雪の大晦日

◆◆◆ ひつじ屋年末年始営業のご案内 ◆◆◆

12月31日(木) 休み
 1月 1日(金) 平常営業(8:30~18:00)
     2日(土)から5日(火)まで平常営業
     6日(水) 水曜カフェ『こーさんのうち』営業   
     7日(木) 休み
     8日(金) 期間限定『ロータスカフェ』開店

※以降1月26日(水)まで、水曜日は『こーさんのうち』、
 その他の曜日は『ロータスカフェ』(ミヤモトタミコ&チャーリー宮本)が営業します。

※「ひつじ屋」は1/7から1/27まで休業、1月28日(金)営業再開予定です。


a0034487_18563257.jpglarge
きょうも ヤナバスキー場 でアルバイトです。
朝から雪が降り続きました。
スキー場はステキなパウダースノーがたっぷり積もりましたよ。
働きながら、スキーやボードを楽しむ人たちを見ていると、
自分もやってみたくなります。


それではみなさま、また来年!ちゃお。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-31 18:59 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

スキー場でアルバイト中

◆◆◆ ひつじ屋年末年始営業のご案内 ◆◆◆

年末は12月28日(月)まで平常営業。
12月29日(火) 休み
    30日(水) 水曜カフェ『こーさんのうち』が営業します。
    31日(木) 休み
 1月 1日(金) 平常営業(8:30~18:00)
     2日(土)から5日(火)まで平常営業
     6日(水) 水曜カフェ『こーさんのうち』営業   
     7日(木) 休み
     8日(金) 期間限定『ロータスカフェ』開店

※以降1月26日(水)まで、水曜日は『こーさんのうち』、
 その他の曜日は『ロータスカフェ』(ミヤモトタミコ&チャーリー宮本)が営業します。

※「ひつじ屋」は1/7から1/27まで休業、1月28日(金)営業再開予定です。


a0034487_1994831.jpglarge
きょうは、ヤナバスキー場 でアルバイトでした。
朝から夕方まで、掃除と洗い場をみっちりやって、ヘロヘロになりました。
その後ひつじ屋に戻り、正月用の仕込みを少し。
明日もバイトだぁ・・・。

a0034487_19104524.jpg
洗い場にて。
写っているのは「先輩」のA吉さん。

a0034487_19114097.jpglarge
こちらは、きのう(29日)、自宅近くの畑から。
チョー快晴、北アルプスが白馬のほうまでよく見えました。スバラシイ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-30 19:01 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

◆◆◆ ひつじ屋年末年始営業のご案内 ◆◆◆

年末は12月28日(月)まで平常営業。
12月29日(火) 休み
    30日(水) 水曜カフェ『こーさんのうち』が営業します。
    31日(木) 休み
 1月 1日(金) 平常営業(8:30~18:00)
     2日(土)から5日(火)まで平常営業
     6日(水) 水曜カフェ『こーさんのうち』営業   
     7日(木) 休み
     8日(金) 期間限定『ロータスカフェ』開店

※以降1月26日(水)まで、水曜日は『こーさんのうち』、
 その他の曜日は『ロータスカフェ』(ミヤモトタミコ&チャーリー宮本)が営業します。

※「ひつじ屋」は1/7から1/27まで休業、1月28日(金)営業再開予定です。


みなさま、この1年、ありがとうございました。
おかげさまで、今年も無事のりきることができそうです。
大ぜいのお客さま、友人・知人・スタッフのみなさんに、
たくさん支えていただきました。
ほんとうにありがとうございます。

明日(29日)から、少々いつもと違う営業となります。
どうぞご確認ください。

※※30、31日、ひつじ屋店主は、ヤナバスキー場(大町市) でアルバイトです。

a0034487_19164428.jpgヤナバスキー場
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-28 19:09 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

中谷美紀のインド旅行記

a0034487_18103216.jpg
日中気温が上がったおかげか、
おおぜいのかたにレンタサイクルを利用していただきました。
ありがとうございます。

でもその代わり、いそがしくて
AZUMINOジャグバンドの解散コンサートには行けませんでした。
ひつじ屋用の「演出」もしてもらっていたのに、
メンバーのみなさん、ごめんなさい。


