アジアの絵と服展

a0034487_11442976.jpg
真下千鶴さんと知り合ったのは、昨年、安曇野高橋節郎記念美術館で彼女の個展が開かれたとき。
(下にそのときの様子を取材された、地元紙松本平タウン情報の記者O嬢による記事を転載しました。ありがとうございます)
千鶴さんの絵が、「そうそう、インドってたしかにこんな感じだわ」と思わせてくれてとても良かった。

この夏、インドで仕入れた服や布を展示・販売することになったとき、
千鶴さんの絵を思い出し、ひつじ屋で「アジアの絵と服展」として飾らせてもらえることになりました。
夏の昼下がり、すいかジュースを飲みながら、のんびり楽しんでいただけたらうれしいです。

a0034487_11455748.jpg

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-30 11:42 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

ひつじ屋「試食部長」として活躍中のちろちゃん(上山ちひろ)から
「シュタイナー療育センター 夏の研修」についての案内が届きました。

2011 オイリュトミー体験とシュタイナー治療教育について ~シュタイナー療育センター 夏の研修のお知らせ~

シュタイナー療育センター夏の研修は、
森尾朋子先生による「オイリュトミー体験」と、
松田仁先生による治療教育講義を主な内容として実施いたします。
ぜひご参加ください。

《オイリュトミーとは》
音楽や詩を全身の動きで表現する芸術活動です。
ヨーロッパの哲学者ルドルフ・シュタイナーが、
動きの芸術として創始しました。
世界のシュタイナー学校で、オイリュトミーの授業が行われています。
日本でも、藤野の学校法人シュタイナー学園をはじめ、
各地で大人や子供のためのオイリュトミーのクラスがあります。
オイリュトミストになるには、4年間のオイリュトミー養成校で学ぶ必要があります。

要項
1、期日平成23年8月20日(土)~21日(日)━1泊2日━

2、研修場所長野県北安曇郡松川村板取公民館

3、講師森尾 朋子  エンゲルベルクシュタイナー学校オイリュトミー教師
     松田 仁   シュタイナー教育・治療教育研究家
        
4、日程
《 8月20日(土) 》
・見学  10:00~11:00 療育センター施設(工事中)見学希望方にご案内いたします。
・受付  13:30~14:00
・うた  14:00~14:10
・研修  14:10~16:10 実技「オイリュトミー」 講義「オイリュトミーについて」
     16:30~18:00 講義 「特別な配慮を必要とするこどもに向かう時の大人の基本的姿勢」

《 8月21日(日) 》
・研修 9:00~11:00  実技「オイリュトミー」
     11:00~11:50  質疑応答
・うた  12:00~12:30 終わりのことば


5、参加費 全日程の参加 5,000円 1日のみの参加 3,000円
※参加費は当日持参してください。託児を希望される方は、1日3,000円となります。

6、持ち物 動きやすい服装 フレアースカートなど
 オイリュトミーシューズ(滑りにくい靴下または、たびでも可)
  ※シューズレンタルもあります。(250円)

7、申し込み方法ホームページのメールフォームより《お申し込み時記載内容》をご記入の上お申し込みください。
受付け締切りは7月28日(木)とさせていただきます。なお、定員になり次第募集を終了させていただきます。
ご不明な点は、メールにてお問い合わせください。早急に返信させていただきます。

ホームページアドレス http://ryouikuazumino.web.fc2.com/index.html

《お申し込み時記載内容》
(1)お名前
(2)ご住所
(3)電話番号
(4)携帯電話番号
(5)託児を希望される方は、お子様についてお知らせください。
     ・お名前 ・生年月日 ・性別 ・事前に連絡しておきたい事柄など
(6)その他ご不明な点


■記載していただいた個人情報につきましては研修の目的のみに使用いたします。
ご本人様の同意なしに第三者に開示・提供することはありません。
一般社団法人シュタイナー療育センターが責任をもって管理いたします。

a0034487_11381213.jpg
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-25 11:36 | 安曇野プラットフォーム | Comments(0)

a0034487_1795814.jpg印刷用
ひつじ屋のレンタサイクルおよびレンタカーをご利用のお客さま、
『すいかジュース無料券』をぜひご利用ください。

上にある「印刷用」をクリックすると別画面に移動します。
その画面を印刷して、ひつじ屋にお持ちくださいね。

ひつじ屋カフェ史上最大の人気を誇る「土肥農園のすいかジュース」。
その奇跡の甘味を、どうぞお試しください。ホント、すごいんだから。

a0034487_171219.jpg
すいか畑の土肥寛幸&嘉恵夫妻(2006年)

