a0034487_1933457.jpg
友だちの福嶋ますみちゃんが主催する『人間ギャラリー』。
とても素敵な企画で、ぼくもできる限り時間を作って参加しています。

その、6月のゲストスピーカーが、尊敬する友人
増田望三郎(ぼうざぶろう=安曇野地球宿)さんとのことで、
ここでも紹介させてもらうことにしました。
(写真はNPO現代座2008年安曇野公演「約束の水」の打ち上げ会にて。中央「黒字」を持つのが、実行委員長を務めた望三郎)

とはいえ、もう明日(6/1)のことです。
きょうこの記事をご覧になって都合のつく方は、ぜひ。
きっと面白いですよ。

以下、ますみちゃんからのお知らせです。

毎月第一火曜の午後は人間ギャラリーへどうぞ。
ゲストの方の様々な人生を鑑賞させて頂く贅沢な時間です。

さて、6月は1日(火)、
ゲストは三郷の民宿、安曇野地球宿の主、増田望三郎さんです。

-----増田望三郎さんの紹介-----
父親の仕事の関係で、転校続きの小・中・高校時代。
度重なる転校の中で身についた、
独特の友人との距離の取り方。

そんな中、高校時代に立てた夢は
「自分の国(望ちゃん王国)を作ろう!」

その後、大学を中退し、父親から勘当され・・・
20歳でとある共同体に。

以後10年をその共同体(1700人)で過ごし、
その後、短い東京時代を経て、
現在の三郷での農的暮らしへ。


◆6月1日(火)虹の村陶苑にて(穂高しゃくなげ線沿い、ジャンセン美術館西)
 13:30開場
 14:00~16:00増田望三郎サンのお話
 参加費:400円(セルフサービスのドリンク付、なるべく自分のコップをご持参ください)
 ※準備の都合上、参加ご希望の方は事前にお知らせください。
  福嶋ますみ℡090-8004-6263

それでは、皆さんのお越しをお待ちしています。



そして、望さん本人からのメッセージ。(ブログより転載させていただきました)

もう2年以上も続いている
穂高のカフェ陶苑でのトークイベント「人間ギャラリー」、
次回6月の会では、僕増田望三郎が喋らせてもらうことになりました。 
 
主催側の要望により、
これまであまり語ることのなかった過去や生い立ちに 
焦点を当てて話をすることになりました。
なぜ僕がこの安曇野でこのようなことをやっているのか、
そのルーツを話してみようと思います。 
よろしければ、ご参加ください。 

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-31 19:18 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)

a0034487_14562786.jpg看板制作:
西絢子(にしじゅんこ=にじ工房)
いったいどのくらいのお客さんが来てくれるのかと
緊張感を持ちながら迎えた、初めての『安曇野二蔵呑み歩きinひつじ屋』。
おかげさまで大勢の方に楽しんでいただくことができ、感謝の気持でいっぱいです。

さいしょに相談に乗ってもらった、のん子さんこと山口倫子さん。
大町市内で今年3回目となる『北アルプス三蔵呑み歩き』を
パワフルに支える女性です。
彼女が働く横川商店(大町市九日町にある酒屋さん)と、
北アルプス三蔵呑み歩き』実行委員会さんの協力をいただけたことで
この企画が実現しました。ありがとうございます。

そして、主役は安曇野の二蔵、大雪渓酒造さん福源酒造さんと、
おつまみを担当してくれた友人の蕎麦屋「ふじもり」さん夫婦。
みなさん当日まで心から応援し、惜しみなく協力していただきました。
ありがとうございます。そしてお疲れ様でした。