中谷美紀のインド旅行記 を買う。
全4冊のうちの2ばんめ、南インド編(幻冬舎文庫・520円)です。
TVドラマ「JIN」を観て、彼女の存在を認識した。

先のインド旅行から帰って間もないというのに、
旅の虫が疼いて、デリーのチャトルヴェティーさんに
南インド周遊を手配してもらった。
マネージャーに嫌味を言われつつも
東京での仕事を早々に切り上げて、
前回よりも少ない荷物で成田を発った。
マレーシア航空0089便でクアラルンプールを経由して
同じくマレーシア航空の180便に乗り継ぎ、
南インド最大の都市であり、タミルナドゥー州の州都でもある
チェンナイに降り立った。

(「インド旅行記2」さいしょのページより)

JINつながりで言えば、綾瀬はるか主演の「おっぱいバレー」を見た。
別に題名に惹かれたわけではないけど・・・
面白かったです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-27 18:18 | 本を読む | Comments(0)

a0034487_19103365.jpglarge

いよいよ明日、AZUMINOジャグバンドの解散コンサートです。
12月27日(日)3:00PM~ 『みらい』(安曇野市穂高交流学習センター)にて。
入場無料です。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-26 19:12 | ひつじ屋日記 | Comments(4)

今年もありがとうの会

a0034487_1605570.jpg
虹の村陶苑でひらかれたパーティーに参加する。
たくさんのごちそうをいただきながら、
ことしもありがとう、おつかれさまでした、の気持をつたえあう会。
写真は、八重山民謡を歌うもえちゃん。
となりで「神さま」(=じつはもえちゃんのパートナー前田くん)が踊っている。

a0034487_14203888.jpg★料理担当★たみちゃん(chakra-moon)、朋ちゃん(シャンティクティ)、じゅんちゃん(ひつじ屋兼世界のイラストレーター
今年のひつじ屋は、もえちゃんにたくさん助けてもらいました。
特に夏のカフェ部門は、彼女がいたからこそ大過なく乗り切ることができた。
もえちゃんありがとう。

a0034487_1611037.jpg
神さま、休憩中。



a0034487_1625298.jpg
『世界のイラストレーター』西絢子(にしじゅんこ)からの情報によると、
大みそかの紅白歌合戦に、スーザン・ボイルが出ることになったらしい。

紅組で「I Dreamed a dream」を歌うのか?たぶんそうだろう。
でも、それはいまいちありきたり。サプライズはないのか。
森進一とデュエットするとか。
逢いたくていま」を歌うのもいいぞ。
NHKよ、そういう粋な演出をしなさい。



◆◆◆ ひつじ屋年末年始営業のご案内 ◆◆◆
年末は12月28日(月)まで平常営業。
12月29日(火) 休み
    30日(水) 水曜限定カフェ『こーさんのうち』が営業します。
    31日(木) 休み
 1月 1日(金) 平常営業(8:30~18:00)
     2日(土)から5日(火)まで平常営業
     6日(水) 水曜限定カフェ『こーさんのうち』営業   
     7日(木) 休み
     8日(金) 期間限定カフェ『ロータスカフェ』開店

※以降1月26日(水)まで、水曜日は『こーさんのうち』、その他の曜日は『ロータスカフェ』が営業します。

※ひつじ屋は1月28日(金)営業再開予定です。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-25 16:14 | ひつじ屋のお友だち | Comments(4)

ガンディーと農村

a0034487_15303056.jpg
平安堂安曇野店で「ガンディーからの問い」(中島岳志・NHK出版・1365円)を買う。
ふだん、本はほとんどネットで買うのだけど、
たまに本屋さんに行くと、
出たことを知らなかった本が次々に目に入ってきてたのしい。

ガンディーは「農村」というものに、
象徴的に、祖国のあるべき姿を託します。
ガンディーにとって、農村とは、
人間が身の丈で、いろいろな実践をしながら、
互いに助け合って共生していく象徴でした。
というのも、彼は、西洋の機械文明みたいなものに
非常なる不信感を持っていたんですね。
面白いことに、彼は、
「農村の生活には四ヶ月間くらい
農作業をしなくていい時期がある、それが重要だ」
というようなことも言っています。
そういう余裕の中で、ものごとをじっくり考えて行動せよ、と。

