営業再開しました

a0034487_18324222.jpg
ひつじ屋は、きょうから営業再開しました。
留守のあいだ店を守ってくれた
コーさん&ようこちゃん(コーさんの家)、チャーリーさん&たみちゃん(ロータスカフェ)、
本当にありがとう。そして、おつかれさまでした。

しばらく安曇野をはなれていて、
戻ったら、さいしょにしたいと思っていたこと。
それは、蕎麦を食べること、そして、温泉に入ることです。

というわけで、きのうは、ふじもり さんで「玄そば」をいただき、
そのあと、ほりでーゆーの露天風呂にのんびりつかってきました。
極楽極楽。

※写真は、ふじもりさんのホームページからお借りしました。ありがとうございます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-01-30 18:37 | ひつじ屋日記 | Comments(10)

a0034487_13275581.jpglarge
安曇野は雪が降ってます。
明日6日(水)より、ひつじ屋は冬休みをいただきます。(28日まで。29日営業再開予定)

1月6日(水) 水曜カフェ『こーさんのうち』営業(9:00~18:00)   
   7日(木) 休み
   8日(金) 期間限定『ロータスカフェ』開店(10:00~18:00)


※以降1月26日(水)まで、水曜日は『こーさんのうち』、
  その他の曜日は『ロータスカフェ』(ミヤモトタミコ&チャーリー宮本)が営業します。

※「ひつじ屋」は1/7から1/28まで休業、1月29日(金)営業再開予定です。

※レンタサイクルおよびレンタカーのご要望は、
『コーさんのうち』『ロータスカフェ』までご連絡ください。
【いずれもTEL0263-82-3888 ※Eメールはご利用いただけませんのでご注意ください】


「冬休み」中、『こーさんのうち』 と 『ロータスカフェ』 が
ひつじ屋を守ってくださいます。
アジアンカフェな3週間。どうぞ、ごひいきに。

春からどんなことをしていこうか、
どんなことをしていけば、ひつじ屋をおとずれる人によろこんでもらえるのか、
休みのあいだに、よーく考えてきます。
どうぞ、これからもよろしくおねがいいたします。

a0034487_14134781.jpgpdfファイル


a0034487_14144918.jpglarge

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-01-05 14:16 | ひつじ屋イベント | Comments(2)

a0034487_19493432.jpglarge
十色屋 の菊地みゆきさんに
ことしも「ふくろ展」を開いていただくことになりました。

こころのこもった手づくりのたのしさ、よろこび。
素朴な美しさとプロの業。
みゆきさんの作品はそんな魅力でしょうか。
今回も「本家」十色屋を超えるボリュームで勢揃い。
これが4回目、どんなふくろたちがひつじ屋の壁を飾ってくれるのか、たのしみです。

3月20日(土)~3月26日(金) 8:30~18:00 入場無料です。

写真は、「十色屋ひつじ屋支店」に飾られている『緑と茶のポシェット』 5500円。
※“支店”と申しましても、店内の棚ひと枠だけなのであしからず。

a0034487_1956143.jpglarge

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-01-04 19:58 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(2)

自虐の詩

a0034487_16401976.jpglarge
きょうはこれからレンタル屋さんに行って
自虐の詩」を借りてくることにしました。
“野風”こと中谷美紀も出ているそうです。

きょうは朝から雪が降っていて、寒いです。
さっき友人のインド人(チェンナイ在住)から電話がきたのですが、
あちらはかなり暑いそうです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-01-03 16:42 | 本を読む | Comments(2)

満願寺で水を汲む

a0034487_14571749.jpglarge
朝、満願寺へ水汲みに行きました。
ポリタンク2つに湧き水を満たし、おとなりにある本堂へ。
ことし最初のお参りだしなー、ということで、
お賽銭を奮発し、感謝の気持をお伝えしました。

a0034487_14572862.jpglarge
満願寺は、真言宗のお寺。
「信濃三十三番札所」の第二十六番とされています。
山号を栗尾山といい、西暦715年ころ、
裏山の奥にある長者ヶ池から出現した一寸八分の黄金の仏像を、
聖武天皇の勅願によって堂宇を建立して安置したのが始まりなのだそうです。

観世音菩薩 というのは
世界を流れている 深い慈愛心のことであり
わたくしの内にも流れている ひとつの
深い慈愛心のことであるが
いつの頃からか
この世界には そのようなものは存在しないと
わたしたちは考えるようになった

それがなくては
この世界も わたくしも 一刻も成り立ちはしないのに
わたしたちは それを架空のものと
考えるようになった しかしながら

一人の人が ぼくに喜びを与えてくれるならば
その人は 観世音菩薩なのであり
一本の樹が ぼくに慰めを与えてくれるならば
その樹は まごうかたなく観世音菩薩なのである

あなたが清らかな水を飲んで おいしいと思うならば
その水が 観世音菩薩なのであり
観世音菩薩の像に接して やすらかな気持ちになれば
その像もまた むろん観世音菩薩なのである

私が人を責めることをしないならば
それが観世音菩薩であり
あなたが私を許してくださるならば
そこに観世音菩薩は 現前しておられる

観世音菩薩というのは
世界を流れている 深い慈愛心であり
あなたの内にも わたしの内にも流れている
ひとつの 深い 慈愛心のことなのである

(「観音さまだいすき~信濃三十三番札所みちを歩く」(信濃毎日新聞社刊・1785円)所収の『観世音菩薩/山尾三省』より引用しました)


a0034487_14573893.jpglarge
その帰り道。
安曇野市穂高牧、ぼくのお気に入りの場所です。
北アルプスのやまなみ、ひろびろとした田園風景、森に囲まれた集落。
安曇野の美しさをよくあらわす眺めだと思います。


a0034487_15541695.jpglarge
来週(8日)から期間限定の店『ロータスカフェ』をひつじ屋でひらく
民ちゃん(ミヤモトタミコさん)からいただいた鏡餅です。
かわいいでしょ?
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-01-02 15:11 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_2103619.jpg
けさ、開店時刻(8時30分)直前に店に出てきたら、
きょうと明日ひつじ屋を手伝ってくれることになっている加奈ちゃんが
店の駐車場で雪かきをしていました。

自宅の周りに雪が多かったからと、
自発的に早く出てきてくれたのです。
何と心の美しい女性でしょう。感激しました。

1年の始まりに、素敵な光景を見せてもらったなぁ。
加奈ちゃん、ありがとう。

元旦、大ぜいのお客さまに利用していただきました。
ありがとうございます。
恒例のお正月メニュー「白玉おしるこ」も人気でした。
イラストはご存知、安曇野が生んだ世界のイラストレーター、西絢子(にしじゅんこ)です。

午後、お友だちの修道(しゅうどう)さんとますみさん来店。
きょう婚姻届を出しました、とのこと。
修道さん、ますみさん、おめでとうございます。

うれしいことがたくさんあって、幸せなお正月です。
今年もよろしくおねがいいたします。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-01-01 21:14 | ひつじ屋日記 | Comments(2)