さらに、裏方として献身的に働いてくれたひつじ屋スタッフとウーファーさん、
そして安曇野の仲間たち。
彼らがいてくれるおかげで、
ひつじ屋はすこしずつ出来ることが増えてきていると実感します。
いつもほんとうにありがとう。


a0034487_14365640.jpga0034487_14385730.jpg

a0034487_14391115.jpg



a0034487_1445346.jpga0034487_1446997.jpg

a0034487_144721100.jpga0034487_14473268.jpg

a0034487_14484731.jpga0034487_1449533.jpg

a0034487_1450510.jpga0034487_14501648.jpg

a0034487_14511922.jpga0034487_14513091.jpg

a0034487_14534826.jpga0034487_14535983.jpg

a0034487_14557100.jpg


a0034487_1543693.jpglarge
「七輪の侍」。 (スミ〈炭〉マセン)

遊びにきてくださったお客さまひとりひとりの
うれしそうな顔がとても印象的でした。
みなさん楽しくすごしていただけたでしょうか。

このイベントは、大町の『北アルプス三蔵呑み歩き』と連携しながら
これから毎年続けていく企画として考えたものです。
先のことはまだわかりませんが、来年もできればいいなー、と思ってます。
どうぞこれからも、よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-30 13:58 | ひつじ屋イベント | Comments(4)

a0034487_1910281.jpg
いよいよ明日【5/29 SAT】は『安曇野二蔵呑み歩きinひつじ屋』の日です。

昼間、富山まで魚の買出しに出かけた呑ん子さんとリエちゃんより、
「食べてます」というタイトルで、このような写真が届きました。
おぉ、明日はこれが食べられるのかっ!!

というわけで、
(去年の秋京都に行ったら「というわけで」という名前のラブホテルがありましたどうでもいいことですが)

これは『呑み歩き最新情報』としてブログに載せなきゃ、と思い
呑ん子さんに電話しましたら、
K(大町市内)で休んでいるのダ、8時までは帰らないゾ、とのこと。
やむを得ず、しばらくひつじ屋PCの前で待機することに。(現在19:17)

・・・・・・・・・・・・・。

a0034487_20421615.jpga0034487_20422938.jpga0034487_20423837.jpga0034487_20424859.jpg
数十分後、呑ん子さんから写真添付メールが届きました。

右下の写真は、きょうの仕入れとは別に、
佐渡島より届いたサヨリ、カワハギ、ヤリイカ、などの干物です。
もちろんこちらも明日お楽しみいただけまーす。

さて、「主役」のお酒についても情報が入りました。
当日、二蔵(大雪渓酒造さん・福源酒造さん)より提供していただく試飲用のお酒は・・・

【大雪渓酒造】
・特別純米酒無濾過生原酒
・夏の純米酒
・純米吟醸無濾過生原酒
・八年古酒

【福源酒造】
・北アルプス純米吟醸酒
・福源純米酒 無濾過原酒<生>
・蔵福源(くらふくげん)
・一番どぶ

これらのお酒を、二つの蔵元からプレゼントされる利き酒用の猪口で
お好きなだけ飲んでいただけます。スゴイですねぇ。


a0034487_20564420.jpg

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-28 19:12 | ひつじ屋イベント | Comments(6)

a0034487_15415324.jpg
地元酒蔵の日本酒を楽しむイベント『安曇野二蔵呑み歩きinひつじ屋』が近づいてきました。

a0034487_15464451.jpg
準備も大詰めです。
きょうは、山麓線のお蕎麦屋さん「ふじもり」に出かけ、
当日の打ち合わせをしてきました。
ふじもりさんは、おつまみを担当してくださいます。
美味しい料理を作ることに定評のあるふたり。
どんなものを出してくださるのか、とてもたのしみです。

a0034487_1552463.jpga0034487_155329.jpg
a0034487_15532997.jpga0034487_1550324.jpg
『呑み歩き』に協力してくださっている、横川商店の呑ん子さん
日本海沿いの町、糸魚川に出かけ、魚を仕入れてきてくださることになってます。
写真は、以前に呑ん子さんが仕入れに出かけたときのものです。

