久しぶりに雨

a0034487_23245519.jpglarge
きょうは久しぶりの雨模様。
世の中にこういう天気があることを
忘れかけていましたよ。

a0034487_2326506.jpglarge
霧に煙る水車小屋。25日の朝。

a0034487_2327418.jpglarge
「夜の美術館」に出かけた『安曇野ジャンセン美術館』。
安曇野周辺の美術館(九館)が、開館時間を延長して来館者を迎える試み。

a0034487_23271656.jpglarge
神奈川県川崎市からのお客さま。
‘絵になる’ふたりです。

a0034487_23272816.jpglarge
夕焼け空の穂高駅前。26日。

a0034487_23274023.jpglarge
土肥農園 からやってきた「すいか三兄弟」。左から、長男・次男・三男。(推定)
今シーズン最後の仕入れです。大好評のすいかジュースは、あと少しで終了。
飲んでくださったみなさま、ありがとうございます。

a0034487_23275419.jpg
最近よくかけているCD。「SINGER SONGER/ばらいろポップ」。
いいなぁ、cocco。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-28 23:31 | 安曇野の風景 | Comments(0)

きのうだけ涼しかったよ

a0034487_2132329.jpglarge
昨日(23日)、安曇野市穂高の最高気温は26.8度。
久しぶりの過ごしやすい一日でした。

きょうはまた、日中暑くなりましたが、
それでも朝晩はすっきりと涼しくて
気持ちよく眠れるようになりましたよ。

写真は、きのうレンタサイクルを利用してくださったお客さまです。
『さわやか信州』なサイクリング日和でしたねー。

a0034487_21324258.jpglarge
最近開通した「アルプス大橋」。
安曇野市と松本市を結ぶ。
この右手に自転車と歩行者用の橋があり、
数年前、ひつじ屋「筆頭株主」のO谷くんと
よくその橋を渡ってサイクリングに出かけた。
いま、クルマでここを渡ることが、ちょっとした驚きです。

a0034487_21325386.jpglarge
安曇野市穂高有明にて。
ペンション「ハーヴェスト」さんの近く。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-24 21:34 | ひつじ屋のお客さま | Comments(4)

秋の匂い

a0034487_22495024.jpglarge
お盆休みが終わり、忙しさも一段落。


a0034487_2250995.jpglarge
ふと気がつけば、稲穂は頭を垂れ始めています。

厳しい暑さが続いていても、
そこかしこに秋の匂いを感じるようになりました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-21 22:51 | 安曇野の風景 | Comments(2)

a0034487_18454030.jpglarge
朝早く、自転車を配達した
安曇野パストラルユースホステル からの眺め。
田んぼの「だんだん」加減が美しい。
遠くに、北アルプス牧場(赤い屋根)と
安曇野アートヒルズミュージアム(白い建物)が見えます。

梅雨が明けてから、雨が一度でも降ったかしら
と思います。ほんとに、降ったっけ?


a0034487_18582256.jpglarge
さいきん、ひつじ屋カフェでよくかけるCD。アン・サリーの『こころうた』。
知り合いのカトウさんのお宅におじゃましたときに、
彼女のアルバムを聴かせてもらい、アン・サリーという人を知りました。
アルバイトのみなさんも「良い」と申しております。

a0034487_19112850.jpglarge
こちらもよくかける。Cocco『きらきら』。
Coccoという女性のことを最近知りました。
このCDを聴くと、なんだか元気になるんだよねー。
さいきん暑いし忙しいし、そういう音楽が必要だに。


a0034487_2041318.jpglarge
こちらは、閉店後にかけるCD。早川義夫『ひまわりの花』。
3曲目「風月堂」は、アーチスト集団『ひつじ屋アートカフェ』のテーマ曲。
穂高東中学校のM森先生とカラオケに行くと、
ふたりで交互に早川義夫を歌うのです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-18 18:46 | 安曇野の風景 | Comments(0)

土肥農園の土肥さん夫妻

きょうも暑かったに。

a0034487_22174348.jpg
ひつじ屋の息子が作っていた
すいかジュースの看板が完成しました。

ちょうど、土肥農園の土肥さん夫妻が
遊びにきてくれたので
看板を囲んで記念撮影をしました。

a0034487_18363757.jpglarge
作者サイン入り。


★昨年の夏に紹介した土肥農園のすいか畑をご覧ください。

★土肥さんちの西瓜が、いかにおいしいか、nonkoさんのブログ呑ん子の放浪記 を読むと、よーくわかります。



a0034487_2218452.jpg
北アルプス縦走に出かけたゆかりさん(ひつじ屋手伝い)が送ってくれた写真。
黒部五郎岳。美しい山。美しい、夏の青空。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-17 22:19 | ひつじ屋のお友だち | Comments(8)

a0034487_22541212.jpglarge
毎日お暑うございます。

安曇野地球宿 の増田ファミリーが遊びに来てくれました。

大正時代に建てられた築80年の民家を、
増田ファミリーと仲間たちの力で改修した地球宿。
増田さんと、彼らを支える大勢の人たちの
ぎっしりと夢が詰まった宿です。

a0034487_22543494.jpglarge
店を手伝う、ひつじ屋の息子。
「小学4年生の女の子」に間違えられますが、実は中3男子です。

a0034487_22544453.jpglarge
アルバイトのお姉さまたちと記念撮影。

a0034487_2255735.jpg
その息子が、すいかジュースの看板を制作中。

a0034487_22551826.jpg
ジュースの「ジ」の濁点が、すいかの種になっている。

a0034487_22553193.jpg
だいぶ出来上がってきました。

a0034487_22554655.jpg
すいかの絵も上手。(親バカ?)

