a0034487_12424934.jpg

きのうの休日は大町へ行った。
友人が働く店に寄り、それから温泉へ。
大町温泉郷にある黒部観光ホテル
先日知人から勧められて、一度行ったみたいと思っていた。




a0034487_12485389.jpg

平日の昼間ということもあり、お客さんは少ない。
のんびりリラックス。(写真は黒部観光ホテルのウェブサイトからお借りしました)



a0034487_1249888.jpg

a0034487_12491825.jpg

露天風呂やサウナがあるのもうれしい。
よいお風呂でした。















h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2017-01-27 12:58 | 温泉に行く | Comments(0)

葛温泉『かじか』

a0034487_1752769.jpg
温泉がうれしい季節になりました。
安曇野市の隣、大町市の葛温泉(くずおんせん)にある旅館
温宿かじか』に行きました。

ここはぼくが最も好きな温泉(日帰り入浴)のひとつ。
内湯と露天、泉質の違う二つの源泉が楽しめます。
温泉からはかすかに硫黄の香りがし、
露天風呂には湯の花も舞います。
冬には床暖房がうれしいステキな宿。

寒くなってくると、安曇野にはない雪が、
この辺りにはたくさん積もっていることがあって、
まるで別世界のような風景を楽しむことができるのも魅力です。

温宿かじか
〒398-0001長野県大町市平高瀬入2106 Tel 0261-22-1311
10:00~15:00 大人800円・小人500円
☆ひつじ屋よりクルマで40分

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-10-04 17:27 | 温泉に行く | Comments(0)

a0034487_1428781.jpg
トンネルを抜けると葛温泉(くずおんせん=長野県大町市)であった。

実はワタクシ、トンネル好きで。
安トン研(あんとんけん)を主宰しております。
所員1名。(あっ、オレだけか・・・) 
現在所員募集中。試験・面接あり。(マジですか)

安トン研の関連記事はこちら
http://hitsujiya.exblog.jp/3020640/

こっちもね。
http://www.hitsujiya-azumino.com/nikki/04-02/04-02.html

a0034487_1429839.jpg
ひつじ屋から北へクルマで30分。
安曇野とは別世界の雪景色が広がります。
葛温泉には、3軒の宿があり、どこも日帰り入浴を受け入れています。
手前から、仙人閣(せんにんかく)、温宿かじか、高瀬館。
きょうでかけたのは高瀬館。広い露天風呂が気持ちいい。大人700円。

ちょうど10年前の今ごろ、友人のO谷くんと、愛車(自転車)を走らせ葛温泉に行った。
あのときも雪景色だったなー。なつかしい。
当時のふたりの自転車熱が、ひつじ屋開店につながったのでした。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2012-04-05 14:35 | 温泉に行く | Comments(0)

白骨温泉

a0034487_17245631.jpg
休みの日に白骨温泉(しらほねおんせん=松本市安曇)に行きました。
お風呂は「白骨ゑびすや」さんの日帰り入浴。
硫黄臭の強い白濁したお湯です。

みぞれ模様の天気だったせいか、
ずっと貸切状態でのんびりとふやけてきました。

穂高からクルマで1時間半ほど。
雪が多く、運転がたいへんですが、
白骨はやはり冬が美しいなー、と思います。


帰りにシュテルンさん(松本市波田)でシュークリームを買い、
行ってみたかったパン屋のぶんがさん(池田町中鵜)でフランスパンやメロンぱんを買いました。
あーおいしかった。(写真がなくてすまぬ)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-12-23 17:36 | 温泉に行く | Comments(2)

ほりでーゆー四季の郷

a0034487_12222388.jpg
地元の温泉でもっともよく行くのが、ここ。
安曇野市堀金、「ほりでーゆー四季の郷(しきのさと)」。

ほりでーゆーの名付け親が、友だちのひろあきくんのお母さん、
山田安子さんであることを、ワタシは知っている。
やすねさん(=安子さんの愛称)いつもお世話になってます。

写真のほかに、大きな露天風呂がふたつある。
温度が比較的低く、ゆっくり入っていることができてうれしい。

〒399-8211 長野県安曇野市堀金烏川11-1
10:00~21:30(受付21:00まで)
大人(中学生以上)500円・子ども(小学生)300円 ※園児以下は無料