さらに。おつまみはさらに充実!
佐渡島直送の干物が、これも呑ん子さんの手配により
ひつじ屋に届くことになっています。

安曇野の酒蔵、大雪渓酒造さんと福源酒造さんからは
4~5銘柄ずつ、試飲用のお酒を用意していただけることになってます。
「純米吟醸無濾過生原酒」など、この季節に美味しく味わうことのできる
名酒ぞろいのラインナップです。

さあ、日本酒好きのみなさま、
これ以上いったい何を望めばよいというのでしょうか。
はい、何もありませんです。

土曜日はぜひ、ひつじ屋におこしください。
四合ビンのふたをたくさん開けて(?)
ご来店をおまちしております!!


a0034487_1605239.jpgPDF

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-25 16:04 | ひつじ屋イベント | Comments(2)

かりんとう饅頭

a0034487_2095672.jpglarge
穂高の和菓子屋さん「丸山菓子舗」で売っている『かりんとう饅頭』。
外側の「皮」の部分がかりんとう状になっていて、その内側にあんが入っている。
ウーファーのすがちゃんが買ってきてくれました。
とても美味しいです。見た目も美しいですね。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-18 20:13 | ひつじ屋日記 | Comments(2)

a0034487_17175189.jpgpdfファイル

★5月20日(木)11:00~18:00 『木曜カフェ azzuro アズーロ』

ふだんはシャロムヒュッテ(安曇野市穂高有明)のスタッフとして活躍する
本村匠・亜紀夫妻が、
5月より月1回(第3木曜予定)のペースで
イタリアンをベースにしたカフェをひつじ屋で開きます。

自然の恵みに感謝し、ココロとカラダがホッとするような
やさしい食事と飲み物を作ってお客さまをおまちします。
同じくシャロムスタッフのさにーちゃんやひらくくんもお手伝いして
にぎやかなお店がひらかれそうです。

将来、この安曇野でイタリアンのレストランを開きたい
という夢を持つふたり。
木曜カフェ『アズーロ』でたくさんの人と出会い、つながり、
本当の開店のときに
おおぜいのお客さまがお祝いに駆けつけてくれるような
そんな有意義な時間を、ここで過ごしてほしいと願っています。
地元のみなさま、観光客のみなさま、応援よろしくおねがいします。

※当日「ひつじ屋」としての営業はお休みとなりますが、
レンタサイクル・レンタカーは通常通りご利用いただけます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-17 17:18 | ひつじ屋イベント | Comments(2)

快晴の日曜日

a0034487_1512665.jpglarge
この土日はとてもよい天気で、
北アルプスの山々がひときわ美しく見えました。

写真は、安曇野市穂高有明にて。
大町から北、まだ雪をかぶった白馬連峰がよく見えます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-16 15:16 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_15104759.jpglarge
負けズ犬 こと池田伸(イケダシン)ちゃんの
ひつじ屋では今年初めてのライヴ。
文字通りの大入り満員、
途中でイスが足りなくなって慌てるほどのお客さんが来てくれました。
ありがとうございます。

毎回おおぜいの方に支えられ、みんなの力を借りて
会場が運営されています。

「ワンドリンク」の注文を受けるカフェ部門は
友人の大浜悦子さん(えっちゃん)と
愛娘のふきちゃんに担当していただきました。

ステージ後ろの壁を使って、伸ちゃんのマンガを映してくれたのは
ひつじ屋のスタッフでもある「寺さん=Terra Sun」こと寺脇俊。

チラシを担当したのは、
イラストレーターのおばたまゆみちゃん。
彼女が描く伸ちゃんは、ちょっと不思議な雰囲気で
それでいてとてもよく似ています。

スペシャルゲストとして、
エンジェルハープのソロステージを披露してくれたAKEMIさん。
楽器の音色と同じくらい、彼女の歌声が美しかったです。
こんど「夢やぶれて」歌ってください。

そして、会場設営を手伝ってくれた仲間たち。
みんな、ほんとうにありがとう!

