a0034487_21192657.jpglarge
今月13日に盛大におこなわれた北沢家の結婚式。
和也・可奈子夫婦のために結成された実行委員会の、「打ち上げ」がひらかれました。

a0034487_21343416.jpga0034487_21344981.jpg
いつもの仲間が、いつものように大騒ぎ。

a0034487_2134189.jpg
東京からの旅人、ヤスコちゃんによる「腹話術」。
「人形」を演じるのは、中村綾花ちゃん。
綾ちゃんは、11月14日より、ひつじ屋で「手編みのニット 帽子展」を開催します。

a0034487_21331750.jpg
サティの「ジムノぺディア」を弾きながら陶然(笑)となる増田望三郎(ますだぼうざぶろう)。※本名です
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-30 21:20 | ひつじ屋のお友だち | Comments(2)

ゴパール再び安曇野へ

a0034487_20132153.jpgpdfファイル

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-30 20:15 | ひつじ屋日記 | Comments(2)

a0034487_23245447.jpglarge
アルプス公園のラマを連れ、高ボッチ高原(塩尻市)へ散歩に行く。
よい天気で気持ちよかった。
水筒を忘れたので、ラマにお茶をやることができず、恨まれる。


頂上の写真① 諏訪湖をスッポリ一望、その向こうにうっすらと富士山が。

頂上の写真② 正面に美ヶ原が見える。

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-29 23:36 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

北アルプスの冠雪

a0034487_2273573.jpglarge
朝、満願寺へ水を汲みに行く途中。
分かりづらいかもしれませんが、奥に見える北アルプスの山が冠雪しました。

a0034487_227501.jpglarge
満願寺のイチョウの木。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-28 22:09 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_22525637.jpglarge
カレーうどんはじめました。
ひつじ屋の「カレーうどん親善大使」に任命された、千聡(ちさと)さんと良子(りょうこ)さんに
看板の前でポーズを取っていただきました。

ホントは、自転車を借りていただいただけなんですけど、こころよく写真を撮らせてくださいました。
千聡さん、良子さん、ありがとうございました。


a0034487_2253677.jpg
友人小川エリック(『自然療法センター 山の治療院』 主宰)、ひつじ屋で英会話の授業中。
アメリカから岩手県経由で安曇野にやってきたエリックは、
英語ぺらぺら、日本語もとてもじょうずです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-27 23:03 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

a0034487_18372978.jpg
友人の案内で、松本にあるたこ焼き屋さん、「ノマド」に行く。

この店はすばらしいよ。
いまだかつて、こんなにおいしいたこ焼きは食べたことありません。
たこ焼きが好きで、自分でも家庭用のたこ焼き器を買って作ったりしてたけど、
ノマドのたこ焼きを口に入れた瞬間、もうこれからはノマドで食べるからいいや、と思いました。
とろりとして、ダシが効いていて、上品な味わい。
食べ物のおいしさを表現するのはむずかしいですネ。

さらに。店のたたずまいも、内装もすばらしいぞ。
ここは、21世紀のたこ焼き屋である。
たとえるなら、なんというか、お酒を飲めるオシャレな居酒屋、みたいな。

うぅぅ、喩えが陳腐過ぎて、ノマドのご夫婦に、友人Uに、申し訳ない・・・。
とにかく、ステキ。行ってみれば分かる。そういえば、店を経営するご夫婦も、
ひと目見ただけで好感を持つような、明るくて礼儀正しいおふたりでした。

そうか、こうして書いてみると、
食べ物の味、店の雰囲気、経営者の仕事ぶり。
この3つが申し分無ければ、あと何が要るというのでしょうか。
要りませんね。完璧デス。スバラシイ。きっとトイレもきれいであろう。


ところで、ぼくとUはちょっと急いでいたもので、テイクアウト用を注文しました。
それで、出来上がりを待つ人のために、ベンチがあるのだけれど、
そこで、ワタクシ、Uがトイレに行っているあいだ、井上ひさしの本『子どもにつたえる日本国憲法』 を読みました。
たこ焼きを待ちながら、日本国憲法の勉強をしたのです。
たこ焼きができあがるのを待つことはよくあるけれど、
たこ焼きができあがるのを待ちながら日本国憲法の勉強をしたひとは、そうはいないであろう。

えーと、そんなわけで。
みなさん「ノマド」に行ってください。
土肥農園 の土肥さんも、お家の近くだから行ってね。
100個くらいは、かる~くイケルと思いますんで。

場所は、松本の「やまびこドーム」の近くです。
ひつじ屋からクルマで30分くらい。

こんどはカメラを持っていって、写真入りで紹介しまーす。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-26 18:57 | ぼくの好きな店 | Comments(2)

a0034487_18175584.jpglarge
休日の水曜日。
きょうは、紅葉と温泉を楽しむことにしました。
まずは、池田町の大峰高原へ。
a0034487_1820862.jpglarge
大峰高原にある、有名なカエデの木。
おおぜいのひとが見物に来ていました。
a0034487_18221660.jpglarge
ぐるっとひと回りすると、
見る角度によって色の付き方もちがっていて、楽しめます。

a0034487_1829239.jpglarge
つぎに、陶房白露(はくろ)さんへ。
小久保朝司(あさじ)・隆司(たかじ)さん兄弟がひらく陶芸工房。
北アルプスを一望する、山の中腹に建つ。
ここから見ると、燕岳(つばくろだけ)が、有明山の右手に見える。
そういう風に見える場所があるのだと、はじめて知った。
それにしてもすばらしい眺め。少々霞んでおりますがね。
写真にうつっているのは、お兄さんの朝司さんです。

