陶房白露の桜

a0034487_12185196.jpg
午後、安曇野市の隣、池田町にある陶房白露(とうぼうはくろ)さんへ。
きょうから陶芸を習うつもりだったのだけど、あいにくの「臨時休業」。

小久保さん(陶房白露)のお家の前で見事な桜を愛でることができました。
店に戻る前に図書館に寄る。ソファに坐って雑誌「レコードコレクターズ」を読み、
村上龍「心はあなたのもとに」、西村賢太「小銭をかぞえる」を借り、「村上春樹雑文集」をリクエストする。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-26 12:19 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

一休庵の天ぷらそば

a0034487_12161085.jpg
店の近所の一休庵(いっきゅうあん)さんで天ぷらそばを食す。
天ぷらがとても美味しい。特にふきのとう!
よいお店です。ひつじ屋から歩いて2分。

一休庵
安曇野市穂高5957-4
TEL0263-82-8000
11:00~19:30(12月~3月は19:00まで)
月曜定休(祝日の場合は翌日)

ゴールデンウィークが近づいてきました。
何かと準備もあって忙しくしています。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-25 12:14 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

壁塗り作業中

a0034487_16325178.jpg

壁塗り作業中の『まゆげ』と『きぬ』。

新しくできた壁に珪藻土(けいそうど)を塗ります。
ここがギャラリースペースになる予定。
4月13日撮影。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-18 16:31 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

安曇野から光を

安曇野の仲間たちが、続々とボランティアに向かっています。
その報告会がひつじ屋で開かれることになりました。
以下、主催する池田伸ちゃんからのメッセージ。

4月22日(金)午後7時より、穂高駅前ひつじ屋さんにて
被災地ボランティア報告会を開きます。
実際に現地に行ってボランティア活動をしてきた人達に
ナマ の現場の声を語ってもらいます。
これから現地に向かう人。行きたいけど行けない人。
後方支援で頑張ってる人。是非お越し下さい。(池田伸)

イケダシンの負けズ犬ブログ


そして安曇野では、この地から光を発信していこうと、さまざまな試みが企画されています。
以下、安曇野地球宿(増田望三郎)からのメッセージ。

ひかりのメッセージ大募集!
『安曇野から被災地、そして日本のみなさんへ』 

安曇野から、被災地の方々へ、
そして日本のみなさんに向けてメッセージを届けませんか?

今安曇野はNHKの朝の連ドラ「おひさま」の舞台として、
日本中の人たちから注目されています。
ヒロインの陽子ちゃんは、太陽のような明るさと元気を
日本中のみなさんに贈っています。
僕たちも一人一人が陽子ちゃんのように、震災と原発事故で萎縮してしまった
日本のみなさんに「ひかりのメッセージ」を届けていけないでしょうか。

メッセージを書くことは、自分自身へのメッセージにもなります。
今改めて、自分が本当に願う生き方、暮らし、
社会を自分の心に問いかけてみませんか。

それを自分の中に見つけ出した時、内なる心の光が輝き始めることでしょう。
そして被災地の方々に、日本中の人たちに、安曇野の光を届けていきましょう。


★ひかりのメッセージ大募集!
 『安曇野から被災地、そして日本のみなさんへ』

 字数:制限無し
 書き方:自由
 募集期間:第一次締め切り23日(土)
       それ以降も随時募集します。
 送信先:メッセージ、名前(匿名OK)、職業を書いて boetu@d6.dion.ne.jp まで送ってください。

寄せられたメッセージは全て、23日に三郷小倉の安曇野地球宿で行われる
被災地応援イベントにて発表・掲示されます。
また安曇野ひかりプロジェクトのサイトやプロジェクトに参加している
個人・グループのウェブやブログなどで発信していきます。

23日(土)の被災地応援イベントin安曇野もご来場お待ちしています。
詳細コチラ
 ↓↓↓
http://www.plays.jp/adiary/diary2.cgi?id=boetu&action=view&year=2011&month=4&day=13#4_13

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-18 11:51 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

