさんぶら下がった冷凍庫で、サンドバッグ代わりに打ち込むところとか、
いろいろ名シーンがありますね。

でもこのサントラを店でかけるのはちょっとなー。
あのテーマ曲がかかったら、
お尻がむずむずしてコーヒー飲みづらくなるんじゃないか・・・。
店の雰囲気ってものがあるので、
そのあたりアマゾン君にはひつじ屋のこともう少し考えてほしい。




[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-13 18:55 | カフェの音楽 | Comments(0)

古本屋もやっています

a0034487_2003067.jpg

『ふるほんひつじ屋』 ちかごろの新着本です。

文庫¥150、新書¥200、単行本¥250の均一価格で販売中。

来週某日、元河出書房新社の編集者で
雑誌『文藝』の編集長を長く務められた長田洋一さんを
県内某所の古本屋にお連れし、
「30代・40代の女性に読んでほしい本」をテーマに
「せどり」をしていただくことになっている。
それをひつじ屋で売らせていただこうというアイデア。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-12 20:08 | 本を読む | Comments(0)

10月のデッサン会

a0034487_205125.jpg

毎月恒例 『ひつじ屋デッサン会』 10月のお知らせです。

ひつじ屋デッサン会
2013年10月27日(日)18:00~20:30
持ち物:筆記用具、紙
参加費:500円(お茶菓子付き)

※人物の様子や形など、10分間で自分の感じるまま描きます。
モデルは皆で順番に務めます。
絵を描くことが好きな方はもちろん、
初めての方、興味のある方、気軽にご参加ください。

問い合わせ:ひつじ屋0263-82-3888

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-09 00:01 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

a0034487_166103.jpg

ひつじ屋スタッフののぞみちゃんと、ウーファーの林(リン)さんです。

林さんは台湾から来たウーファーさんです。
半農半X(はんのう・はんえっくす)」に関心があり、その勉強も兼ねて来日されました。
以前に東京の大学で学んでいたことがあるので、日本語ペラペラ、
とても熱心に店を手伝ってくださいました。

林さんが生まれたのは花蓮(ファーリエン)という町。
美味しいワンタンを出す店があることからこの町の名まえを知った店主は、
一度行ってみたいと思っていました。
http://hitsujiya.exblog.jp/15883112/


のぞみちゃんは屋久島から移住してきたばかりの女の子。
染色の作家でもある彼女は、工房としても使えるような家を探しながら
ひつじ屋を手伝ってくれています。
のぞみちゃん、よい家が見つかりますように。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-08 16:22 | ウーファーさんと共に | Comments(0)

望さんおめでとう!

a0034487_19175164.jpg
この人波のむこうに・・・

a0034487_1918698.jpg
望さんがいました。

10月6日23:00。当確の知らせが届いた安曇野地球宿。
おおぜいの人が待っていました。
おめでとう、望さん。


今夜(10/7)21:00、『NHKニュースウォッチ9』にて望三郎選挙が取り上げられます。
NHKのTVクルーが、望三郎選挙を追っていました。
当選すれば、この1週間の選挙活動の様子が
NHKの看板番組『ニュースウォッチ9』の中で、
「変わる地方選挙」という特集が組まれて放映されることになっていました。
(落選すると『イブニング信州』というローカル番組での放送になる予定だった)

めでたく当選したので、全国放送!

さあ!TVにかじりつけ!!





これはNHKにより、ではなくて「勝手に」制作された
「ますだ望三郎/勝手に政見放送」です。


a0034487_19303148.jpg


a0034487_19353434.jpg

最年少の望三郎。(当選者一部省略スミマセン)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-07 19:24 | 望三郎がゆく | Comments(0)

a0034487_16413615.jpg

長かった選挙戦、おつかれさまでした。

今夜、発表!
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-10-06 16:42 | 望三郎がゆく | Comments(0)