<   2004年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

修学旅行

レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-07-22-THU

東京国立市から修学旅行で安曇野にやって来た
池田輝章くん(写真中央)と仲間たち。
国立にある国立学園の生徒です。

池田くんは、ひつじ屋で
「ひつじ屋オリジナル缶バッヂ」を
11個も買ってくれた「シブイ」少年です。
池田くんありがとう。

池田くんのお母さま、
こんどはご家族でのお越しをお待ちしております。(ひ)

a0034487_6332018.jpg

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-26 06:29 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

北アルプスの天然水

レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

◎2004-07-21-WED

ひつじ屋カフェで使っている
ミネラルウォーターを買いに行きました。
その会社「株式会社あづみ野」(穂高町有明)
の敷地で見つけたネコ。

ひつじ屋カフェのドリンク類は
すべて「穂高の水」と名づけられた
北アルプス山系を源流とする
天然水を使っています。(ひ)
a0034487_632989.jpg

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-26 06:22 | ひつじ屋日記 | Comments(4)

レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋a0034487_2343289.jpg

◎2004-07-20-TUE

『ひつじ屋のお客様 九州編』の第2弾です。
大分の小野さん、見ちょってくれちょりますか?
(分かっていない気がする大分弁)

写真左から
松井憲一さん(福岡県岡垣町・ミルク)
西村功さん(福岡県太宰府市・抹茶)
瀧山輝美さん(福岡県太宰府市・抹茶)
高尾富夫さん(佐賀県基山町・ミルク)です。

4人は16日の金曜日に博多を出発、
新幹線と在来線の特急を乗り継ぎ信州入り。
上高地から登山を開始し、
「表銀座」を、蝶ヶ岳、常念岳、大天井岳、燕岳と縦走して
きょう穂高駅に到着したところです。

電車の時間まで、ひつじ屋カフェでひと休み。
4人で仲良くアイスクリームを買いました。
「若い方のふたりがミルクを食べている」(高尾氏言)そうです。

第1弾の大分県に続き、きょうは福岡県と佐賀県。
さて、福岡県と佐賀県といえば何でしょうか?
・・・・・
『ほぼ日手帳2004』の「全国各地おみやげ辞典」によれば、
福岡県は「福さ屋の明太子」と「博多ぶらぶら」、
佐賀県といえば「宝当神社のお守り(宝くじが当たるという噂の
唐津市高島のお守り」だそうです。

「博多ぶらぶら」ってなんですか?
・・・・・。
まったくわからないので、インターネットで調べてみました。
http://bb.bidders.co.jp/saemon/
検索サイトに「博多ぶらぶら」と入力したら
627件もヒットしました。さすが、インターネットの力ですね。

というわけで、またひとつ賢くなったような気がします。
よかったよかった。これで九州は3県制覇、
残りの県のみなさま、ひつじ屋でお待ちしておりますよ。(ひ)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-21 23:45 | ひつじ屋のお客さま | Comments(1)

松川村

レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-07-19-MON

レンタサイクル「回収」のため
信濃松川駅前の「セピア安曇野」へ。

ひつじ屋は、セピア安曇野さんと協力して
レンタサイクルの「相互乗り入れ」を行っています。
ひつじ屋で借りた自転車をセピア安曇野で、
セピア安曇野で借りた自転車をひつじ屋で
「乗り捨て」ることができるようになっているのです。

きょうのお客さんは、ひつじ屋で自転車を借りて
穂高のペンションで1泊、
翌日、「安曇野ちひろ美術館」を目指して出かけ
最寄の駅となる信濃松川で「乗り捨て」て
そのまま電車に乗って帰途に着かれました。

こんな利用の仕方もあるんですよ、というお手本のような
賢い旅をなさった女性でした。

写真はその回収の途中、松川村で撮影。
ここには写っていませんが、
すぐ左側に「安曇野ちひろ美術館」があります。(ひ)

a0034487_22131084.jpg

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-20 22:15 | 安曇野の風景 | Comments(1)