a0034487_22555686.jpglarge
きのう 土肥農園 から仕入れたすいかに、エリザベス(from銀魂) の顔を描く。

a0034487_2256818.jpga0034487_22561965.jpga0034487_22563021.jpg
あとは、土肥農園の文字を入れれば出来上がりだに。

a0034487_22565552.jpg
しかし、これがなかなか難しいだに。
苦労して、マスキングテープを貼る。
明日、土肥さん夫婦がひつじ屋に見えるようなので、
それまでに完成させて取り付けたいと、父は思うのであった。

a0034487_2257796.jpg
安曇野おぐらやま農場 の松村暁生さん(安曇野のボブ・ディランと呼ばれる‘歌手’でもある。ステキ)が、桃を届けてくれる。
次の新メニューは、桃のフレッシュジュースです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-16 22:57 | ひつじ屋のお友だち | Comments(4)

a0034487_222294.jpglarge
イラストレーター中武ひでみつさん(アトリエ扉)の
個展「夏の寄り道」が始まりました。
写真は、地元紙『市民タイムス』記者の
取材を受ける中武さんです。

大阪出身の中武さんが話す
のんびりと優しい大阪弁が、ぼくは好き。
中武さんの絵も、ええなぁ。

初日から、たくさんのファンが
ひつじ屋を尋ねてくださいました。
ありがとうございます。

中武さんは、しょっちゅう店に顔を出してくれるので、
運が良ければ、会って話をすることができますよ。
会期中、店内でかけるCDを、1枚持ってきてくれるように
中武さんにお願いしました。
いったいどんなCDがかかるのか、それもお楽しみに。

ところで、彼らが飲んでいるのは
ひつじ屋カフェ夏の人気メニュー「すいかのフレッシュジュース」です。

a0034487_2221489.jpglarge
安曇野市の隣、波田町に住む友人のスイカ農家
土肥さん(土肥農園)の育てたスイカを使って作ります。
仕入れたばかりのスイカを抱える、アルバイトのエグチさんです。重そうですね。(軽そう?)

すいかジュースは、すばらしく評判が良くて
飲む人みんなが「おいしいおいしい」と言ってくださいます。ありがとうございます。

a0034487_2222844.jpglarge
夕暮れ時の安曇野。
北安曇郡松川村にて。

a0034487_2223850.jpglarge
ひつじ屋アートカフェの集まりにて。さんしんを弾いているのは、ひつじ屋アートカフェのメンバー、石山正倫さんです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-12 02:25 | ひつじ屋のお友だち | Comments(3)

a0034487_019548.jpg
朝、自転車の配達に出かけたら、
途中で気球が見えたので、現場に行ってみました。

a0034487_0202121.jpga0034487_0204819.jpg
安曇野汽船 の宮原さんが、気球に乗せてくれるというので
ありがたく体験させてもらうことに。

a0034487_0211852.jpga0034487_0212936.jpg
すばらしい青空の下、
安曇野の田園風景がとてもきれいに見えました。

a0034487_0214777.jpglarge
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-11 00:24 | 安曇野の風景 | Comments(1)

a0034487_23253349.jpglarge
きょうが今年いちばんの暑さだったのではないかと思いました。
夏の真っ只中にいることを実感します。
ひつじ屋カフェでは、かき氷とアイスクリームがたくさん売れました。ありがとうございます。

写真は、広域農道から山麓線に抜ける道。
両側に続く木立ちが日差しを遮り、
サイクリングにうってつけの道です。

a0034487_23254430.jpg
その道の途中にある、こじんまりとオシャレな宿「オーベルジュ・ノワール」さんに、
レンタサイクルの配達に出かけました。
予約してくださったのは、姫路からいらっしゃったお客さま。
このあと1日たっぷりとサイクリングを楽しまれたようです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-08 23:27 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_2322168.jpglarge
暑い日が続いています。
観光客、登山客が増え、ひつじ屋も忙しくなってまいりました。
今月いっぱい、休みなしで働きます。
みなさまのお越しをおまちしてます。

きょうは、市内のパン屋さんで働いている由香理さんが
休日を利用してひつじ屋を手伝ってくださいました。
ひつじ屋は、おおぜいのこうした人たちの応援に支えられています。
ほんとうにありがたいことです。


日曜日に店を手伝ってくれた息子(次男・中3)が、
カフェのテラスでカエルを撮りました。

1日のバイト代を手にした彼は
帰り道に本屋に寄り、「銀魂(ぎんたま)」を買えるだけ買ったらしい。
「ぎ」は「き」じゃないよ、まちがえないでね。


明日(8日)は 「スイカのフレッシュジュース」が、ひつじ屋カフェのメニューに登場予定。
あまりの美味しさに、絶句してください。そして、土肥農園 にスイカの注文をしましょう。

そういえば、「豆かん」もそろそろのはずだが・・・。


ひつじ屋ホームページへ
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-08-07 23:23 | ひつじ屋日記 | Comments(4)