a0034487_12204097.jpg
pdfファイル

安曇野穂高在住の鈴木研一さん撮影によるポストカード(8種)が発売になりました。
数年前安曇野に移住して以来、
撮り貯めてきた安曇野の風景写真からの「傑作選」ともいえる美しいポストカードです。
1枚105円(税込)、ひつじ屋でも扱っています。

観光客の方から「安曇野のポストカードはありませんか?」と聞かれることがよくありました。
実は、ほんとうにおすすめできるようなポストカードは、なかなかないもので。
これからは自信を持って、このカードをご紹介することができてうれしいです。

安曇野の美しさを伝えるポストカードに、心のこもった文章を添えて、
あなたの大切な人に送ったら、きっと喜ばれると思いますよ。


◎鈴木研一さんからのメッセージ

これらの写真は、いずれもここ2年ほどのあいだに安曇野市内で撮影したものです。
安曇野がとりわけ美しく、華やかになるのは春から夏にかけてでしょう。
生きとし生けるものの生命力を、自然の彩りの豊かさを感じるときです。
その時期に撮影した数多くの写真の中から8点を選んでみました。

引き続き、安曇野の秋・冬篇(そば畑、りんごの実、紅葉、白鳥などがテーマになるでしょう)や
「安曇野の花たち」などを制作することを考えております。
ご感想、ご意見をお聞かせいただければ幸いに存じます。

安曇野穂高在住 鈴木研一 携帯電話080-2057-3573 mail:cqe02033@nifty.com

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-30 12:22 | ひつじ屋日記 | Comments(2)

a0034487_19484178.jpg

いつものようにフラリと店に現われたたかさん(佐藤高=さとうたか)
から受け取った手書きのプリント。
「これを実践すると100%商売に成功するんだよ~」と言われる。

