寒い一日でした

a0034487_23304791.jpglarge
これは、地元紙『市民タイムス』に載った、けさの天気欄です。
雪だるまのマークがこんなに並ぶのはめずらしい。
日中雨だったのが、夕方から雪に変わりました。


a0034487_23305938.jpglarge
この写真は、きのう(29日)の朝、
安曇野市穂高有明にて。中央の富士山みたいな山が『有明山』。
いかにも寒そうでしょ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-30 23:38 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

アルプちゃんデビュー

a0034487_2318384.jpg
キャンドルナイトがおこなわれた松本市美術館にて。

a0034487_23182582.jpga0034487_23183947.jpga0034487_23185211.jpg

a0034487_23191772.jpga0034487_23193069.jpga0034487_23194399.jpg
きょう、ここで「アルプちゃんデビュー」を果たしました。
アルプちゃんは、松本市制100周年を記念して、北アルプスの山からやってきた妖精です。

子どものころ、横浜山下公園の氷川丸で、『着替えをするウルトラセブン』を心ならずも見て以来、
いつか自分もウルトラセブンに、(ていうか・・・)と、夢見ていました。

この年になって、念願をかなえることができ、うれしいです。
まさに、「人生はチョコレートの箱」ですね。

調子に乗って、大晦日の「二年参り&カウントダウンアルプちゃん」も引き受けてしまいました。
場所は、松本城北側にある、松本神社。みなさまどうぞおこしください。

a0034487_232063.jpg

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-25 23:23 | ひつじ屋日記 | Comments(2)

a0034487_1337336.jpga0034487_13375455.jpga0034487_1338669.jpg
十色屋さんへ、クリスマス企画展を観に行きました。
オーナーの菊地さんご夫妻と、親しい作家たちの作品を集めて開かれています。

a0034487_13382017.jpg
これを買いました。菊地みゆき作、アボガドの形をした陶器です。

a0034487_13383718.jpg
「ふた」を取ると、こんなふうに。
ひつじ屋のカウンターに飾りました。オシャレでしょう?

『十色屋のクリスマス』展は、25日まで開催中。
・・・って、もう明日で終わりです。(スミマセン)
まだ行ってないひとは、明日行きましょうね。

※十色屋さんは、ふだん火曜日定休ですが、
今週は25日(火)営業、26日(水)振替休業となります。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-24 15:23 | ひつじ屋のお友だち | Comments(1)

a0034487_14543069.jpg
「スミレ研究所所長」金井三和さんの個展『12月の贈りもの』を見に行く。
場所は、松本のガルガさん。
松本駅前通り、松本市民芸術館の横の道を入っていったところ。
蔵を改造した店の、2階がギャラリーになっている。(1階はぼくのお気に入りのカフェ)

a0034487_14544733.jpga0034487_14545870.jpga0034487_14551142.jpg
a0034487_14552368.jpga0034487_14553684.jpga0034487_14554948.jpg
初めて見る「絵」がとてもよかった。
ぼくは、陶芸の作家として彼女のことを知ったのだけれど、
もともとイラストレーターとしてスタートしたのだそうだ。

彼女の作品は、陶器も絵も、素朴で、さりげない。
「素朴」には、中身が詰まっている感じ、も含まれる、と最近読んだ本に書かれていた。
そうだ、三和さんの作品を見ると、たしかに中身が詰まっていると感じる。
でもそれがあふれ出してはこない。「さりげない」のである。そこがすき。

a0034487_1456035.jpg
「植木鉢」を一つ買い、店のカウンターに置く。
中に入っているのは「ヒメトクサ」の苔玉。苔玉は カレン さんの作品です。

ガルガ
〒390-0815松本市深志3-10-26
TEL&FAX0263-39-5556 営業時間11:00~20:00 毎週火曜+第1・3月曜定休 駐車場2台
★金井三和展『12月の贈りもの』は12月29日(土)までです。



a0034487_14585786.jpg
中学三年生の息子と数学の勉強中。
今月から、なるべく早く家に帰るようにして、1時間ほどつきあっている。
ふだん家で勉強などまったくしないけれど、
誘ったら素直に乗ってきた。そこが彼の良いところ。

a0034487_1873221.jpg
夏の大人気メニュー「土肥農園のすいかジュース」の看板は、彼の作品です。(夏、土肥さん夫妻といっしょに)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-22 15:19 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)

a0034487_1616495.jpglarge
今年5回目となる『ひつじ屋シネマサロン』の日。
きょうの作品は、成瀬巳喜男監督の「稲妻」。

たくさんの人に支えていただいて
無事に回を重ねてくることができました。

映画を上映してくださった河崎義祐さん(元東宝監督)をはじめ、
ボランティアで運営にたずさわってくださったみなさん、
シネマサロンに足を運んでくださったみなさんに、
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
ほんとうにありがとうございます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-16 16:17 | ひつじ屋イベント | Comments(0)

