雨の日には

a0034487_1412599.jpg
午前中、みぞれまじりの雨が降りました。
ここ何日か春のような陽気だったのが、きょうは久しぶりに寒い朝でした。

雨降りの朝に、自宅の棚から引っ張り出して店に持って行くCD。
ゲッツ/ジルベルト」。
あまりにも有名なボサノヴァの名盤。
もう何百回も聴いたと思うけど、まったく飽きない。
名盤とはそういうものですね。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-28 14:07 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

a0034487_17395315.jpglarge
『山の治療院』(安曇野市穂高有明)のMr.エリック・ストーン・関本が
ひつじ屋のために調合してくれたハーブティーです。

女性の為の「癒しのお茶」をテーマに、
季節ごとにブレンドするハーブが変ります。
この春は、レモングラス&ローズヒップ。

レモングラスに含まれる「シトラール」は、
その香りからリラックス効果・リフレッシュ効果があるとされ、
集中力や気力を増強させると言われています。
また、古くからレモングラスを日常的に使用しているインドやタイでは、
胃腸を整え消化吸収を助ける作用、風邪や喘息に効く作用、
リンパの流れをよくして新陳代謝を良くする作用、
さらにダイエット効果、殺菌作用などが知られています。

そして、ローズヒップには、美白に代表される美肌効果、
免疫力がアップすることによる健康促進効果、
さらに「お通じ」の悩みを和らげる効果などがあるとされています。

今週からメニューに加わった、レモングラス&ローズヒップのハーブティー。450円。
どうぞお試しくださいね。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-26 17:45 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

大町温泉郷「薬師の湯」

a0034487_1555361.jpg
水曜日の休日。
ウーファーさんと、大町温泉郷にある「薬師の湯」へ行く。
お湯たっぷり、広々とした露天風呂が気持ちよい。

湯けむり屋敷 薬師の湯 
〒398-0001長野県大町市大町温泉郷 TEL:0261-23-2834  

2010年4/24(土)まで 8:00~21:00
2010年4/25(日)~10/31(日) 6:00~21:00
大人600円/小人300円/幼児・未就学児は無料

泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性中性高温泉)
泉温:摂氏62.8℃(源泉)
適応症:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり
打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進



インドに行くと感じるリラックスした気分を
日本でいちばん味わえるところは「温泉」であることに
最近気づきました。

a0034487_17354588.jpg
Made in India の石けんを持って行けば、ますますステキ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-25 16:06 | 温泉に行く | Comments(2)

a0034487_1849127.jpg
材料:アッサム茶、カルダモン、クローヴ、シナモン、ナツメグ、
ブラックペッパー、生姜、砂糖、信州産牛乳

個人的にカルダモンの香りが好きなので、やや多めにブレンドしてます。
インドで飲むチャイよりもスパイシーで、砂糖は控えめ。
ひつじ屋の人気メニューのひとつです。500円。
※写真は、いとうなおこさんが、ひつじ屋のメニュー用に撮影してくださいました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-23 16:58 | ひつじ屋カフェ | Comments(5)

春のキャンドルヨ~ガ

a0034487_1715548.jpgpdfファイル
きょうは気温が上がり、日中はとても暖か、
春一番のような強い風も吹きました。
お客さまのリクエストで、この冬初めてストーブを消しました。

春が近づいていますねー。

アミちゃんこと山本弥生さんと、
西牧隆行くん(愛称マッキー=キャンドル作家)による『キャンドルヨ~ガ』が、
春の訪れとともに今年もスタートします。

毎回定員締め切りになる人気講座。
お早めにお申し込みくださいね。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-22 17:28 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

a0034487_16475031.jpg大きなムーンパワーティー
先月ひつじ屋で期間限定カフェとしてオープンしたロータスカフェで
人気を博した「ムーンパワーティー」が
みなさまの熱い篤い暑い要望に応えまして、ひつじ屋で復活することになりました。

このお茶を考案したのは、ロータスカフェのシェフ、ミヤモトタミコさん。通称タミちゃん。
ドイツ・サルス社のハーブティー「ブルームーンティー」に
安曇野せせらぎ農園のりんごジュースと生姜、
トゥルシー(「ホーリーバジル=聖なるバジル」と呼ばれるハーブ)をブレンド、
じっくり温めた飲みものです。
酸っぱいような、甘いような、何ともいえない香りが、あとをひくんですよねぇ。

ブルームーンティーの原材料は、
ルイボス、ローズヒップの実の皮、ラズベリーの葉、ブラックベリーの葉、
アニス、フェンネル、キャラウェイ、カモミール、リコリスの根、です。いっぱい入ってるなぁ。


a0034487_17363688.jpgひつじ屋ブログのQRコード
土肥農園の土肥さんが声をかけてくれて、
波田町で開かれた「集客UP塾」に参加した。
小さなお店(おもに飲食店)をターゲットに経営コンサルタント業を営む土屋薫さんを講師に迎え、
「“思い”を伝える経営戦略」というタイトルの話を聞いた。