改装工事中です

a0034487_15353120.jpg

改装工事中です。
写っているのは、棟梁の片桐さん、その奥にひつじ屋「会長」のクレオパトラさん。

明日は壁塗り(珪藻土)をします。
カフェの利用は外のテラスのみになるかもしれませんが
いつもどおり営業しますので、遊びにきてくださいね。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-12 15:36 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_15302933.jpg

「菊地みゆき ふくろ展 その五」おかげさまで無事終了しました。
毎年のように来てくださる「みゆきファン」の方をはじめ、
おおぜいのお客さまに展示を楽しんでいただきました。
今年もたくさんのふくろに「売約済み」のカードが付けられました。
ほんとうにありがとうございます。

これで5回目となった、ひつじ屋での「ふくろ展」。
冬のあいだにたくさんのふくろを作りためて
この一週間のために備えてくださるみゆきさん。
その心意気に応えるかのように、たくさんのふくろたちが
この壁からお客さまの手元に旅立っていきました。

素朴な手作り感を見せながら、実は細部まで丁寧な仕上げが施されているプロの技。
ひと目で「菊地みゆき」と分かる独特のデザイン。
そして、多くの女性を「かわいい!」と飛びつかせる作家のセンスを、今年もたっぷりと見せていただきました。

以前にも紹介したことがあるのですが、
「新明解国語辞典(第五版)」で「素朴」を引くと、このように解釈されています。

1.都会人のように、洗練された所は無いが、真情を行動で裏づける意味で人に訴える所の有る様子。
2.華やかさや手の込んだ細工はほとんど見られないうちに、太古・原初の持つ大らかさやほのぼのと心暖まる豊かさがしみじみと感じ取られる様子。

この文章の中にみゆきさんの魅力がとてもよく表現されていると思うのです。
ほんとうに、みゆきさんの作品って「素朴」なところがいいんですよねー。

a0034487_1531911.jpg

実はこの壁、「ふくろ展」を最後に無くなる運命でした。
今夜からの改装工事でこちら側の壁を抜き、ちょっぴり広くなるひつじ屋です。

あ、工事中も休まず営業しますんで(ってカフェできるのか?)、よかったら遊びに来てくださいね。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-11 15:29 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

共同作業所スタッフ募集

友人のちひろちゃん(上山ちひろ=うえやまちひろ=愛称ちろちゃん)からメールが届きました。
ちろちゃんは、シュタイナー教育に共感し、その考え方に自分の仕事を通して関わりたいと考え、
シャロムヒュッテの体験スタッフ、ひつじ屋でのウーファー生活を経て、
昨年安曇野に移住した女の子です。

現在、計画中の共同作業所の立ち上げに関わっていて、
その活動に携わってくれる人を探しています。


こんにちは。
安曇野市に住む、上山ちひろといいます。
私は、安曇野でシュタイナー教育・治療教育の考え方をもとにした、
多機能型共同作業所の立ち上げに関わっています。

作業所は北安曇郡松川村(安曇野市の北隣)の安曇野ちひろ美術館の近所にあります。
西に有明山をのぞむ田園地帯にある、古い家を改修して始めます。

今年の秋に開所の予定で準備を進めているところです。
この場所で共同作業所(就労支援B型)と児童デイサービスの事業が計画されています。

この作業所は、木工を中心にした製品作り(木のおもちゃ・人形・家具製作の部分請負など)を行う予定です。
ここで、何らかのハンディはあれど働く意欲のある大人の方々の支援に、
立ち上げから関わってくださる方を1人探しています。

共同作業所常勤スタッフ 募集

☆シュタイナー教育・治療教育に関心がある・学びたい・共鳴している
☆共同作業所で働いた経験がある
☆長野県のサービス管理者研修を受けて(来年年明け予定)、サービス管理者になれる
☆お給料・待遇面は、運営が軌道に乗るまでは不安定でもなんとか暮らせる
☆ハンディを持っていても地域で豊かに暮らせる、そんな場所を一緒に作っていきたいという心意気

