a0034487_22273742.jpg
朝、お客さんの荷物を預かるため
安曇野パストラルユースホステルに行きました。
写真は、ユースホステルの北側に広がる麦畑。
その向こうに、安曇平を見渡す眺めが美しい。

ところで、
UFOが写っているんですけど
わかりますか?
わからない方は、『写真を大きくして見る』 をクリック。

円盤型か葉巻型か、意見の分かれるところですが
そもそも安曇野に何しに来たのか。
観光?それとも仕事?


a0034487_2230187.jpg
写真を大きくして見る



ひつじ屋ホームページ
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-31 22:33 | 安曇野の風景 | Comments(8)

a0034487_2141898.jpg
埼玉からのお客さま、アカリさんとユミさん。

自転車を信濃松川駅まで配達しました。
ここは、安曇野ちひろ美術館の最寄り駅。
そのため、「配達」や「乗り捨て」先として
この駅を指定されるお客さんが多いのです。

ちひろ美術館まで自転車で10分ほど。
のどかな田園風景を眺めながら
サイクリングを楽しむことができます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-30 21:41 | ひつじ屋のお客さま | Comments(4)

はい、ビーム。

a0034487_2130552.jpg
東京世田谷「ゆかいな三人組」のみなさん。
某雑誌の取材で訪れた穂高養生園を気に入って
こんどはプライベートで来よう、と計画したそうです。

今回は『ひつじ屋カフェ改装記念撮影』ということで
出来上がったばかりの棚の前で
特別にポーズをとっていただきました。
ありがとうございます。また遊びに来てね~。


a0034487_21301438.jpg
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-29 21:30 | ひつじ屋のお客さま | Comments(3)

ひとまず無事終了

a0034487_188351.jpg
写真を大きくして見る

5月25日(木)
ひつじ屋カフェ改装工事は、
夜10時近くになって、ようやくひと区切り。
残りの工事は来週の木曜日に、ということで
ひとまず無事終了しました。
片桐さん、関さん(ひつじ屋“会長”)
おそくまでおつかれさまでした。

カウンターの位置を移し、
そのうしろに、お客さんの荷物を入れるための棚をつくりました。
すっきりとして、少し広くなったように感じます。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-28 18:09 | ひつじ屋カフェ | Comments(2)

第2期改装工事

a0034487_20232338.jpg
ひつじ屋カフェ改装中。
今回のテーマは、
「お客さんから預った荷物を収納するスペースをつくる」こと、
それと、「キッチン付近の使い勝手を良くする」こと、
このふたつ。

きょうとあすの2日間
昨年もお世話になった、きぎ工房の片桐武夫氏に
手取り足取り(?)の指導を受けながら、
「不器用系」店主も改装工事にハゲミマス。

写真は24日夜撮影。
向こうの壁に荷物棚を作ります。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-27 20:23 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

穂高有明の夕暮れ時

a0034487_2262540.jpg
写真を大きくして見る

旅番組「いい旅夢気分」のロケで、秋野太作さんと娘さんがひつじ屋来店。
来週か再来週にオンエアされるようなので、よかったら観てくださいね。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-22 22:15 | 安曇野の風景 | Comments(0)

土砂降りの雨

a0034487_16331587.jpg
朝は雨もあがって、良い天気になりそうな感じだったのです。

写真は「山麓線」ぞいの『アザレアギャラリー』さん。
最近『ひつじ屋クーポン券』に仲間入りしていただきました。
ひつじ屋で自転車を借りると、もれなくもらえるクーポン券。
アザレアギャラリーさんでは、「飲み物全品50円引き」のサービスが受けられます。


a0034487_16333561.jpg
こちらは、自転車の配達に出かけた別荘地にて。雨にぬれて、緑が鮮やか。


a0034487_16334775.jpg
お昼ごろから、空がみるみる曇ってきて、黒く怪しい雰囲気に。
そのうち雷鳴と共に土砂降りの雨が降り出しました。
いや、ほんとに土砂降りでしたよ。すごかった。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-20 17:11 | 安曇野の風景 | Comments(0)

a0034487_22473134.jpg

珪藻土を塗った店内の壁を利用して、
この春、小さなギャラリーを始めることになった。
その「ひつじ屋ギャラリー」で、
ゴールデンウイークがはじまる4月29日から
このあいだの日曜日(14日)まで
『べっきしょうこの みちくさしてっ展』を開いた。