このようなガンディーの主張の根拠となっているのは、
西洋文明の持っている「スピード」というものへの根本的な疑いです。
速さ信仰への懐疑。
ですから、彼は、「鉄道は要らない」とか、「輸入はだめだ」とか、
とにかく不自然な速さでものごとが動くことを批判するのです。
「近代は速すぎる」と言って、
スピードというものから身を落ちつけて、
周囲とじっくり関係をもっていくことにこだわりました。
これはまた、現代の「スローフード」とか
「スローライフ」とかいうムーブメントとつながるのではないかと、
僕は思います。
【「ガンディーからの問い」南直哉(みなみじきさい・福井県霊泉寺住職)との対談より】



安曇野には、「農」を志して移り住む若者がおおぜいいるけれど、

『人間が身の丈で、いろいろな実践をしながら、
互いに助け合って共生していく』


というようなことを目指しているひとが多いのではないか。
そう思います。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-24 15:49 | 本を読む | Comments(0)

古畑 忍 貼り絵展

a0034487_21453945.jpglarge
松本市在住の貼り絵アーチスト、古畑忍(ふるはたしのぶ)さんの個展開催中。

忍さんからのメッセージ

貼り絵を始めたのは、
『サムライ』という季刊誌の表紙絵を依頼された事がきっかけでした。

私の暮らす信州には、炭を焼いたり、野菜を作ったり、
自然の恵みに感謝しながら暮らす素晴らしい仲間がいます。
その彼らが、現場の思いを伝えたいと、
2006年から季刊誌を発行する事になりました。

季刊誌の絵をどう表現したらいいかと考えていた時に、
偶然韓国で買ってきた韓紙(ハンジ)が
机の後ろからふわっと、落ちてきました。
その時これだっと思い、見よう見まねで、貼り絵で作ってみた所、
周りの人から大変喜ばれました。

それから韓紙、和紙の暖かさに惹かれ、
伝統紙を使った形で表現していく
貼り絵のスタイルになりました。
また和紙を使うようになり、
和紙の産地を多く旅するようになりました。
日本にはなんと美しい伝統の文化が息づいているのだろうと、
気づかされました。

生産地によっては、後継者が少なく、
昔に比べて和紙を使う習慣が減ってきている現状がありました。
作品作りに伝統紙を使う事によって、
その国の文化に貢献できたらと考えています。
どうぞ、紙の暖かさを感じながら私の作品を、
ゆっくりご覧下さい。


韓紙の貼り絵からスタートし
和紙を取り入れるようになった頃から表現の幅がすごく広がり、
忍さんはアーチストとして飛躍されたのでは、と感じます。

ぼくが特に素晴らしいと思うのは、写真中央の2点。
炭焼き職人、原伸介さんの著書
「山の神さまに呼ばれて」(修行編・独立編の2冊)の
表紙絵として使われたものです。

古畑忍展は、来年1月5日までひつじ屋ギャラリーにて開催中。
どうぞおこしください。(12月29~31日は休業します)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-22 22:02 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(1)

a0034487_1726647.jpgpdfファイル
安曇野の仲間たちの忘年会です。
どなたでも参加できますよ。
おしゃべりと音楽、新しい出会い。

12月23日(水・祝)18:30~21:00
穂高虹の村陶苑(ジャンセン美術館西)
参加費1500円(飲み物の用意はありません。お好きなものをお持ちください)
★予約・問い合わせは チャクラムーン(宮本)まで。
TEL0261-62-0256 e-mail tamichant@gmail.com
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-20 17:33 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)

a0034487_1753084.jpg
けさ、穂高有明の自宅近くにて。
中央に有明山。美しい冬景色になりました。


a0034487_176120.jpg
東京から来たかわいい二人組。
防寒OK、温泉目ざして自転車でGO!
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-20 17:12 | 安曇野の風景 | Comments(0)