カテゴリ:ひつじ屋のお客さま( 148 )

エストニアからの旅人

a0034487_08503837.jpg

ここ数年、安曇野も外国人観光客が増えつつあると感じます。
写真は、エストニアからのお客さま。
これからひつじ屋のレンタサイクル(電動アシスト自転車)を利用して、
大王わさび農場へ向かうところです。

エストニア共和国(エストニアきょうわこく、エストニア語: Eesti Vabariik)
通称エストニア(エストニア語: Eesti)は、北ヨーロッパの共和制国家。
EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人。首都はタリンである。
フィンランド、ロシアと共にフィンランド湾に面する3つの国の一つで、
湾をはさみフィンランドから約90km南に位置する。(wikipediaより)






a0034487_09023612.png


これがエストニアの国旗です。知ってましたか?
店主はエストニアがどこにあるのかさえ知りませんでしたが。






















昨夜はJsportsオンデマンドでラグビー「サンウルブズvブルズ」のゲームを観ていた。
今季初勝利に店主興奮。






[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-04-09 08:56 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

3月の陽気

a0034487_11431807.jpg

暖かい日曜日になりました。
この陽気なら自転車で回るのもだいじょうぶですね。
たくさんのお客さまにレンタサイクルをご利用いただきました。
ありがとうございます。
















きのうは「すてきな映画を観ましょう会」というイベントを開いておりました。
(さにーちゃん、もものちゃんおつかれさまでした)

映画は『めぐり逢わせのお弁当』。
おこしいただいたお客さまは、この曲が頭から離れないのでは。(映像は別の映画です)



















h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-03-06 11:47 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

a0034487_1538244.jpg

寒い毎日が続いていますが、レンタサイクルをご利用になるお客さまもいらっしゃいます。
雪が残っているところもありますので、どうぞくれぐれもお気をつけて。















h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-21 15:40 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

トイプードルの女

a0034487_12161332.jpg

雪の降る朝、若いカップルが店に入ってくる。
注文はモーニングサービス2つ。
飲み物は、男はコーヒー、女は紅茶。
山型食パンのトーストと、卵のココットがついてくる。

勘定を済ませたあと、女が言う。
「わたし2年前に大学の卒業旅行でここに寄って、トイプードルの話をブログに載せてもらったんです」













a0034487_11323974.jpg

と、いうわけで、これがそのときの写真。

ブログ「なおこんちってトイプーだっけ?」はこちら

また遊びに来てね〜。















h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-15 11:40 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

しかしそのやきものは…

a0034487_19484838.jpg
店に入ってきたご婦人が、「あらステキなうつわねぇ」と。






a0034487_1949475.jpg
しかしそれは、売り物ではない。
店主が好きであつめている沖縄のやきもの(やちむん)。






a0034487_19504463.jpg
厨房の中から見ると、このようになっております。




















h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2016-11-13 19:53 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

朝6時より営業してます

a0034487_7422197.jpg
レンタサイクルとレンタカーは、朝6時から営業しています。
ご希望の方は前日19時までにご予約いただけるとありがたいです。
(返却は21時まで。カフェと物販の営業時間は8:30〜18:00です)。


写真のお客さま、朝早く出発したいとのご希望で予約してくださいました。
日差しもまだ強くなく、ひんやりした空気が気持ち良い、
そんな時間帯のサイクリングも安曇野ならではの豊かな楽しみだと思います。

大王わさび農場は早朝でも見学ができます(売店は9時開店)。
田んぼに水が入り始め、「水鏡」も楽しめる安曇野の田園風景を、
どうぞ満喫しにいらしてください。



a0034487_85227.jpga0034487_844835.jpg


朝8時半からは、ひつじ屋のモーニングサービスもご利用いただけます。
ホットコーヒー、厚切りトースト、自家製イチゴジャムとバター、
そして安曇野産たまごのココット。580円(税込)。
こちらもご利用をおまちしております(10:30まで)。



a0034487_750541.jpg
店内のFree Wi-Fiもお気軽に。























ウーファーさんのアンナが紹介してくれた、Angus & Julia Stone。
You Tube で見たらとてもよかったので
さっそくCD『Angus & Julia Stone』を購入。
とくにこの曲が好き。(のぶちゃんどうでしょうか?)









h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2016-05-02 07:42 | ひつじ屋のお客さま | Comments(2)

GW予約受付中

a0034487_1731686.jpga0034487_17305518.jpga0034487_17304631.jpga0034487_17303746.jpga0034487_17302848.jpga0034487_17301683.jpga0034487_1730724.jpga0034487_17295685.jpg

◎◎◎◎◎ ゴールデンウィーク予約受付中◎◎◎◎◎

ゴールデンウィーク中のご予約ありがとうございます。
5/3、4、5は特に混雑しますので、
お早目のご予約をおまちしております。


★レンタサイクルご希望の方はこちら http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

★レンタカーご希望の方はこちら http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html














h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2016-04-18 11:38 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

a0034487_1458829.jpg
安曇野は寒くなったり暖かくなったり。
春分の日の3連休、安曇野を訪れる観光客の方が増えてきました。
たくさんのご利用ありがとうございます。






















a0034487_14583719.jpg
快晴午薄日午後半晴。夕ストーヴをたく。
夜家内にノラが出て行つた三月二十七日の事を更めて聞き、今日は三十九日目だから或はもう帰らぬのではないかと云ふ事も考へなければならぬかと話し合つて泣いた。









h

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2016-03-20 15:05 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

a0034487_20191828.jpg
三寒四温の日々ですが、安曇野は観光シーズンそろそろ開幕。
レンタサイクルを利用される方が増えてきました。

確定申告がようやく終わってうれしい。
パーッといきたいものであるパーッと。



















a0034487_20204090.jpg
ノラがゐなくなつてから今日で三十五日目である。今日は帰るかと待つてゐて日が過ぎ、毎日晩になつた。猫の事その事より自分の心が悲しいのだと思ひ返す。しかしさう云ふ風に考へなほして見ても同じ事で、何の慰めにもならない。(内田百間『ノラや』より)








h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2016-03-13 20:26 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)

a0034487_16515050.jpg
香港から来たというカップル。
わさび田と白鳥を見に行くと言って、自転車に乗って行きました。
けさの気温はマイナス⒉.7℃。(香港は20℃くらいだそうです)
ちょっと寒いけど雪はほとんど残っていませんので、
レンタサイクルも楽しんでいただけると思います。



















a0034487_16574921.jpg
ぼくの子どもは二人とも女の子です。女の子が育っていく時に一番大きいハンデは「時間を分断されやすい」、つまり「まとまった時間をもちにくい」ということなのではないかと思うのです。それ以外のことは、女の子でもやれば何とかなる気がするのですが、これだけは絶対に不利です。
だから余計、気をつけました。お使いを子どもに頼むくらいなら、自分で買い物かごをもっておかず屋さんにでも何でも行くようにしていました。他のことではだらしない、駄目な親でしたが、それは意識してやっていましたね。
つまりそれだけひきこもる時間というものを大事に考えてきたということです。自分の時間をこま切れにされていたら、人は何ものにもなることができません。(吉本隆明『ひきこもれ』より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2016-01-11 17:01 | ひつじ屋のお客さま | Comments(0)