山麓線からの眺め

a0034487_2228.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-07-18-SUN

朝方雨がやみ、久しぶりによい天気になりました。
連休二日目、きょうは人出が多く、
ひつじ屋も、らしからぬいそがしさ。

写真は、「山麓線」を北へ
「中房川」を渡り
現在地が穂高町から松川村に変わってすぐのあたり。
森を抜け、視界が開けはじめるところです。

山麓線は、涼しい森の中を走ったり、
視界がひらけて眺めが良かったり
カーブがあり、アップダウンがあり
と、終点の大町まで楽しい道のりなのですが
観光シーズンはクルマが多く、
サイクリングを楽しもうという方には
おすすめしづらくなるのがつらいところ。

それでも、この眺めを堪能するには
自転車がやっぱりふさわしいと思うもので
つい「ちひろ美術館」までのサイクリングの楽しさを
お客さんに力説してしまうのでした。

というわけでサイクリングのみなさん、
どうぞ気をつけて、行ってらっしゃい。(ひ)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-19 02:03 | 安曇野の風景 | Comments(3)

夏の観光シーズン到来

a0034487_221450.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

●2004-07-17-SAT

きょうは雨が降ったりやんだりの天気だったのですが
けさ穂高駅に着いた夜行列車から降りた登山客は
たいへんな数だったそうです。
ひつじ屋はいつもの土曜日、という感じでしたが
いよいよ夏の観光シーズンが始まりました。

写真は、埼玉県さいたま市からいらっしゃった
高橋真二郎さん麻衣子さんご夫妻と
息子の響(ひびき)くん。

あいにくの天気のため
レンタサイクルは利用していただけませんでしたが
カフェでひと休み、そして響くんにと
ひつじ屋オリジナルのカンバッヂを買ってくださいました。
高橋さんありがとうございました。

3人はこれから白馬のペンション(コスモスさん)に向かい、
明日は八方尾根登山、明後日は上高地を目指すそうです。
どうぞ気をつけて行ってらっしゃい。
また安曇野に遊びにいらっしゃってくださいね。(ひ)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-17 22:16 | ひつじ屋のお客さま | Comments(1)

a0034487_162751.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

●2004-07-16-FRI

予報が変わって
この週末の天気がちょっと心配になってきました。
何とか持ち直してほしいものですが・・・。

畑に行く途中で
久しぶりに虹を見ました。(ひ)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-16 16:29 | | Comments(5)

県道314号線

a0034487_212311.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-07-15-THU

南安曇郡堀金村
県道314号線(田多井中萱豊科線)を西に向かい
「山麓線」に出る手前で右に折れる道。

この道をしばらく行くと
ひつじ屋がコーヒー豆を仕入れている
「ケンズ・コーヒー」さんがあります。

畑に通うようになってからよく通る場所。
空気がまだひんやりしていて気持ちの良い朝です。(ひ)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-15 21:24 | 安曇野の風景 | Comments(1)

カエル

a0034487_22058.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

○2004-07-14-WED

安曇野はきのう梅雨明けしたそうです。
昨年の梅雨明けは何と8月2日。
それに比べたら、多少暑いくらいへっちゃらという気がしますよ。

ひつじ屋の畑で
ずっと狙っていたカエルの写真が
きょう初めてうまく撮れたかな。(ひ)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-14 22:02 | 安曇野の風景 | Comments(9)

塾の生徒だったNくん

a0034487_221840.jpg
レンタサイクル&安曇野インフォメーション ひつじ屋

◎2004-07-13-TUE

京都にある龍谷大学文学部史学科4回生のNくん。

以前塾で一緒に勉強した教え子で
毎年夏になるとひょっこり顔を出してくれます。
山と自転車を愛する好青年は
これから「針の木小屋」へ夏のアルバイトに出かけるところ。

すでに単位をすべて取り終わり
余裕の夏休みを迎えたNくんは
これから8月終わりまで、禁欲(?)の山小屋暮らしです。

ふと思いついて、店の本棚にあった
「北アルプス この百年」(文春新書)を餞別に渡しました。
Nくん元気で。9月にまた会いましょう。

Nくんから「みんなによろしく」と言われました。
「みんな」のみなさんにお伝えします。(ひ)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2004-07-13 22:20 | ひつじ屋のお友だち | Comments(0)