カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

a0034487_1933633.jpga0034487_19331831.jpga0034487_19333044.jpg
「山麓線」沿い「お宿なごみ野」さんより少し北から、東側にでこぼこ道を下りたところ。
きょうは11月最後の日。それにしてはずいぶん暖かいなぁ。
朝、開店前に歩いていても、ぜんぜん平気。(拡大写真を入れてみました)

a0034487_19334217.jpga0034487_19335244.jpga0034487_1934181.jpg
落ち葉を気にしながら歩いていたのだけれど、きょうはいまひとつ面白みに欠ける。
きっと、場所によっていろいろなのだろう。人生いろいろ、落ち葉もいろいろである・・・・
などと小泉首相のようなことを言ってみる。 つまらない。

a0034487_19341024.jpga0034487_19342567.jpga0034487_19343520.jpg
店に戻る前に、「カフェ・ジャルダン」さんに寄り、サンドイッチを買う。
ここは朝8時開店、夏場なら7時にオープンする便利なカフェ。
ひつじ屋のレンタサイクルは、朝7時から借りられるようになっている(要予約)のだけど
朝早く、山麓線に向かって自転車を走らせたら、ジャルダンさんに行けばひと休みできます。

カフェ・ジャルダン 
安曇野市穂高有明2189-3(山麓線沿い ひつじ屋より自転車で30分)
℡0263-83-6209 営業時間8:00~16:00 木曜定休
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-30 19:35 | 安曇野の風景 | Comments(0)

中房線

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

a0034487_2173874.jpga0034487_2174715.jpg
午前中、「穂高養生園」さんへ自転車の配達に行く。
写真はその途中、中房温泉に続く「中房線」にて。
昨夜からきょうの昼頃まで、雨が降りつづきました。

a0034487_2175791.jpg
午後には雲が切れ、再び出かけた穂高養生園さんへの途中で
有明山がよく見えました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-29 21:08 | 安曇野の風景 | Comments(0)

工房らっくりのテーブル

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

a0034487_15302966.jpga0034487_15304086.jpga0034487_15304959.jpg
ひつじ屋で注文を受けた、
家具職人の野中由紀子さん(工房らっくり)が作る
くるみ材のテーブルが完成、ひつじ屋に届く。

これから、梱包作業ののち
依頼主である芦屋のK谷さんに送る。

このテーブル、いいなぁ。
軽い雰囲気と、しっかりと頑丈な質感、そのバランスがいいと思う。
そしてデザインがシンプルで美しい。
永く使っているうちに、味わいの良さが増しそう。
K谷さん、どうぞ楽しみに待っていてください。

野中さんの運営するサイト「今週の安曇野」は
安曇野を旅する人必見のお役立ちページ。
ふたりの息子を育てながら、安曇野の魅力を発信する
すてきな女性です。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-28 15:31 | ひつじ屋のお友だち | Comments(2)

安曇野ちひろ美術館へ

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

a0034487_2010580.jpg
名古屋からのお客さま、まりあさんとお友だち(名前聞くの忘れてすみません)です。

これから、ひつじ屋の電動自転車に乗って美術館めぐり。
最後に安曇野ちひろ美術館に行き、最寄りの信濃松川駅で「乗り捨て」の予定。
安曇野の情報を熱心に調べてあって感心しました。

ひつじ屋のレンタサイクルは、どこでも「乗り捨て」OKです。
けっこう便利なサービスだと思いますんで、ぜひご利用ください。
あんまり遠くに行かれると困るけどね。
ひつじ屋の安曇野サイクリングマップより遠いときはご相談くださいませ。

a0034487_20101694.jpga0034487_20102760.jpga0034487_20103670.jpg
朝、碌山美術館前。
紅葉を眺める愉しみもそろそろおわりです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-27 20:11 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

古本を仕入れに


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


a0034487_21323428.jpg
小さな棚ひとつですが、古本屋もやっています。
古書ヒツジ堂、本日の仕入れ。
文庫と新書は210円均一で販売。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-26 21:34 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

オーリアッドにて

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

11月19日(土) はれ
夜、長野県辰野町の「オーリアッド」へ。きょうは「Rolling 60's Live Party」の日。
フォークシンガーにして翻訳家、そしてオーリアッドのオーナーでもある三浦久さんをはじめ
たくさんの人たちが歌い、ギターを弾き、にぎやかな夜を楽しむ。

三浦さんは、11月14日が60回目の誕生日だった。
その還暦祝いを兼ねたきょうのパーティーなので、三浦さんはサンタクロースのように、赤い。
帽子と靴下は奥さまのカオルコさん(下段左の写真)から、
ギターとラグビージャージはふたりの息子さんから贈られたもの。

a0034487_10561935.jpga0034487_10563086.jpga0034487_10564174.jpg
a0034487_1057198.jpga0034487_10571053.jpga0034487_10572748.jpg
a0034487_10574732.jpga0034487_1057571.jpga0034487_1058618.jpg
下段右の2枚にうつっているのは、長野県波田町在住の藤原和義さん。
彼が歌った「オーリアッド」「バラライカ」「テネシーワルツ」、とてもよかった。