べっきさんが初めてひつじ屋にやって来たのは
ちょうど2年前のこと。
ユースホステルに宿泊しながら
自転車に乗っての安曇野観光だった。

そして、おなじ年の秋、再び訪れた安曇野で
彼女は「落ち葉」に出会ったらしい。
その葉っぱをコラージュした
彼女からの絵はがきが届くようになって、
それがとてもきれいで、気に入って
すごいなぁ、才能あるんだなぁ、と
はがきが届くたびに、うちの奥さんと感心していた。

社会人だったべっきさんは、
いつの間にか京都造形芸術大学の学生さんになっていた。
仕事を続けながら、美術の勉強をはじめたのだ。
まもなく、二科展ポストカードデザインコンテストで「準大賞」を受賞、
自由な発想と創作意欲は、日々を経るごとに
ますますさかんに豊かになっているようで、
落ち葉が織りなす、おしゃれ・不思議・楽しい
そんなべっきさんの世界が
どんどん広がっているようで、
たのもしく、そしてうれしく思っていた。

去年の冬、ひつじ屋でギャラリーができるかな、
やってみようかなと考え始めたときに
そんな彼女のことを、さいしょに思い出した。
うちで個展を開いてみませんか、とメールしてみたら
すぐに了解の返事をくれた。

それから、何度もメールのやり取りをして
すこしずつ計画をすすめていった。
個展はゴールデンウイークにやりましょう、と決まったので
安曇野を訪れる観光客が多いのは予測できた。
でも、地元の方にもたくさん見に来てほしかった。
彼女の作品は、安曇野できっと受け入れられると思ったし
この地に点在するたくさんの美術館や工房、ギャラリーの方に
べっきさんの存在を知ってほしかった。

そこで、彼女にDM用のハガキや封書を作ってもらい
地元マスコミをはじめ、
ひつじ屋が日ごろお世話になっている方たちに
案内の手紙を出すことにした。

ギャラリーの○○さんはきっと見に来てくれるゾ、
あの記者さんは取材してくれるかな、
と相手の顔を思い浮かべながら、
毎日すこしずつ宛名を書き、投函していった。

当のべっきさんも、展覧会が始まる前日に安曇野に着き
できるだけたくさんの店を、挨拶に回ることになった。

そんな感じで、いろいろ準備をしながら
『みちくさしてっ展』の初日を迎えたのだった。

ゴールデンウイークは、ひつじ屋始まって以来の忙しさで
正直言って、ギャラリーの心配をすることがあまりできなかった。
でも、自転車を借りてくれた人、
カフェを利用してくれた人が目をとめ、
彼女の作品を楽しみ、
備え付けのノートに感想を書き込んでくれているのがよくわかった。

また、案内を出してあった新聞社の記者が取材に訪れ
記事を書いてくれた。
地元のギャラリーや工房のオーナー、
美術館の学芸員の人などが、何人も見に来てくれた。
日が経つにつれ、新聞記事を読んだ地元の方が
来てくれるようにもなった。

そして、彼女の作品はいくつも買ってもらえることになり、
「売約済」のシールが貼られていった。
そのシールが、
たくさんのひとが彼女の世界に魅了された証に思えて
うれしく、誇らしかった。

写真は、展覧会終了近くにふたたび安曇野を訪れた
べっきさんと彼女のおかあさんです。
おふたりとも、おつかれさまでした。
また安曇野でお会いできるといいです。
それまでお元気で。ありがとうございました。


展覧会が終わり、ひつじ屋ギャラリーの壁は
のっぺらぼうの、妙にさみしくて
むやみに白い壁になってしまったような気がします。
つぎは誰のところにお願いに行けばよいか
これからじっくり考えます。


↓べっきさんが紹介された『タウン情報』の記事
a0034487_2375183.jpg
画像を大きくして見る
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-17 22:47 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(4)

a0034487_22123331.jpg
写真を大きくして見る

みんな、いい笑顔です。

連休が明けてから、修学旅行の中学生・高校生が
たくさんやってくるようになりました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-16 22:15 | ひつじ屋のお客さま | Comments(1)

碌山美術館

a0034487_21503955.jpg
写真を大きくして見る

新緑が眩しい、碌山美術館。
ここも、いまがとっても美しい季節です。



ひつじ屋ホームページ
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2006-05-15 21:54 | 安曇野の風景 | Comments(4)