全部で31項目。ひつじ屋は実践していきます。

1.理想を持ちたまえ。これこそ手ごたえのある立派な仕事だと信じ、高い希望を掲げよう。それが自他の善に通じ、幸福につながるからである。

2.今わずかな苦労をするならば、やがて大きな休息と永遠の喜びを見い出すだろう。

3.商売のうち一番むずかしいことは、その店の中のどこにも嘘がないようにすることである。

4.他人はみな自分よりまさっていると考えても害はないが、誰かを自分より劣っていると考えることは、はなはだ有害である。

5.商人の価値は儲けではなく、商売を通じてどれほど社会貢献を行ったかで定まる。

6.商売は今日のものではない、永遠のもの未来のものと考えていい。人は今日よりもより良き未来に生きねばならない。

7.人間の営みの根本に愛情を置け。商売の根本にも愛の観念を置くとき、嘘のないお客に親切な信頼される商店が生まれる。

8.慎重で誠意ある仕事、節度ある努力、愛情ある行為が経営の三大条件である。

9.成功した店主にも失敗の経験が沢山ある。だから失敗続きの店主にも成功の可能性がある。

10.苦難のうちにも、自然にほほえみを持つことの出来る人は必ず幸福である。

11.利益とは社会のために尽くす物質的・精神的な種火のことである。

12.商売は損得よりも善悪のほうが大切である。採算がとれるかという問題よりも、善いことか悪いことかを考えるのが根本である。

13.商売の競争とは、どの店が最もよくお客に奉仕するかの競争という意味である。

14.安ければよいという議論にも合理性がなければならぬ。商売が大衆に支持されるのは、売値の安いということばかりではない。

15.従業員も自分と同じ人間、同じ職場の協同者、そして親密な仲のよい友達であることが最も好ましいことを信じようではないか。

16.若い人は正しさについて学べ。何よりも己に克つことの重要さを知り、これを実践せよ。

17.多く売ろうとするな。むしろお客の無駄な買物を抑制するほうが、よく売る結果になるものと知れ。

18.店がお客から信頼されたという、確実に生きた証拠が正しい利益なのである。

20.繁昌とは、その店が世の中の人々に大いに役立っている証拠である。すべての店は繁昌のためにある。

21.悩みが人間の魂を育て上げ、不況が繁栄を培う。好況で栄えた店は不況で倒れる。

22.人間は生きるために食わねばならぬ。だが食うために生きるのではない。商店はお客のために儲けねばならぬ。だが儲けるために商売をしてはならぬ。

23.反省したり改善したりするのに役立つ友達は、正しく生きるときに最も大切なものである。

24.繁昌とは、たった一人のお客がくり返しお買物に来ることの累積にほかならない。

25.経験と知識だけに頼っている店主には発展がない。新しい知識や技術が刻々として生まれているからである。

26.生きがいが感じられる商いをしよう。自分が何を心がけるかを信念をもってはっきりさせよう。それはお客のためにおもいやりと愛情を注ぐことだ。

27.何を目的として商売をしているか分からない人は、羅針盤なしで航海しているようなものである。

28.売れないことを不景気のせいにする商人は、よく売った自分の成果を誇る権利を放棄している。

29.お茶店は四畳半だからいつも行き届くのです。この店は小さい、だから隅々までがお客様のためにあります。

30.バイブルにも論語にも商売のやり方は書いてない。だが商人に一番大切な本が、バイブルと論語なのだ。

31.商売に生きることが人間として立派に生きる道と同じだと悟った時こそ、成功した商人となれる。

(倉本長治 高いこころ 日めくりカレンダーより)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-28 20:17 | ひつじ屋日記 | Comments(2)

a0034487_1345640.jpg
安曇野在住の作家カミジョウミカさんの個展を開きます。

頭の中にうかんだオモシロオカシなものを
いろんな画材を使って描いた作品の数々。
カミジョウミカのポップで不思議な世界をどうぞ。
オリジナルグッズの販売もいたします。

カミジョウミカ展『オモシロオカシなもの』
2012年4月28日(土)~5月18日(金)
ひつじ屋ギャラリー
8:30~18:00 入場無料 ※5/9と5/16は休みです
★カミジョウミカさんのサイトMikka web はこちら



ひつじ屋ギャラリー今後の予定
4/28~5/18 カミジョウミカ展『オモシロオカシなもの』
5/19~6/8  ひつじ屋ひつじ展vol.2
6/9~6/22 ひつじ屋デッサン会展
6/23~7/6 望月信幸個展
7/7~7/20 小林史個展
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-24 13:13 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_20375445.jpga0034487_2039142.jpga0034487_2039128.jpg
a0034487_20384987.jpga0034487_20381926.jpga0034487_203887.jpga0034487_20392785.jpga0034487_20394523.jpga0034487_20395824.jpga0034487_20401041.jpga0034487_2040227.jpga0034487_20403345.jpga0034487_20404750.jpga0034487_2041067.jpga0034487_20411337.jpga0034487_20412481.jpgclick!写真を大きくして見ることができます

今年度から、安曇養護学校高等部陶芸班(北安曇郡池田町)の授業を手伝うことになり、
ひつじ屋スタッフのM10(ミオ)ちゃんと共におじゃましました。

最初の日ということもあり、生徒たちの間を回りながら見学と質問の90分間。
みんなが楽しんでいる様子と、気持ちを集中して取り組んでいる姿を見て、
これからここにやってくる時間がますます楽しみになりました。

ゴールデンウィーク明けから作業が本格化するとの先生のお話。
いまからワクワクしてその日を待っているところです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-21 20:46 | 安曇養護学校高等部陶芸班 | Comments(0)

イヨの描いたひつじ屋

a0034487_20202293.jpg
一昨年、ウーファーさんとしてひつじ屋に来てくれたイヨ(from台湾)が、
ひつじ屋を描いた絵を送ってくれました。
イヨの絵、いいなぁ。 ありがとう、イヨ。
いつかひつじ屋で個展をひらこうね。



a0034487_20212816.jpg
イヨ(写真左)とヴァネッサ(fromイタリア)。
市内の回転寿司店「あっちゃん」にて。

a0034487_20222344.jpg
3人でお腹いっぱい食べました。


ところで、ウーファーとは?

WWOOF(ウーフ)Willing Workers On Organic Farm
お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換する仕組み。
有機農場や環境を大事にする人たち、
自然が豊かに残っている場所、
人との交流を大切にしている所と、
農業や生き方について学びたく仕事や家事の手伝いをしてみたい人達を繋いでいる。
WWOOF Japanのウェブサイト http://www.wwoofjapan.com/main/

※WWOOF Japan を通じて手伝いに来てくれる人のことを「ウーファーさん」と呼んでいます。
ひつじ屋もその「ホスト」(受け入れ先)になっていて、
毎年20~30人くらいの若者を世界中から受け入れています。
只今ウーファーさん募集中。詳しくはお問い合わせください。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-19 20:26 | ウーファーさんと共に | Comments(2)

a0034487_19235311.jpg
いよいよ明日となりました。
『夜のひつじ屋』18時オープンです。

写真は、「ママ」を務める三根純子(みねじゅんこ)さん手作りのチラシ。
この日のために、地元の酒蔵、大雪渓酒造さん、福源酒造さんから、
酒蔵の見学、お酒についての勉強、お酒や酒器の手配など、
多大なご協力をいただきました。
大町市の超人気酒屋さん横川商店の山口倫子(のん子)さんからも
貴重なアドバイスをいただきました。
ありがとうございます。