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-09-16 12:25 | 温泉に行く | Comments(2)

大町温泉郷「薬師の湯」

a0034487_1555361.jpg
水曜日の休日。
ウーファーさんと、大町温泉郷にある「薬師の湯」へ行く。
お湯たっぷり、広々とした露天風呂が気持ちよい。

湯けむり屋敷 薬師の湯 
〒398-0001長野県大町市大町温泉郷 TEL:0261-23-2834  

2010年4/24(土)まで 8:00~21:00
2010年4/25(日)~10/31(日) 6:00~21:00
大人600円/小人300円/幼児・未就学児は無料

泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性中性高温泉)
泉温:摂氏62.8℃(源泉)
適応症:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり
打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進



インドに行くと感じるリラックスした気分を
日本でいちばん味わえるところは「温泉」であることに
最近気づきました。

a0034487_17354588.jpg
Made in India の石けんを持って行けば、ますますステキ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-02-25 16:06 | 温泉に行く | Comments(2)

壷のお風呂

a0034487_1854957.jpg
戸倉上山田温泉(長野県)の日帰り湯に行く。
信楽焼で作られたという壷の形をしたお風呂(壷湯と呼ばれていた)があって、
中に入ると、このまん丸な形が妙に心地よい。
これ、自宅にほしい。 (借家だけど・・・)

けさは雪が降り、慌ててスタッドレスタイヤに代えました。
明日も雪が降るみたい。
ほんものの冬がやってきたようで。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-12-17 18:10 | 温泉に行く | Comments(3)

紅葉と温泉

a0034487_16412268.jpglarge
休日を利用して、大町の葛温泉に行ってきました。
写真は、途中の竜神湖にて。
紅葉がきれいに見えました。

温泉(日帰り入浴)は「高瀬館」へ。
大きな野天風呂のある素朴な雰囲気の宿です。
ここには卓球台も置いてあって、これも楽しみ。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2009-11-12 16:47 | 温泉に行く | Comments(0)

葛温泉「かじか」へ

a0034487_16451519.jpglarge
池田町広津の成就院(じょうじゅいん)。
友人のアキヨシさんに薦められ、ここのイチョウの木を見学に行きました。
毎年この時期の、ある日ある時に、葉っぱが一斉に落ちるのだと教わりました。

a0034487_16483612.jpga0034487_16484869.jpg
お寺の方に聞いたところ、実際そういうことが起こるそうなのですが、
今年は、冷え込みが弱いため、まだなのだとのこと。
きょうは風が強いため、時おりたくさんのイチョウの葉が落ちてきます。
ついでに銀杏もボロボロと音を立てて落下。
おみやげに少しいただきました。
家に帰ったら、銀杏入りのおでんを作ろうと思います。

a0034487_16532247.jpglarge
大町は雪が降っていました。
写真は、葛温泉に行く途中、竜神湖の展望台からの眺め。さむーーっ。

a0034487_16561948.jpg
葛温泉にある旅館「かじか」のお風呂です。(男湯)
友人のヨシカズが「葛温泉のかじかに行くべ」と言うのでついていきました。
温泉通のヨシカズが薦める「かじか」は、良き湯でした。
内湯と露天風呂があり、露天風呂からは雪景色が楽しめました。
日帰り入浴800円。満足。

a0034487_16593972.jpglarge

a0034487_16595017.jpglarge

帰りに、中房線沿いのカフェ「カビリア」さんに寄る。
店の名まえは、フェリーニの映画「カビリアの夜」からとったそうです。
中に入ったら、穂高養生園シェフのやよいさんと、春にひつじ屋を手伝ってもらったナマちゃんがお茶してました。

この店はいいよー。
注文した、コーヒー、チーズケーキ、ハーブティー、すべてがとても美味しかった。
かかっている音楽もよかった。
そして、薪ストーブ!よかったなぁ。
ふんわりと包み込むように温かい。なんともいえない柔らかさ。すばらしい。
安曇野でカフェをやるなら、薪ストーブですね。
ひつじ屋はそうではないけれど、そう思いました。

ひさしぶりのステキなカフェでした。オススメします。
これからしょっちゅう行こう。水曜日に営業しているのもうれしいです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-11-20 17:27 | 温泉に行く | Comments(2)