2006年の夏、土肥農園のすいかジュースを初めてメニューに加えました。
そのころ、土肥さんの畑に出かけて行って取材したときの様子です。懐かしい・・・。


a0034487_17123539.jpg
a0034487_18241618.jpg
すいかジュースの看板をつくる(2007年)

中3の息子(次男)がすいかジュースの看板を描いてくれたのが翌2007年。
あれから4年、彼は高校を卒業し、浪人して受験勉強中。


a0034487_17131055.jpg
2008年夏

これがすいかジュース。うしろは菊地みゆきさん(十色屋)のふくろたち。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-24 18:28 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

きまぐれ八兵衛

a0034487_16582374.jpg
安曇野ガーデンクラブ』のオーナー坂本さんおすすめのラーメン屋さん
きまぐれはち兵衛」(通称きまはち)に行く。
店内に入った瞬間に、繁盛している店の「空気」を感じる。これって何だろ?

はじめてのきまはちは「中華そば」600円。
独特の細い麺と、魚のダシがきいたスープを味わいました。

メニューのなかに「松本ブラック」というのがあり、
いったいどんなラーメンが出てくるのか、かなり気になる。
しかし、気が小さいため(?)結局ふつうのを注文。
どれくらい黒いのか。どのように黒いのか。イカスミラーメンなのか。
もしかして、墨汁ラーメン? まさか。

うちも「安曇野ブラック」を出したらどうかと考える。
でも何をだせばいいのか。
ただのコーヒーが出てきたら怒られるだろうか。


きまぐれはち兵衛
長野県安曇野市豊科南穂高271-14(県道495号「踏入」交差点近く)
0263-73-0408
11時30分~14時LO、17時30分~20時30分LO、土・日曜、祝日11時30分~15時LO、17時30分~20時30分LO
不定休 26席

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-22 16:56 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_1533161.jpg
♪生きている鳥たちが
 生きて飛び回る空を
 あなたに残しておいてやれるだろうか
 父さんは

『私の子どもたちへ(父さんの子守唄)』 作詞/作曲 笠木 透

私たちが決して手放してはいけない、忘れてはいけない
ド真ん中を伝えてくれる笠木透さんのコンサートが安曇野で初めて開かれます。
この夏一押しのコンサートです!

「笠木透と雑花塾コンサート in 安曇野」
穂高みらいホールにて
8/3(水) 18:30開場 19:00開演
前売/1500円 当日/2000円 小学生以下無料



ごあいさつ【コンサート実行委員からのメッセージ】

今回安曇野では初めてとなる
笠木透さんのコンサートを企画させていただく事となりまし た。

笠木さんはメディアには一切登場しない、知る人ぞ知るという存在の方ですが、
根強 いファンが数多くいらっしゃいます。
笠木さんは今年 73 歳。
70 歳の時に病に倒れ生死の淵から戻られましたが、
そんなことがあったとは思えないほどパワフルに歌っています。

私が初めてこのコンサートを聴いたのは昨年の9月、塩尻のレザンホールでした。
2年前に心筋梗塞で生死をさまよい、
復活してきたとは思えない声量のある歌声と心に迫る言葉に圧倒され、
会場を出るときには私の心は何かにつき動かされてじっとしていられなくなっていました。

なぜこんなにも心を動かされたのか?
一言で言えば「現実をしっかりと見る視点」を目の覚める思いで気づかされたと同時に、
人間への深いやさしさと愛に感動したのです。

私たちは日常的にTV,新聞などの一つの方向にコントロールされた情報に
深く思考することもなく鵜呑みにしていることも多いのですが、
原発、自然保護、憲法9条、人権 etc....
今までいい年をして何も分かっていなかったという自分に愕然としたのでした。

私たちを水の流れに例えるならば、いくら清くきれいな水で流れていても、
その流れがどこに向かっているかを見極める目を持たなければ、
本当の幸福にはなれないのではないでしょうか。