おいしいお酒とおつまみ、すてきな音楽とともに、
のんびり楽しくすごしていただけたら幸せです。
おこしをおまちしています。


a0034487_193443.jpg
夜のひつじ屋 HITSUJI the NIGHT
2012年4月20日(金)18:00~22:00
安曇野市穂高5951-1 JR大糸線穂高駅降りてすぐ

地元の日本酒・地元のシードル・自家製果実酒(ノンアルコールもございます)
かわきもの・季節野菜のおばんざい・今夜のひつじごはんなど

※お気に入りの1曲を持参した方には果実酒1杯サービスします。

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-19 19:27 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

a0034487_20251397.jpg
ウーファーさんのベン(弁)とクレア(呉亜)が帰る日に、記念撮影をしました。
「弁」と「呉亜」は、ぼくが付けてあげた漢字名です。

ところでウーファーとは?

WWOOF(ウーフ)Willing Workers On Organic Farm
お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換する仕組み。
有機農場や環境を大事にする人たち、
自然が豊かに残っている場所、
人との交流を大切にしている所と、
農業や生き方について学びたく仕事や家事の手伝いをしてみたい人達を繋いでいる。

WWOOF Japanのウェブサイト http://www.wwoofjapan.com/main/

※WWOOF Japan を通じて手伝いに来てくれる人のことを「ウーファーさん」と呼んでいます。
ひつじ屋もその「ホスト」(受け入れ先)になっていて、
毎年20~30人くらいの若者を世界中から受け入れています。
只今ウーファーさん募集中!詳しくはお問い合わせください。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-17 20:30 | ウーファーさんと共に | Comments(0)

a0034487_13301949.jpg
ひつじ屋がついに、夜の営業を始めることに(?)なりました。

夜のひつじ屋 HITSUJI the NIGHT
2012年4月20日(金)18:00~22:00
安曇野市穂高5951-1 JR大糸線穂高駅降りてすぐ

地元の日本酒・地元のシードル・自家製果実酒(ノンアルコールもございます)
かわきもの・季節野菜のおばんざい・今夜のひつじごはんなど

※お気に入りの1曲を持参した方には果実酒1杯サービス!

「ママ」を務めるのは、昨年東京から安曇野に移住した三根純子(みねじゅんこ)さん。
おいしいお酒とおつまみと すてきな音楽とともに ただよう時間をおすごしください。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-16 15:03 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

a0034487_20322695.jpg
先日紹介したベンといっしょに来てくれたクレア(呉亜=Claire Priest)。
厨房で「ひつじクッキー」を作っているところです。

クレアの "My favorite things"
アボガド、トム・ハンクス、安藤忠雄、ジム・キャリー、stormaway、BANSKY、絵を描くこと・・・

a0034487_9241763.jpg
a0034487_9243133.jpg
a0034487_9244453.jpg
a0034487_9245444.jpg
a0034487_9302911.jpg
クレアはベジタリアンで、肉や魚は食べません。
玉子、牛乳、チーズはOK。かつお節はNG。
この1週間、ふだんつくらないような野菜の料理を
本を見ながらいろいろ作ることができて楽しかった。
それをいつも「おいしいおいしい」と言って食べてくれました。
ありがとうクレア。

これからクレアとベンは、松本に1週間滞在したあと、
四国・九州までウーフしながら旅を続けます。
ひつじ屋に来てくれてありがとう。
元気で、よい旅を。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-15 21:15 | ウーファーさんと共に | Comments(0)

明日はデッサン会の日

a0034487_1715223.jpg

今月の『ひつじ屋デッサン会』は明日の日曜日です。
毎月恒例の「デッサン会」になりました。
みんな楽しそうで、とても雰囲気の良い集まりです。
初めての方もご参加をおまちしています。

ひつじ屋デッサン会
2012年4月15日(日)18:00~2時間くらい
もちもの:好きな筆記用具と紙(短時間で描けるもの、鉛筆やペンなど)
参加費:500円(会場代+お茶・お菓子付き)
★人物の様子や形などを10分間で自分の思うまま感じるままに描いてゆく会です。
モデルは皆で交代しあいます。絵を描くことが好きな方、気軽にご参加ください。



a0034487_17264786.jpg昨年のデッサン会より
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-14 17:21 | ひつじ屋イベント | Comments(0)