よろしければ、こちらものぞいてみてください。 http://ryouikuazumino.web.fc2.com/index.html
関心のある方は、tusindtak55@gmail.com (上山)まで、4月半ばごろまでにお問い合わせください。
開所の時期、改修のことなどがあり、短い募集期間でもうしわけありません。
よろしくお願いいたします。

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-09 15:15 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)

a0034487_15115677.jpga0034487_1512898.jpg

全ての生命が 潔く健やかに 生き続けるために・・・

ガイアシンフォニー(地球交響曲)第七番の上映会が松本で開かれます。

龍村仁監督が来松、講演(チャリティ)をされるというプレゼントが急きょ決まりました。
大スクリーンで見ることのできる近隣では唯一のチャンスで。
どうぞお見逃しなく。

ガイアシンフォニー(地球交響曲)第七番
2011年4月17日(日) 開場12:00 開演13:00
会場 長野県松本文化会館中ホール(松本市水汲692-2 TEL0263-34-7100 http://www.matsubun.jp/)
前売券(全席自由)一般1000円、学生(小中高生)800円  当日一般1500円、学生1000円

前売券はひつじ屋で販売しています。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-08 15:10 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

カフェ マトカ

a0034487_13124242.jpg

松本の「カフェ マトカ」さんに行く。初めてのマトカ。

入口のドアを開け、靴を脱いでスリッパにはきかえる。
店内にはテーブルとソファがゆったりと配置され、
気のおけない友人の家へ
お昼ごはんを食べに来たような気持ちにさせてくれる。

店内のあちらこちらに小さめの棚が控えめに置かれ、本が並んでいる。
村上春樹やレイモンド・チャンドラー、フィッジェラルド、ドストエフスキー(カラ兄!)など
きっと村上春樹が好きなんだろうなー、と思わせる本があって
ひつじ屋は「羊をめぐる冒険」から名付けたんだよおー、と話しかけたくなる。

マトカとは、フィンランド語で「旅」のこと。旅行が好きなのかな。
チェコ語で「お母さん」の意味も。
片桐はいりの「わたしのマトカ」が棚にあったので、出所はこれか?
そういえば「かもめ食堂」の雰囲気も店内に漂っているような・・・。

a0034487_13134596.jpg


注文した野菜カレー(せいろで蒸し野菜が出てくる。これを玄米の上にのせ、カレーをかけて食す)、
フォカッチャ、コーヒー、梅と蜂蜜のドリンク、みんなとてもおいしかった。

おいしい料理と飲み物を心を込めて作り、
すみずみまで気を配りながら店を営んでいることが伝わってくる。
若い夫婦ふたりの、すてきなお店です。
そうそう、トイレもいい感じでさらに好感度上昇しました。トイレは大事ですね。

ブログmatka も楽しい。彼女が書いているらしい文章のユーモアがすき。
「実家に帰らせていただきます」とか、笑いました。

a0034487_13142890.jpglarge

マトカさんの地図を描いてくださったのは、十色屋の菊地みゆきさん。みゆきさんありがとうございます。

cafe matka カフェ マトカ
長野県松本市大手2-5-19
営業時間 9:30~18:00
定休日 火曜日・第2月曜日
メールアドレス matka@mbn.nifty.com


a0034487_131717100.jpglarge

駐車場あります。軽トラの下でネコが笑っていました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-07 13:18 | ぼくの好きな店 | Comments(0)

ひつじ屋ひつじ展

a0034487_1310066.jpg

ひつじ屋初めてのグループ展「ひつじ屋ひつじ展」を企画しました。
地元安曇野を中心に15人の作家の方々に
ひつじをテーマにした作品をお願いしました。

いったいどんな作品が出来上がってくるのか、
考えるとワクワクします。


ひつじ屋ひつじ展
2011年5月14日(土)~6月3日(金) 8:30~18:00(水曜休み)

※出品していただく作家などくわしいことは改めてご案内します。おたのしみに。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2011-04-04 13:08 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)