高遠の古本屋さん

a0034487_19361050.jpglarge
友人のよしかずと、高遠の古本屋さん「高遠長藤文庫(たかとお・おさふじぶんこ)」に行く。

a0034487_19362298.jpglarge
最近古本に凝っておりまして。

a0034487_19363857.jpglarge
長藤文庫は、杖突(つえつき)街道(国道152号線)沿いの山あいの集落にある。
かつて旅籠(はたご)だった建物を使っているらしい。
店内は、ゆったり広々、田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに来たような気持ち。
コーヒーを飲みながら、のんびりと本が読める。ぜいたくな本屋さんであることよ。

a0034487_19364813.jpglarge
本棚を見ていると、「自分の好きな本しか置かないもんね」
という心意気のようなものが伝わってきて、それが客にもうれしい。
目についた本の、その両隣にどんな本が並んでいるか、
店主のセンスと、腕の見せどころだろうと思います。
そこに豊かな「水脈」を見出すことができれば、世界はどんどん広がってゆく。
読書とは、なんと味わい豊かで、学びの多い愉しみになることだろう。

a0034487_1937165.jpglarge
赤瀬川原平の本が、こんなにたくさん。
この棚から、「千利休 無言の前衛」と、南伸坊の「モンガイカンの美術館」を買いました。

というわけで、本に囲まれて、のんびりとした時間をすごしてきました。
深煎りのコーヒーもとても美味しかった。
面白かったなー。

高遠長藤文庫 〒396-0305長野県伊那市高遠町長藤7053
TEL&FAX:0265-96-2677 e-mail: kaguradon@yahoo.co.jp
平日:午前11時~午後5時 土日祝:午前10時~午後6時
火曜・水曜定休


★高遠には、もう1軒、「本の家」という店があります。
こちらもステキな品揃えのカフェつき古本屋さん。
昔、一度は手に入れて、あちこちの古本屋に売り払った本がたくさん並んでいる。
「これはオレの本だろ」と何度もツッコミを入れたくなりました。
でも、そういう本屋さんが、きっと自分にとっての「良い」本屋なのだろう。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-06-27 19:40 | ひつじ屋日記 | Comments(2)

サッカー観戦

a0034487_2024346.jpglarge
松本市にある、アルウィンという名のスタジアムへサッカーを観に行く。
北信越リーグ、松本山雅(やまが)vsヴァリエンテ富山のゲーム。

生で観るのは楽しいですね。
試合は、ホームの山雅が8対0で大勝しました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-06-25 20:30 | ひつじ屋日記 | Comments(2)

Live at そば処ふじもり

a0034487_13424639.jpgpdfファイル
4月にひつじ屋でライヴを開いてくださった
竜馬さん(ヴァイオリン)率いるユニット「南風(なんぷう)」が
こんどは、友人のお蕎麦屋さん「ふじもり」にやってきます。

すばらしいハーモニーで楽しませてくれた3人に、
今回は、マリンバ奏者の林由香理さんも参加。
癒しの空間、ふじもりさんで
ますます充実したパフォーマンスがくりひろげられそうです。
たのしみ。

チラシイラストは、ご存知、『世界のイラストレーター』内川絢子(うちかわじゅんこ)。
心のこもったすてきなものに仕上げていただきました。
マネージャー(=ひつじ屋店主)も鼻が高いよ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-06-23 13:47 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)

毎日新聞で紹介される

a0034487_1565921.jpglarge

pdfファイル

毎日新聞で、ひつじ屋を紹介していただきました。

取材してくださったのは、松本支局長の高橋龍介さん。
長田ゼミ」が縁で知り合い、お茶を飲みに出かけてくれるようになったひと。

開店〈2003年)当時からのモロモロを聞かれ、たくさん話をしました。
あらためて、よく続けてこられたものだなー、と思います。

記事にも書かれていますが、
ひつじ屋はほんとうにおおぜいの方に助けられて、いまがあるのです。
みなさま、ありがとうございます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-06-11 15:00 | ひつじ屋日記 | Comments(12)

黒糖のチーズケーキ

a0034487_1524752.jpglarge
黒糖のチーズケーキを、メニューに加えました。
「世界のイラストレーター」内川絢子(うちかわじゅんこ)プロデュース、
メニューも、もちろん絢子作です。
先生(=内川絢子)は昔、粟国島で暮らしていたことがあるのです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-06-09 15:25 | ひつじ屋カフェ | Comments(2)

小久保隆司さんの花器

a0034487_14375994.jpglarge
ギャラリー・シュタイネさんで開かれている
小久保朝司・隆司さん兄弟の展示会を観に行く。
写真は、隆司さん作の花器です。ひとつ、買いました。
小久保さんの作品を見ていると、自分でもやってみたいな、と思う。

a0034487_14381044.jpglarge
「画僧・上野玄春回顧展」(梓川アカデミア館)にて。
友人の宮崎ますみさんと、お母さんに連れられてきた小さな男の子が、
会場に置かれた民族楽器を演奏している。

a0034487_14382119.jpg
ツタヤにDVDを借りに行ったら、
太宰治の文庫本が山積みになって売られていた。
今年は生誕100年で、出版社が盛り上げているらしい。
高校生の頃、黒っぽい表紙の新潮文庫で何冊も読んだなー。
久しぶりに読んでみるかと、あれこれ物色し、
結局、「人間失格ではない太宰治~爆笑問題太田光の11オシ」(新潮社・740円)を買う。
「魚服記」「駆込み訴え」など、太田光が選んだ11の短編作品が収められている。その他にもいろいろ。
今読むとどうなのかな太宰治。たのしみ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-06-09 14:49 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

a0034487_1212731.jpglarge
安曇野が誇る「世界の」イラストレーター
内川絢子(うちかわじゅんこ)、仕事中。
国道147号線沿いにある、ガソリンスタンド兼不動産屋さんの看板描き。

a0034487_1214476.jpg
ひつじ屋のテラスで、クライアントと打ち合わせ。
今年は仕事の依頼が次々に入り、イラストレーターとして大忙しの毎日です。

昨夜、じゅんちゃんの実家で晩ごはんをごちそうになりました。
彼女のお母さんは料理がチョー上手。
お父さんは彫刻家、というアートな家族です。

a0034487_1215873.jpg
今年もおおぜいのお客さまに
レンタサイクルをご利用いただいてます。
いつもありがとうございます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-06-02 12:38 | ひつじ屋日記 | Comments(2)