朝の風景

a0034487_17204015.jpglarge
早朝、安曇野市豊科にて。

市民タイムスの赤羽康男さん。
連載中の「臼井吉見の『安曇野』を歩く」が、年内に完結する。
実に5年越しの大長編である。
来年の新しい連載についての計画を、ちょっぴり聞かせてもらう。

穂高養生園の弥生さん。
今シーズンの営業が終わり、少々のんびり気分。
1年間おつかれさまでした。
冬の過ごし方について雑談。今年は運転免許を取りますか?

常連のお客さんに会うと、なんとなく来年の話になる。
今年もそういう日にちになったわけで。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-10 17:31 | 安曇野の風景 | Comments(0)

日本酒試飲会

a0034487_1659485.jpglarge
穂高駅前に屋台出現?

冬空の下、テラスを「屋台」に仕立て、
地元酒蔵の新酒試飲会をひらきました。

a0034487_1762493.jpga0034487_176371.jpga0034487_1764979.jpg
a0034487_177117.jpga0034487_1771415.jpga0034487_1772532.jpg
a0034487_1773651.jpga0034487_1775018.jpga0034487_178314.jpg
写真から楽しかった雰囲気が伝わっているでしょうか。
ホントに楽しかったんだよー。

いつもはおしとやかな常連のお嬢様(?)方も、
すっかり上機嫌で弾けておられました。
その少々酔いの回った、ろれつのあやしい笑顔の、ステキだったこと!
(「ひつりやさんひつりやさん」と呼ばれました)

酒蔵の杜氏の方も駆けつけてくださり、
新酒が出来上がるまでの喜びや苦労を聴きながら、
たくさんの種類の新酒を楽しみました。

メインディッシュは、おでん。
最近穂高に引っ越してこられた宮嶋さんご夫妻が担当してくださいました。
宮嶋さん、ありがとうございました。

そして、主役は、大町の横川商店
店主の横川仁さんと、スタッフの呑ん子さんです。
先月のワイン試飲会につづき、なにからなにまで面倒を見ていただきました。
ありがとうございました。そして、おつかれさまでした。

参加してくださったキョウコさん。
「きょう集まった人たちに『可能性』のようなものを感じました。ありがとう」
そうおっしゃって、握手を求められました。
キョウコさんの言葉が、そして握手を求められたことが、とてもうれしかったです。
ありがとうございました。

「毎週やりや」(一部方言)とのお言葉を、何人もの方からいただきました。
はいわかりました、ともなかなかいきませんが、
この屋台の楽しい雰囲気を、言葉に代えてくださったのだと思います。
参加してくださったみなさま、楽しく幸せな時間を、ほんとうにありがとうございました。
またやりましょうねー。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-09 17:01 | ひつじ屋イベント | Comments(5)

12月になりました

a0034487_1832284.jpglarge
12月になりました。
ここさいきん、安曇野は穏やかな天気が続いています。
冬のあいだは休みになる宿や美術館もあり、
これからすこしずつ静かになっていくところです。

写真は、安曇野市穂高有明からのながめ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-02 18:33 | 安曇野の風景 | Comments(2)

アルプちゃんの仕事

a0034487_1946302.jpg
ちえみさん(友人の写真家なおこさんの友人)から
アルプちゃんの仕事についての連絡メールが届く。

アルプちゃんは、松本市が市制施行100周年記念事業の際に選出したマスコットキャラクターである。
ウィキペディアでアルプちゃんを調べると、『アルプちゃんの秘密』が載っている。

1.アルプちゃんは北アルプスの妖精である。だから男でも女でもない。
2.アルプスができたころからいるので、年齢はアルプちゃんもわからない。
3.妖精なので、アルプちゃんには人間は入っていない。
4.食べ物は、梓川のりんご、山辺のぶどう、そばが好き。好き嫌いはない。

などなど。

ところで、ぼくは何をするのかって?それはヒミツだに。
12月23日(日)の夕方、松本市美術館に行きます。
「出番」は、19:00ころらしい。

この日、美術館は17:00~21:00キャンドルナイト、
17:30~19:00にはピアノコンサート(無料)が予定されています。
どうぞおこしくださいませ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-01 19:49 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

カフェ早川義夫 第3夜

a0034487_17544289.jpgpdfファイル

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-12-01 17:55 | ひつじ屋イベント | Comments(0)