「うつわ」に魅せられて

a0034487_1918493.jpg
安曇養護学校高等部陶芸班の生徒たちがつくる「うつわ」に魅せられ、
ひつじ屋で販売させてもらうことに。
「出会い」は、今年2月にオープンした蕎麦屋さん「とりい」にて。
4月からは陶芸班の作業を手伝いに行くことになりました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-30 19:20 | 安曇養護学校高等部陶芸班 | Comments(0)

白馬は別世界

a0034487_196167.jpg
ウーファーのモゥリーンと温泉に行きました。
白馬塩の道温泉「倉下の湯」。
白馬は大雪。安曇野から1時間で別世界だ。
雪合戦初体験のモゥリーン(from台湾)に大きな玉をいっぱいぶつけてやった
おとなげないオレ・・・。


a0034487_197246.jpga0034487_1964735.jpg
安曇野周辺では、「倉下の湯」、「温宿かじか」(大町・葛温泉)、「泡の湯」(松本・白骨温泉)が好き。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-29 19:11 | ウーファーさんと共に | Comments(0)

a0034487_11461976.jpg
今年第1号のウーファーさん、ホン・ユーウェン(英語名モゥリーン)from台湾です。

昨年9月、台北から飛行機に乗って大阪に着いたモゥリーンは、
ウーフホストで働き、観光を楽しみながら東へ移動してきました。

安曇野に着いたのが今月17日。
カフェやギャラリーのある場所で働きたいという気持ちから
ひつじ屋を選んでくれたそうです。

草木染や機織など、日本の伝統文化に関心のあるモゥリーンは日本語がとっても上手。
カフェやレンタサイクルなど、ひつじ屋にみえるお客さまとの対応も一生懸命やってくれています。
モゥリーンありがとね。

WWOOF(ウーフ)Willing Workers On Organic Farm
お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換する仕組み。
有機農場や環境を大事にする人たち、
自然が豊かに残っている場所、
人との交流を大切にしている所と、
農業や生き方について学びたく仕事や家事の手伝いをしてみたい人達を繋いでいる。

WWOOF Japanのウェブサイト http://www.wwoofjapan.com/main/
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-27 12:04 | ウーファーさんと共に | Comments(0)

a0034487_15462615.jpg

望月書院に通う子ども達による書道展が始まりました。
6歳から高校生まで、自分で言葉を選び、のびのびと表現しています。
この「てんでんこ」な感じがいいなー。
写真中央の男性が望月守渓(しゅけい)先生です。

望月書院こども書道展
2012年3月24日(土)~4月13日(金)
ひつじ屋ギャラリー(入場無料)
8:30~18:00(水曜休み)


望月守渓先生からのメッセージ

自由という言葉を分解して読んでみると
「自らに由る(おのずからによる)」となります。
自由気ままというのが一般的な解釈ですが
それぞれの語を辞書で引いてみると
もう一つ別の意味のあることが分かります。
自分の意思と責任で行うと解説がされています。
第五回ひつじ屋書道展では、
「二文字、手本なし」をテーマに
子供達が一から作品を仕上げました。
手本を見ないで文字を構築することはとても難しいことです。
それでも一人一人自分で考え工夫を凝らし
また今年も力作が生まれました。
子供達の取り組みの苦労を
それぞれの作品に探してみるのもおもしろいかと思います。
子供達の自由をご覧下さい。

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-25 16:08 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_12413952.jpg

♪生きている鳥たちが 
生きて飛び回る空を
あなたに残しておいてやれるだろうか父さんは
目を閉じてご覧なさい
山が見えるでしょう
近づいてご覧なさい
辛夷(こぶし)の花があるでしょう
(「私の子どもたちへ」 作詞・作曲笠木透)


笠木透と雑花塾コンサートin安曇野「私の子どもたちへ ~東日本大震災~」
2012年3月31日(土)13:30 安曇野地球宿
               19:00 ひつじ屋
入場料:両会場とも1500円
お問い合わせ:090-5394-5361(鈴木明美)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-24 12:45 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

4月のデッサン会

a0034487_12193760.jpg

昨年夏から月1回のペースで開かれている『ひつじ屋デッサン会』。
4月は15日(日曜日)におこないます。

回を重ねるごとに人気が出てきて、「常連」さんも増えています。
絵を描くことの好きな人が多いんだなー、と思います。
これもアートが盛んな安曇野の特徴でしょうか。

ひつじ屋デッサン会
2012年4月15日(日)18:00~20:00
もちもの:筆記用具と紙
参加費:500円(会場費とお茶菓子代)
◎人物の様子や形などを10分間で自分の思うまま感じるままに
描いてゆく会です。モデルは皆で交代しあいます。
絵を描くことが好きな方、気軽にご参加ください!


※チラシのデザインは、デッサン会を主催する西谷美緒さんです。
昨年遠い星から安曇野に越してきました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-23 12:26 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

国境の町

a0034487_17311949.jpg
タイ・バンコクのターミナル、ファランポーン駅から列車に乗り5時間ほど。
カンボジアとの国境の町アランヤプラテートに着く。
鉄道はここで終わり、この先はリキシャとバスに揺られカンボジアへ。




旅のことを考えると、お金も家も名誉も何もいりません。恋だって私はすててしまいます。(林芙美子)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-22 17:39 | 旅の写真 | Comments(4)

『ふくろ展』あと2日

a0034487_170980.jpga0034487_16594818.jpga0034487_16592944.jpga0034487_16591344.jpga0034487_16585719.jpg
a0034487_1703599.jpga0034487_1721294.jpga0034487_1723514.jpg

a0034487_1755075.jpga0034487_1753450.jpga0034487_1752027.jpga0034487_17548.jpga0034487_1744878.jpga0034487_1743146.jpga0034487_1741311.jpga0034487_1735254.jpga0034487_1733154.jpga0034487_1731410.jpg

a0034487_1794177.jpga0034487_1792641.jpga0034487_179775.jpga0034487_1785370.jpga0034487_1783917.jpga0034487_1782379.jpga0034487_178624.jpga0034487_1774613.jpga0034487_1772931.jpga0034487_1771242.jpg

a0034487_17123359.jpga0034487_17121817.jpga0034487_1712476.jpga0034487_17114876.jpga0034487_1711338.jpga0034487_17111758.jpga0034487_1711253.jpg

おかげさまで売約済みが多く、あまり残っておりませんが、
『菊地みゆき ふくろ展』 あと2日です。※明日水曜日(21日)は休み

ふくろ展 その6
十色屋 菊地みゆき
2012年3月17日(土)~3月23日(金) ※21日は休み
ひつじ屋ギャラリー
8:30~18:00(入場無料)


店内はすっかり「春」になりました。
どうぞ見にいらしてくださいね。

a0034487_17323851.jpg
菊地みゆきさん(写真右)と、最近ひつじ屋にやってきたウーファーさんモゥリーンfrom台湾です。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-20 17:14 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_15503772.jpg
負けズ犬新月ライブ、今週木曜日(22日)です。
震災後一年の特別企画。負けズ犬による弾き語り夢語り。

~ほんの、小さないたずら心だった。
       だけど、その日から全てが狂い始めた~

負けズ犬の歌と語りで描き出す、この星と人間たちの心象風景。


負けズ犬新月ライブ
2012年3月22日(木)19:00~20:15頃
ひつじ屋  入場無料

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-20 15:56 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

無料駐車場あります

a0034487_1852319.jpg
巨大看板完成。

制作は振り子時計作家のサンガキヌヨさん。
きぬちゃんありがと。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-03-19 18:54 | ひつじ屋日記 | Comments(0)