満月 空に満月

a0034487_15482041.jpg
きのう(11/28)は満月でしたね。
夕方、大町にある日帰り温泉『薬師の湯』に行きました。
その帰り、軽トラを駐車場から出して、広い道に出た途端、
正面にどーんと、まんまるお月さま。きれいだったな。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-29 15:51 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_11144967.jpgpdfファイル
街角でクリスマスソングが聞こえてもそろそろ自然な感じのきょうこの頃。
今度の土曜日、『ちょっとおはやい、メリーさん。』ライブをひつじ屋で。
ちょっとお早いクリスマス気分で、どうぞいらっしゃいませ。

「ちょっとおはやい、メリーさん。」
2012年12月1日(土)open18:00 start19:00

ひつじ屋
charge 予約¥1300/当日¥1500(いずれも1drink付き)
お問い合わせ・ご予約は spannkosmo@folkevise.net まで。

*ライブ『プレイトーンズ』
赤沼千史(vo.g.)&安藤則男(vo.g.)のふたりによる、徹底的に音遊びを追求する、時にノスタルジック、時にロマンチック、マニアックでポップなバンド。

*ライブ『スパン子とユッキィ』
アコーディオン弾き語りのスパン子と、真っ直ぐで時にパンクなフルート吹きユッキィが絶妙なアンサンブルでせつなくあたたかいだけど明日は元気に出かけたくなる、そんなひとときをお送りします。

*出店
この日限定、かなえさんの「美味しいなにかしら」がひつじ屋にてオープン!

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-29 11:29 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

a0034487_10555629.jpg

昨年に続き2回目となる、冬の企画展『ぬくもりのおくりもの展』が
もうじきはじまります。

日頃お世話になっている作家のみなさんにお願いして、
「冬の贈り物」にふさわしい作品を展示販売していただきます。
陶器・木工・羊毛・ガラス・布・紙・羽根・藁・お菓子など
多彩な作家による多彩な作品が集まりました。
どうぞおたのしみに。


ぬくもりのおくりもの展 vol.2
2012年12月1日(土)~12月25日(火)
ひつじ屋ギャラリー
10:00~17:00 水・木曜休み

◎出品していただく作家のみなさん(敬称略)
浅妻克枝
いとうよしこ(アトリエむう)
綾花
蟻正直揮
佐川とも子(カレン)
寺下健太(KEN/NEL)
松原幸子(copo e eu)
金井三和(スミレ研究所)
宮嶋洋子
西河奈緒子(ROPES)
わきやまゆき



★この企画展は、ひつじ屋スタッフの西谷美緒が担当しています。みおちゃんありがとう。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-26 11:12 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_9535367.jpg

11月24日、安曇野初のFM局『あづみ野エフエム」が開局しました。

開局記念イベントのひとつとして、ひつじ屋の前で生放送があり、
番組表とステッカーを配りました。

写真中央の女性が、担当してくださったパーソナリティーの石垣絵美さん。
沖縄石垣島出身、今年信州に移住した石垣絵美さんです。

彼女の笑顔に、集まった人たちもみんなほっこり。
素朴で優しい話し方にとても好感を持ちました。
絵美さんありがとう。これからもがんばってねー。


※ひつじ屋で、あづみ野エフエムの番組表とステッカーをさしあげています。

a0034487_1410594.jpg

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-24 18:39 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

『星の銀貨』の時計

a0034487_14505775.jpg写真をクリックすると大きくして見ることができます
№60 『星の銀貨』の時計 (¥15000)

優しく慈悲深い娘は、
道で出会った寒さにふるえる人達に
自分の着ている服を一枚ずつ脱いで渡します。
とうとう下着一枚になってしまった娘が
天に祈りを捧げた時、
空の星が銀貨となって降ってきたのでした。(グリム童話『星の銀貨』より)


「ときのもり vol.2」 サンガキヌヨ振り子時計展
2012年11月1日(土)~11月27日(火)
ひつじ屋ギャラリー
8:30~18:00(水曜休み)


a0034487_150851.jpg
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-23 14:59 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

桃色の家の時計

a0034487_19395116.jpg写真をクリックすると大きくしてみることができます

ときのもりvol.2~サンガキヌヨ振り子時計展
2012年11月1日(木)~11月27日(火)
ひつじ屋ギャラリー
8:30~18:00(水曜休み)

写真は「№081 桃色の家の時計」 ¥12000

作者談:「桃色はフランスの子供服のイメージです。
赤ちゃんが生まれた家にプレゼントしてもらえたらうれしいなぁ」


時計本体と、振り子、そして長針・短針は木製。
秒針は真鍮製です。サンガキヌヨさんが自分で切り、たたいて仕上げています。
振り子の模様は雨粒をデザインしており、「浄化」のイメージを重ね合わせているとのこと。