笠木さんは 40 年余にわたり日本人の平和と幸せを願い、
真実の目を持ってフォークの歌と共に言い続けてきた方です。
そして、30 年以上も前から原発に傾く世論を危惧し「祝島」の原発反対に共感して
アルバム「祝島賛歌」絵本「光の海」を出しています。
震災を機に歌う意欲を何倍にも大きくして、熱いメッセージを伝えに来てくれる
笠木さんのコンサートにぜひお越しください。

★小さなお子さんをお持ちのお母さん方に、ぜひご参加いただきたいコンサートです。
 こども達への、私たちへの応援歌を、心あたたまるうたを…お聴き逃しなく。(鈴木明美)


◆お問合せ、予約は:090-5394-5361 mail a-zeromam@docomo.ne.jp(鈴木)まで。
◆ひつじ屋にて前売券発売中。お早めに!


■チラシデザインは、ご存知『世界のイラストレーター』西絢子(にしじゅんこ=にじ工房)!! いよっ日本一! いやいや世界一!!
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-21 15:03 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

早起きは・・・

a0034487_14452837.jpg
夏のあいだ早寝早起きをしようと決心する。
夜「残業」をすることが、だんだんつらくなってきた。年のせいか?

朝ごはんを作っていたら、
くもりガラスの向こうがオレンジ色に染まってきたので、思わず外に出る。

連休の3日間、おおぜいのお客さまにご利用いただきました。
ありがとうございます。
夏山シーズンも開幕。天気も良く、登山客がおおぜい見えたようです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-18 14:43 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

初ナス

a0034487_1441320.jpg
うちの畑に生った今年の初ナス。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-12 14:40 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_1551326.jpg
ひつじ屋で初めての「デッサン会」のようす。
主催してくれたのは、都会から越してきたばかりの美緒ちゃん。

参加者が順番にモデルになり、制限時間10分でデッサンします。
みんな楽しそうに集中していました。
ひつじ屋店主は絵は描きませんが、初めて「モデル」を経験しました。

この5人のなかに、セツモードセミナーの卒業生が3人。
ほかのふたりも美術系の学校を出ているというアートなみなさんです。

※グーグルで『世界のイラストレーター』を検索すると、
なんと4番目に登場する『安曇野が生んだ世界のイラストレーター』がこの中にいる。
その名は「西絢子=にしじゅんこ」。検索してみてね。

次回のデッサン会は8月8日(月)18:00より。
参加してみたい方、見学したい方、モデルになってみたい方は
ひつじ屋までお問い合わせくだされ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-09 15:50 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

安曇野おひさまパフェ

a0034487_1312987.jpg
「安曇野おひさまパフェ」という名のイチゴパフェを始めました。(便乗)

今年からイチゴ農家として独立した中村慶介・綾花夫婦(安曇野市穂高有明)が育てたイチゴを
ふんだんに使ったパフェです。

安曇野地球宿の畑で手摘みしたブルーベリーも入って、
まさに安曇野のおひさまをいっぱいに浴びた、恵みのパフェだぁ。

期間限定、今月いっぱい販売予定。どうぞおためしください。730円(税込)。

a0034487_1322454.jpg
パフェを出すのは初めてなので、いろいろ試行錯誤をいたしました。
ひつじ屋『試食部長』のちろちゃんも応援にかけつけ、貴重な意見を出してくださいました。
ほかにもいろいろな方にアドバイスをいただきました。
みなさまありがとうございます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-09 12:58 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

枝豆・ナス・トマト

a0034487_15462678.jpg
自宅裏の畑で野菜を育てています。
ここに引っ越してきてから4シーズン目。
毎年いまごろになると草ぼうぼうのほったらかしで
結局ほとんど収穫できずに終わっていたのですが、
今年はいつもとちがいます。
草取りをしているので、育てているものがよく見える。
畑のほとんどを占めるのが枝豆。
そして、ナスとトマトが1株ずつ。

a0034487_15465335.jpg
実がひとつ付きました。

a0034487_15471672.jpg
トマトの実はまだですが、鼻を近づけるとトマトの匂いが強く漂ってきます。
収穫が楽しみだのぉ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-07-07 15:20 | ひつじ屋日記 | Comments(0)