a0034487_18352024.jpglarge
入口に立つ看板。
白い「雲」のようなオブジェは、安曇野では有名なモノ。弟の隆司さんの作品。
ひつじ屋にも、ほしいなぁ。

a0034487_18374441.jpglarge
隆司さん。少年のような、オジサン。

a0034487_18392442.jpga0034487_18393423.jpg
窯を見ていたら、ぼくもやってみたくなりました。
小久保さんが先生なら、楽しく学べそう。きっと面白いだろうなぁ。

a0034487_184099.jpglarge



午後は中房温泉に行きました。
a0034487_2042635.jpglarge
「日本の秘湯」中房温泉は、ひつじ屋からクルマで30分ほどのところにあります。

a0034487_20421993.jpglarge
ちょうど紅葉が見ごろで、美しい眺めを楽しみながら、ひつじ屋軽トラを走らせます。
5年ほど前、友人のO谷くんと、自転車で中房温泉まで行ったことがあります。
といっても、この山道は、かなりの勾配があるので、
われわれは長いこと自転車を押して歩きました。
楽しかったからいいんだけど、自転車で行くのは、なかなかタイヘンです。

a0034487_20423370.jpglarge
ギャーーーッ。

a0034487_2114395.jpglarge
ここが中房温泉の日帰り湯です。
写真右手、板塀の向こう側に「女湯」があります。
そちらのほうに近づいてみると・・・・・、いやいや、近づいてないから。

それにしても、このまったり、とろーんとしたお湯は、何でしょうか。
硫黄の匂いも、低めの温度も心地よく、癒しの時間をすごしました。スバラシイ温泉じゃぁーーーっ。
こんな山奥のステキな温泉に、クルマに乗って30分程で来ることができるとは。
安曇野市民のみなさん、とってもオススメです。
温泉も「地産地消」でいきましょう!

a0034487_20424744.jpglarge
温泉入口のまえにポストがありました。
そうだ、ここでラマに手紙を書こうと思い、葉書を取り出しました。
しかし、切手までは用意しておらず、受付の人に聞いたら、売ってないとのこと。
ざんねん。切手、売ってたらよかったなぁ。
ここで手紙を書いたら、ここで出したいものねぇ。ポストあるんだし。
(結局、この温泉の少し下にある「有明荘」さんで、切手を買うことができました。ラッキー)


a0034487_20425932.jpglarge
帰り道、自宅近くより、有明山の眺め。


このあと、夜は、塩尻市吉田の公民館で開かれた「人権学習会」に出席。
お目当ては、友人横田ゆうわのインド舞踊。
この日の彼女、気合入りまくりのすばらしい踊りで、
100人近くいたと思われるオジチャン・オバチャンたちは、
あまりの迫力に圧倒され、全員ステージに釘付け状態。
最後は万雷の拍手、公民館はお香の香りと相まって、かなりインド化しておりました。
いや、すごかったなぁ、ゆうわちゃん。
興奮していて、写真撮るのも忘れたわ・・・。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-23 21:09 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

ふじもりフリマ

a0034487_17393850.jpglarge
友人のそば処ふじもり さんで開かれた「フリマサロン」。
ひつじ屋はアルバイトのちいちゃんにおまかせして、見学に行きました。
お客さんがたくさんいて、びっくり!
藤森さんの人柄が、こういうときにおおぜいの人を集めるんだろうなぁ、と感心しきり。

a0034487_17394843.jpglarge

安曇野地球宿の増田望三郎
さんも出店していました。


a0034487_17395919.jpglarge
ぼくが欲しかったのは、これ。
かとうさんが出したストーブ。3万円。
残念ながら、ちょっと手が出ません。でも、いいなぁ、これ。

a0034487_1010753.jpglarge
この日の様子が新聞に紹介されました。【10月22日付市民タイムス】
最近お知り合いになった、松本のパン屋さん「フォルコーン」のモリモトさんと、
“世界のイラストレーター”内川絢子(うちかわじょんこ)が写っています。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-23 17:46 | ひつじ屋のお友だち | Comments(2)

エプロン展はじまる

a0034487_327393.jpg
「働く女のエプロン展」がはじまりました。
初日は、8時30分開店と同時に、恒例、菊地みゆきファンが殺到(ちょっと大げさ)し、
店内がたいへん混雑しました。

a0034487_3271241.jpg
見にきてくださるお客さまは、若い女性が圧倒的に多いです。
作家つながりの来店も多く、この写真のなかには、
足袋と染色と陶芸の作家がいらっしゃいます。

エプロン展は、30日まで。ご来店をおまちしております。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-22 03:41 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

a0034487_12515818.jpglarge
友人夫婦が経営する「そば処 ふじもり」さんで、
明日(21日)の火曜日、フリーマーケットがひらかれます。
カトウさん、池内さん(池内建築図案室)など、安曇野のオシャレな方々が出店されるというので、
どんなフリマになるのか興味津々、都合をつけて、ぜひ顔を出したいと思います。

そば処ふじもり
安曇野市穂高有明3067-2
(山麓線沿い「アザレアギャラリー」北にある店看板を東へ入る。ひつじ屋より自転車で30分)
TEL&FAX 0263-83-7588
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-10-20 12:54 | ひつじ屋のお友だち | Comments(2)