八面大王の取材


レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋

a0034487_21293295.jpg

●2004-10-30-SAT

きょうは午前中から雨が降り出して
結局止まずにずっと降り続けました。
レンタサイクルの予約をしてくださった方もあったのですが、
短時間しかサイクリングができず、お気の毒でした。

大町北高校放送部の生徒が「八面大王」の取材で来店。
左から、山田博子さん、関綾香さん、宮園拡樹くんです。

「八面大王のことを知ってますか?」
と聞かれて、しどろもどろ・・・
「八面大王の足湯」くらいしか思い浮かばない
情けない自分がおりました。ホントに情けないヮ。

八面大王についての番組を制作して
12月のSBC(信越放送=長野県の放送局)に出品するとのこと。
あのインタビューが使われたらかなり恥ずかしい・・・。


★古本屋「古書ヒツジ堂」をはじめました★
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-31 12:53 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

有明山


レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋


○2004-10-29-FRI
a0034487_213333.jpg
 
穂高駅から、線路に沿って歩道があって、
碌山美術館まで行けるようになっています。
その途中で、有明山を仰ぎ見る。
「安曇富士」と呼ばれる、形の整った山です。


★古本屋「古書ヒツジ堂」をはじめました★
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-29 21:33 | 安曇野の風景 | Comments(0)

別荘地の紅葉

レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-10-28-THU
a0034487_21441036.jpg

ひつじ屋から自転車で30分。
「山麓線」沿いに別荘地が広がるところ。

山麓線を山側に(西側に)折れると
でこぼこ道が少しずつ勾配を上げながら
ずっと奥のほうまで続いているのが見えます。
こうした道が何本も延びているのがこのあたり。

写真の道の近くには
シャロムヒュッテ」「ペンションあるかす
「ぱん工房るんびに」「nagi utsuwa」などが点在。
奥の奥に、すてきなお店や宿がたくさんあるところに
安曇野の「深み」を感じます。

紅葉がすすんでいます。
11月に入れば、こんどは少しずつ落葉していく。
その道を踏みしめて歩くのが、ぼくは好きです。


☆古本屋「古書ヒツジ堂」をはじめました☆
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-28 21:43 | 安曇野の風景 | Comments(0)

碌山美術館


レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋

a0034487_0502261.jpg

◎2004-10-27-WED

朝、「道祖神めぐり」のあと
碌山美術館に寄りました。
寄ったといっても、外から写真を撮っただけですが。
“豪華”に色づいています。

きょうはかなり冷え込みました。
穂高町の最低気温は5.7度。
明日の予想最低気温は、0℃です。

★古本屋「古書ヒツジ堂」を始めました★
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-28 00:51 | 安曇野の風景 | Comments(0)

安曇野道祖神めぐり

レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋
a0034487_22471912.jpg

●2004-10-26-TUE

回回 安曇野道祖神めぐり 20番 回回

きょうは、昼間雨が降り続き、肌寒い一日でした。
そろそろストーブが恋しいような、秋の安曇野です。

「道祖神めぐり」は、店を開ける前の
朝の時間を利用して、歩いて回っているのですが
けさは順調に3体、見つけることができました。

写真は、穂高町等々力の握手像。
天保10年、1839年。

後ろの民家の庭が
とても美しく手入れされており、
また道祖神も趣があって歴史を感じさせます。
「20番」は、見ごたえあり。

★古本屋「古書ヒツジ堂」をはじめました★
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-26 22:46 | 安曇野の風景 | Comments(0)

安曇野道祖神めぐり


レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋


○2004-10-25-MON
a0034487_23535868.jpg

回回 安曇野道祖神めぐり 19番 回回

きょうは穏やかな秋晴れの一日でした。

朝、刑事マユンボと道祖神探訪に出かけました。
見つけるのがだんだんむずかしくなってきたので、
刑事の頭脳を少々拝借。

刑事マユンボは、実はうちの奥さんですが
地図では確かにこの道なのに
「うーむ、この道ではないような気がする・・・」と
何も根拠がない発言。
しかし、本当にこの道ではなく、いっぽん東の道であることが判明。
恐るべし、刑事マユンボ・・・。
ミステリーの読みすぎと言ってはいけない野生の勘、です。