「バラライカ」は、70年代初め新宿の歌声喫茶「ともしび」で
7週連続リクエスト一位の座を占めたという名曲。
その「バラライカ」を作ったのが、藤原さんです。

「オーリアッド OREAD」は、ギリシャ神話に登場する山の妖精の名前。
藤原さんが作り、三浦さんの店の名を冠したこの曲は、
オーリアッドの「妖精」である三浦さんの奥さまのことを歌っている。

ライブ終了後の打ち上げパーティーで、藤原さんからいろいろ話をうかがう。
三浦さんもいっしょに、以前から計画中のひつじ屋でのライブは、
三浦久と藤原和義のジョイントコンサートにしようということになった。
ますます責任重大のひつじ屋である。

a0034487_17521615.jpg
人生は流れる。ライブから3日後、藤原和義さんがひつじ屋にやってきた。
注文のコーヒーを淹れながら、話をする。
あらためて、ひつじ屋でのライブのお願いもしました。

藤原さんの故郷は、北海道の丸瀬布(まるせっぷ)という町。
旭川から石北本線に乗って、北東へ数百キロ、オホーツク海に出る手前にある。
まるせっぷ、はアイヌ語で「3つの川が集まるところ」という意味なのだそうだ。
もともとのアイヌ語では「マウレセウプ」。
藤原さんが卒業した高校のある、近くの遠軽(えんがる)という町は
インカルシペ=遠くまで見渡せるところ、の意。
じっさいに、遠軽駅の裏にはほぼ垂直のがけがあって、眺めがよいらしい。

なんて話を聞いていたら、北海道へ行ってみたくなったことだよ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-22 11:16 | ひつじ屋のお友だち | Comments(4)

落ち葉の季節

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

けさは快晴。霧もなく、常念岳がよく見える。

安曇野は寒さを増してきた。
ラジオのニュースでは、連日のように
「この秋一番の寒さです」とアナウンサーが伝える。

ところで、「この冬一番の・・・・」と言うのは、いつからなのだろう。
ふと疑問に思う。

a0034487_21232464.jpga0034487_21233657.jpga0034487_2123459.jpg
a0034487_21235992.jpga0034487_2124788.jpga0034487_21241527.jpg
a0034487_21242353.jpga0034487_21243173.jpga0034487_21244467.jpg
a0034487_21245270.jpga0034487_2125260.jpga0034487_21251216.jpg

安曇野市穂高有明の別荘地を散策する。この時期の楽しみは、落ち葉。
いろいろな種類の木の下で、さまざまな表情をした落ち葉に出会うことができます。

a0034487_21252052.jpga0034487_21252930.jpga0034487_21253849.jpg
a0034487_21254663.jpga0034487_21255450.jpga0034487_2126371.jpg
a0034487_21261231.jpga0034487_21262025.jpga0034487_21262741.jpg
a0034487_21263641.jpga0034487_21264448.jpga0034487_2127330.jpg
a0034487_21271135.jpga0034487_21272055.jpga0034487_21273094.jpg
a0034487_21273956.jpga0034487_21274760.jpga0034487_21381519.jpg
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-21 21:29 | 安曇野の風景 | Comments(4)

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

11月17日(木)はれ
きょうはひつじ屋定休日。午前中、「工房らっくり」へコースターを作りに行きました。

a0034487_15355179.jpga0034487_1536494.jpga0034487_15361367.jpg
a0034487_15362298.jpga0034487_15363599.jpga0034487_1538385.jpg
a0034487_15381288.jpga0034487_15382199.jpg
工房は、安曇野のポータルサイト「今週のあづみ野」を運営する
野中由紀子さんのお宅にあります。

最初、ひつじ屋カフェで使うために作った、ひつじのくりぬきのあるコースター。
お客さんから評判がよかったもので、じゃあ試しに売ってみるか、と。
何枚作ったのだったか、とにかくこの夏のうちに全部売れてしまったのでした。
で、新しいのを作らなくちゃ、と思っているうちに月日は流れ、
本日ようやく工房にたどりついたというわけです。

きょうは作りかけで終わってしまったけど
そのうち店内にお目見えすることでしょう。みなさまどうぞよろしく。

a0034487_15383180.jpga0034487_15384082.jpg
帰りに畑に寄り、にんじんを収穫。左の写真は、畑から見える有明山です。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-20 15:39 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)

あたたかな日曜日


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


a0034487_20543069.jpga0034487_20544145.jpg
きょうは日曜日。
そろそろ観光シーズンも終わりだし、ヒマだろうよ、と思っていたら
ずいぶん忙しい1日になりました。
この暖かさのおかげか、たくさんのお客さんがレンタサイクルを利用してくださいました。
ありがとうございます。

a0034487_20545953.jpg
夜、ひつじ屋1年目の冬に、アルバイト先でお世話になったM村さんから電話あり。
M村おねえさま、実は山口マオのファンで、ひつじ屋でマオさんのカレンダーを売っていると知り
うれしくなって電話をくれたらしい。
ひつじ屋は、世界中に数えるほどしかない、海猫堂(マオさんの店)の支店なのだ。
M村さん、お待ちしています。写真はマオさん直筆の看板ですよ。(非売品)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-13 21:11 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

白馬の山並み


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


a0034487_205234100.jpg
けさは、遠く白馬の山並みがよく見えました。
雪がずいぶん多くなってきました。
11月11日朝8時ころ、万水(よろずい)川にかかる白金(しろかね)橋の近くにて。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-11 20:54 | 安曇野の風景 | Comments(0)