それぞれの時計に付けられている「№」は、
サンガキヌヨさんが初めて作った振り子時計からの通しナンバーです。
ちなみに「№1」は、安曇野山麓線沿いのカフェ『七ヶ月』さんに飾られています。


a0034487_10501270.jpg

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-22 19:55 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_10385359.jpg
きぬちゃんことサンガキヌヨさんの振り子時計展『ときのもりvol.2』
今月27日まで開催中です。(写真をクリックすると大きくして見ることができます)

a0034487_10415954.jpga0034487_10413774.jpg
一昨年、東京から安曇野に移住したきぬちゃんに、
初めて個展を開いていただいたのが、その年の秋。
木工作家として腕をみがいてきた彼女が
テーマとしてえらんだのが振り子時計でした。
☆2010年10月の個展『ときのもりvol.1』の様子はこちらhttp://hitsujiya.exblog.jp/11568920/

a0034487_1041255.jpga0034487_10405999.jpg
以来、「ひつじ屋ひつじ展」や、昨年の二人展「グリムの森のミワとキヌ」を経て、
今年の個展『ときのもりvol.2』となりました。

a0034487_10403969.jpga0034487_1043476.jpg
今回の個展のための作品制作のなかで、彼女は画期的な発見をしました。
それは時計のモーター部分に、ある仕掛けを加えることによって
振り子のスピードを自由に変えることができるというものです。

a0034487_10425146.jpga0034487_10423636.jpg
それまで、やや速い印象もあった振り子の動きを
ゆっくりと動かすことができるようになり、
きぬちゃんのふんわり柔らかな人柄と作風にマッチした、
穏やかなスピードを手に入れたのです。

温かで繊細な色使いを駆使し、楽しいデザインも新たに登場して、
絵心に溢れ、ますますのびのびと豊かになったきぬちゃんの世界が
ひつじ屋の壁いっぱいに、楽しそうにくり広げられています。

a0034487_10422487.jpg
きぬちゃんの振り子時計展は、今月27日まで開催中。
静かに時を刻む、素朴で美しい振り子時計たちを、
どうぞ見にいらしてください。

※すでに多くの時計が「売約済み」となっておりますが、
注文すれば、今回展示されている時計と同じものを作ってくださることになっています。
ひつじ屋で注文を受け付けていますので、お気軽にお申し付けくださいね。
(作品のお渡しは12月下旬の予定です)


『ときのもり vol.2』 サンガキヌヨ展
2012年11月1日(木)~11月27日(火)
ひつじ屋ギャラリーにて
8:30~18:00(水曜休み)

a0034487_11565798.jpg
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-17 10:45 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_1850118.jpg
十数年前のある日のこと。
ガールフレンドの部屋で、私は漫画を読んでいた。
彼女もまた別の本を開き、
互いのページをめくる音だけが聞こえる穏やかで幸福な夜。
私が読んでいたのは、彼女の本棚にあった『夜明ケ』(しりあがり寿)だった。
そのなかに、もの凄いシーンがあった。
震えるような興奮に捉われて思わず私は叫んだ。
「こ、これ」
すると、小説に熱中していたはずの彼女がひどく張りつめた声で云った。
「どれ?」
私はそのページを宙に掲げて云った。
「これ、ここ、もの凄い」
その瞬間、彼女はぴょんと立ち上がって叫んだ。
「でしょうでしょうでしょう」
そのシーンこそは、彼女にとっての「いいところ」中の「いいところ」だったのだ。
私が『夜明ケ』を手にとったときから、別の本を読むふりをして、
どきどきしながら、そっとこちらの様子を伺っていたのだ。
もしも、私が何も反応することなく「そこ」を通過してしまっていたら、
どうなったのだろう。運命の分かれ道だ。
だが、私の「いいところ」センサーは、彼女のそれと完璧にシンクロしていた。
二人は運命に勝った。興奮は二倍になった。
「凄い凄い」
「でしょうでしょう」
と云い合いながら、恋人たちの夜は更けていった。
(穂村弘『いいところ』より抜粋)


いいなぁ、こういうの・・・。

と思いながら、はて、自分にはこういう経験あったかな?と考える。

「村上春樹が好き」とか、「カート・ヴォネガットはいいね」
くらいならあったけれど、こんな「ピンポイント」のはなかったと思う。

昔、好きだった女の子に貸した大貫妙子のCDで
どの曲がいちばんいいか、という話になったときに、
「最後の曲!」って一致したことがあって、あれはうれしかったな。



ところで、しりあがり寿の「夜明ケ」を、さっきアマゾンに注文しました。
新刊はなかったので、中古で。
「これ、ここ、もの凄い」って、ぼくは思えるかしら。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-15 18:45 | 本を読む | Comments(0)

きぬちゃんの振り子時計

a0034487_1775138.jpg
082 読書の時計 ¥18000(売約済み) 


ひつじ屋店員さんとなって入った今日、
キヌさんの時計を見つけて うっとり
ふりこの動く音。  リズム。
ふりこ時計たちが一人一人 物語の中でうごいている
そんな空気を感じます。
その一つに生を届けるキヌさんの、
つくっているところを想うと これまた うっとり。  ほったこうへい


『ときのもり vol.2』 サンガキヌヨ展
2012年11月1日(木)~11月27日(火)
ひつじ屋ギャラリーにて
8:30~18:00(水曜休み)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-11 17:09 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_1641229.jpg
きぬちゃんこと、サンガキヌヨさんによる振り子時計展
『ときのもりvol.2』開催中です。

振り子の速さを自在に変える方法を発見したきぬちゃん。
彼女の作風にふさわしい、穏やかでゆっくりとした振り子の動き、
繊細で温かなデザインと色使いなど、
さらに魅力ある新作が並ぶ今回の展示となった気がします。

すでに多くの時計が「売約済み」になっていますが、
注文すれば同じデザインのものを作ってもらうことができるそうです。
どうぞ、静かに時を刻むきぬちゃんの美しい振り子時計を見にいらしてください。


『ときのもり vol.2』 サンガキヌヨ展
2012年11月1日(木)~11月27日(火)
ひつじ屋ギャラリーにて
8:30~18:00(水曜休み)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-11-10 16:53 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)