さらに、このステージがデビューとなる『レインボーひつじバンド』
の出演もありました。
ピアニカ&パーカッション福嶋ますみ、ヴァイオリン城取慧樹(しろとりさとき)、
キーボード池田未央。

a0034487_15105894.jpglarge
個人的に「コーヒーもう一杯」を楽しみにしていました。
先月、伸ちゃんとライヴの打ち合わせをしたときに、
カバーを一曲やってほしいとリクエストした、その曲が「コーヒーもう一杯」。

ボブ・ディランの原曲(One more cup of coffee) でもそうなのだけど、
城取くんが奏でるヴァイオリンがすごーく効いていた。
彼はまだ存在をさほど知られていないけど、
安曇野の音楽シーンで、これから重要な役割を果たすような気がします。

a0034487_1511853.jpglarge
次回のライブは、7月12日(月)19:00、新月の夜です。
きっと、もっとすごくなる。みんな来てね。

◎伸ちゃんのブログ 『 "New"負けズ犬ブログ』 はこちら


コーヒーもう一杯 (和訳:負けズ犬)

その吐息は甘く瞳はまるで空に輝く宝石
しなやかな背中 ベッドに広がる黒髪 
だけどおれは喜びも愛も感じない
君の心ははるかな夜空を彷徨うばかり

もう一杯、コーヒーを
そして俺はこの谷を降りて行くよ
自分の道へ

父親はならず者イカサマ商売を渡り歩き
君に教えるは損得勘定とナイフの投げ方ばかり
シマをゴロツキ吠え回りよそ者には食らいつき
その声は震えるのさ食事を注文する時に

もう一杯、コーヒーを
そして俺はこの谷を降りて行くよ
自分の道へ

妹はまだ夢見てる君や母親と同じように
読み書きすら習わず、本など読んだこともない
無知の喜び果てしも無くヒバリのように歌う君
でもその心は暗黒の謎、まるで深い海の底

もう一杯、コーヒーを
そして俺はこの谷を降りて行くよ
自分の道へ


One More Cup Of Coffee (Valley Below)

Your breath is sweet
Your eyes are like two jewels in the sky
Your back is straight, your hair is smooth
On the pillow where you lie
But I don’t sense affection
No gratitude or love
Your loyalty is not to me
But to the stars above

One more cup of coffee for the road
One more cup of coffee ’fore I go
To the valley below

Your daddy he’s an outlaw
And a wanderer by trade
He’ll teach you how to pick and choose
And how to throw the blade
He oversees his kingdom
So no stranger does intrude
His voice it trembles as he calls out
For another plate of food

One more cup of coffee for the road
One more cup of coffee ’fore I go
To the valley below

Your sister sees the future
Like your mama and yourself
You’ve never learned to read or write
There’s no books upon your shelf
And your pleasure knows no limits
Your voice is like a meadowlark
But your heart is like an ocean
Mysterious and dark

One more cup of coffee for the road
One more cup of coffee ’fore I go
To the valley below

Copyright © 1975, 1976 by Ram's Horn Music; renewed 2003, 2004 by Ram’s Horn Music


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-15 15:42 | ひつじ屋イベント | Comments(3)

畑を耕してます

a0034487_16535035.jpglarge
『ひつじ屋農園』進行中。

穂高有明に引っ越してきて3年目。
今年こそは、畑の収穫を経験したいものだと
ウーファーさんや友人の力を借りて、たがやしてます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-14 16:56 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

オーガニック革命

a0034487_16173789.jpg
本屋さんで偶然手にした本を買って読んでから、
最近オーガニックのことを考えています。

オーガニックと言われても、何となく漠然としていたのだけど、
「無農薬・有機」のようなイメージを超えて、
世の中全体のありようや人間の生き方といった
広い範囲をとらえ、考えさせる言葉なのだなー、と知りました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-05-10 16:24 | 本を読む | Comments(0)