今回は、土肥さんを中心とする若い農業家たちをメインに企画された「塾」だったのだけど、
「顧客リスト」の話や「インターネットを使った集客方法」など、
ひつじ屋にもすぐに役に立つアイデアがたくさんあって面白かったです。

「塾」の前後に、一緒に参加した増田望三郎さん(望さん=安曇野地球宿)と
「携帯サイト」の話をしていたのだけど、それとも話題がつながったりして、刺激を受けたなぁ。

上の「QRコード」も、望さんと話したことのひとつ。
これを、携帯電話の「バーコードリーダー」で読みとると、
ひつじ屋のブログ(このサイトです)に飛ぶことができます。
なんて、いまや当たり前の話なのかもしれないけど、
ぼくは初めて知ったよ。
いろいろ勉強が必要なようで。

a0034487_17583240.jpg地球宿のイベントブログ

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-20 17:04 | ひつじ屋カフェ | Comments(2)

ひさりな食堂

a0034487_17164271.jpglarge
アルバイト(ウーファーさん)のちひろちゃんと晩ごはんを食べに行く。
安曇野市堀金にある「ひさりな食堂」さん。

ちょっと(「ちょっと」であることがミソだと思いますが)オシャレな外観。
店の中も明るくてきれい。
何というか、建てる前に設計担当者とよーく相談してあれこれを決めた、という感じ。

写真はぼくが注文した「カツカレー」800円。
中心メニューはラーメン、タンメンなどの麺類と餃子で、
まだよく把握してないけれど、ほかにもいろいろある。
ホールで働く人も親切、感じの良いお店です。
繁盛しているらしく、お昼時は店の前の駐車場にクルマがたくさん停まっています。

ところで「ひさりな」ってどういう意味でしょうね。
(ちひろの意見『ひさもとりな』さんがやっているんだろう)
わかりませんが、“なにかよいもの”の名前、という気がします。
ひ、さ、り、な、とひらがなが並ぶようす、
口に出したときのことばの響き、とても美しいと思います。

ひさりな食堂
安曇野市堀金烏川(ほりがねからすがわ)4390-5
TEL 0263-50-6008
営業時間10:30-20:00(金土祝前日は21:00まで) 月曜と第3火曜休み
ランチタイム10:30~14:30

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-18 17:24 | ぼくの好きな店 | Comments(2)

白馬の雪景色

a0034487_18561327.jpglarge
朝、白馬から穂高に戻る途中。
このあたりはさすがに雪が多く、安曇野とはずいぶん様子が違います。

以前にも紹介した気がしますが、
写真のような雪景色を眺めていると、
ブリューゲルの「雪中の狩人」という絵をいつも思い出します。

a0034487_19282253.jpg
絵は、117センチ×162センチ。ウィーン美術史美術館蔵。
実物、見てみたいなぁ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-16 18:58 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_1829486.jpglarge
白馬村にあるオーベルジュ、トロイメライさんで開かれた新年会に参加する。
毎年、土肥農園の土肥さんが誘ってくれる。

初めての人に出会うのも楽しみなのだけど、
友人・知人と久しぶりに会ってゆっくり話すのが楽しい。

■本日のディナー■
フランス産ホワイトアスパラガスのキッシュと鴨の自家製生ハム
信州サーモンとポロ葱のブレッセ
ゴマをまとった浜名湖産黒鯛のポワレ アンチョビクリームのソース ホタルイカ添え
信州プレミアム和牛煮込みのアンクルート
春をつげるイチゴのシャーベット
ファーブルトンとマルティニク島のラム酒を使ったアイスクリーム そのシロップ添え
エスプレッソコーヒー

たいへんおいしくいただきました。
お酒は、シャンパンにワイン、さらに、「一本持ち寄り」だった二次会では、
日本酒、リキュール、シードルなど、夜中まで思いっきり飲みました。
さすがののん子さん(横川商店の看板娘)でさえ酔っ払っていたようでした。

西野さん(トロイメライオーナー)、スタッフの皆さん、お世話になりました。
横川さん、松ちゃん、原さん、木内さん、戸嶋さん、望さん、ガリー、僚子ちゃん、日比谷さん、矢野さん、塩入さん・・・、また会いましょうね~。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-15 23:41 | ひつじ屋のお友だち | Comments(4)

a0034487_11555077.jpgpdfファイル
安曇野地球宿シェフの(ひつじ屋もときどき手伝ってもらってます)まさちゃんと
「麻女かふぇ」のえいこちゃんが開く『冬カフェ』の案内です。
冬も色々、元気な安曇野です。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-14 12:03 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)