19番の道祖神は、穂高町等々力にある握手像。
年代は明治18年、1885年です。

相変わらず「15番」が見つからず、新たに「18番」も所在不明。
困難な旅はつづく・・・。

★ひつじ屋の古本屋「古書ヒツジ堂」の本棚はこちら
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-25 23:54 | 安曇野の風景 | Comments(0)

ガッバイさん


レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋


○2004-10-24-SUN
a0034487_2329073.jpg


きょうはイスラエルからのお客様です。
といっても、3年ほど前に旦那様の仕事の都合で来日され
現在は東京にお住まいです。
きょうは安曇野へ観光にいらっしゃいました。

お名前(ファミリーネーム)はガッバイ(Gabbay)さん。
「ガッバイ」をヘブライ語で書いてもらったのですが、
このホームページでヘブライ語の文字を見てもらうことはできるのかな。
ひつじ屋のO谷に聞いてみよう。

4人はこれからわさび農場に行くところ。
その前に少しお話を伺いました。

イスラエルの公用語はヘブライ語です。知っていましたか?
きょうは久しぶりにヘブライ語を使って会話をしましたよ。
・・・・・・なわけはないので、カタコトの英語でお話を。
イスラエルの学校では英語を教えているそうですが
日常生活ではあまり使わないとのことでした。

ガッバイさんが信仰するユダヤ教では、
肉やチーズを食べることが禁じられています。
あと、エビやクジラもだめ。
魚は食べてよいものといけないものがある。
息子さんがかぶっている帽子は「キッパ」と呼ばれる・・・・・・。

などなどのことを教えてもらいました。
ガッバイさんありがとうございます。

地元穂高町にあるペンション「シャロムヒュッテ」の
「シャロム」は、ヘブライ語で「平和」の意味だと
確か聞いたことがあります。

ガッバイさんに“Shalom means peace.”
と言えたらちょっとカッコ良かったのだけど
後になってから思い出したよ、気が利かないねぇ。

★ひつじ屋の古本屋「古書ヒツジ堂」の本棚はこちら
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-25 23:31 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

安曇野ちひろ美術館


レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋


○2004-10-23-SAT
a0034487_23353454.jpg

自転車の配達で「安曇野ちひろ美術館」へ。
葉っぱが色づいてきました。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-23 23:35 | 安曇野の風景 | Comments(0)

焼き菓子工房 mai sweets


レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋


○2004-10-22-FRI
a0034487_23315859.jpg


穂高町柏原にある焼き菓子工房
“mai sweets”の店長、磯野麻衣さん。

ひつじ屋カフェは、mai sweets からお菓子やパンを仕入れ、
メニューに載せています。

麻衣さんは地元穂高町の出身。
千葉大学理学部から
ル・コルドンブルー東京校
(パリに本拠を持つフランス料理・菓子の学校)、
パティスリー・チーア
(穂高町のお菓子屋さん。ここのケーキはおいしいです!)
を経て、2003年11月独立。
焼き菓子に情熱を注ぐ、才能溢れるパティシエールです。

この夏はスコットランドに長期滞在して
いろいろなお菓子を食べて回った麻衣さん。
その様子が、mai sweets のHPに公開されています。→こちら

これから冬に向けて、栗やチョコレート、黒糖などを素材に
新作を準備中とのことで、ひつじ屋も楽しみにしているところ。
麻衣さんの作るお菓子は、本当においしいです。

サイクリングから戻ったら、ひつじ屋カフェで
温かいコーヒーとmai sweets のビスコッティーでおやつの時間。
安曇野旅行の幸せ度360%アップ、になるでしょう。

★ひつじ屋の古本屋「古書ヒツジ堂」の本棚はこちら★
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-23 23:32 | ひつじ屋カフェ | Comments(0)

青空


レンタサイクル&カフェ 安曇野インフォメーション ひつじ屋


○2004-10-21-THU
a0034487_23362156.jpg


台風が去って、青空が戻ってきました。

台風23号の直撃で、長野県内は
住宅の浸水や土砂の流出など大きな被害を受けました。
今年は風水害の恐ろしさを
これでもかというくらい思い知らされます。


★ひつじ屋の古本屋「古書ヒツジ堂」の本棚はこちら
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-10-21 23:39 | 安曇野の風景 | Comments(0)