カテゴリ:ひつじ屋日記( 618 )

ひつじ屋の広告

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

12月10日(土)
今にも雪が降り出しそうな曇り空の一日でした。
でも、土曜日だったこともあり、なんだか忙しい一日。
カフェもレンタサイクルも、久しぶりにお客さんが多かったです。ありがとうございます。

東京からいらっしゃった田中さんは、昨年春以来のご来店。
自転車に乗って、あちこち寄りながら、宿泊先の「お宿なごみ野」さんへ向かうとのこと。
あのふたりは夫婦かしら。聞きそびれちゃったな。
田中さん、また遊びにいらしてくださいね。

長野県の新聞「信濃毎日新聞」が発行する「週刊まつもと」の安曇野特集に広告を出しました。
うちで作った原稿を、すてきな広告に仕上げてくださいました。
さすがはプロ、と簡単に言っては申し訳ないようなすばらしい出来栄えだと思います。
信毎広告部の岡本さん、ありがとうございます。

a0034487_12312285.jpg
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-12-11 12:37 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

招き猫

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋

a0034487_16164275.jpg
きょうは定休日。自宅の部屋の片づけをする。
本棚に入りきらない本を整理し、ブックオフに持っていく。12040円もらう。

いっしょに行った息子の予想査定額は12000円。
すばらしい。お小遣いを1000円あげる。
このあいだの期末テストで、家族が気絶しそうな点数を取ったヤツと
同じ子どもとはとても思えない。学校のテストがおかしいのではないか。

それはともかく、おかげで部屋が片付き、
お金がもらえるのだからありがたいものである。
しかし、「こちらの本には値段がつかないのですが…」と言われると
「じゃこれとこれとこれ持って帰ります」とかならず言いたくなる。

いつもなら持って帰るところだけれど
そうすると片付かないから、今回は言葉をのみこみ、あきらめることにする。

写真は、15年くらい前に軽井沢の骨董屋で買ったもの。
久しぶりに雑巾で拭いてあげた。来年はご利益があるかしら。(ずうずうしい)
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-12-09 16:17 | ひつじ屋日記 | Comments(2)

松本民芸館

カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の案内所 ひつじ屋

a0034487_16291961.jpga0034487_1629304.jpga0034487_16294180.jpg
きょうは定休日。松本民芸館へ行く。
松本市の中心部から、東へクルマで10分ほどのところ。少し高いところにあって、常念岳がよく見える。

a0034487_16295059.jpga0034487_1634683.jpga0034487_16302321.jpg
松本市中町で民芸品店(ちきりや)を営んでいた、故・丸山太郎氏が
民芸運動で知られる柳宗悦に共鳴し昭和37年に創館した、とパンフレットにある。

a0034487_16342769.jpga0034487_16343774.jpga0034487_16345248.jpg
きょういちばんのお目当ては「李朝白磁」。
最近知り合いに紹介された「白磁の人」を読んで、実物を見てみたいと思っていたのだ。
妻が、松本民芸館にあるらしいよ、と調べてくれた。
しかし、残念ながら、いまひとつぴんとこない。
もっと高価な李朝白磁があるのだろう、それならわかるかも、と勝手な想像をする。
いや、しかしそういうことを考える自分は
「無名の職人たちの手仕事で日常品」であるものに美しさを見出す
『民芸』運動の心がわからない奴かも。むぅ。

a0034487_16351436.jpga0034487_16352245.jpga0034487_16353460.jpg
a0034487_16355755.jpga0034487_16361096.jpga0034487_16361925.jpg
この博物館の展示品には、くわしい説明がついていない。
これは、丸山氏が柳宗悦の「知ラバ見エジ 見ズバ知ラジ」という教えから
「その説明があって物を見るより 無言で語りかけてくる物の美を感じることの方が大切です」と考えたから。
「美しいものが美しい」のである。

a0034487_16373267.jpga0034487_16374165.jpga0034487_16375170.jpg
【上左の写真、額のなかにある丸山氏の文章は、ここをクリックすると読むことができます】

昭和58年、松本民芸館の土地、建物、収蔵品のすべてが、丸山氏により松本市に寄贈された。
ちきりやは、現在も「中町通り」に店を構え、民芸品のおみやげ屋さんとして観光客に人気が高い。

a0034487_1638024.jpga0034487_1638827.jpga0034487_1638199.jpg
●松本民芸館 〒390-0221松本市里山辺1313-1
《交通》松本バスターミナルから美ヶ原温泉行きバス「下金井民芸館口」下車、徒歩2分
℡0263-33-1569 URL http://www.city.matsumoto.nagano.jp 
開館時間9:00~17:00 休館日:毎週月曜日と年末年始 料金:大人300円

★安曇野の地元紙「市民タイムス」編集委員の赤羽康男氏による連載「臼井吉見の『安曇野』を歩く」の
№118「柳宗悦 民芸への道」をごらんください。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-12-04 16:31 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

古本を仕入れに


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


a0034487_21323428.jpg
小さな棚ひとつですが、古本屋もやっています。
古書ヒツジ堂、本日の仕入れ。
文庫と新書は210円均一で販売。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-26 21:34 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

ひつじ屋の親戚


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


a0034487_20484852.jpga0034487_2048571.jpg
ひつじ屋の親戚、のような店。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-11 20:50 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

『ショコラ』上映会


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


a0034487_14375491.jpga0034487_1438996.jpg
5日に行われた「安曇野スタイル2005映画上映会『ショコラ』」の準備風景。
前々々日夜、会場の有明新屋公民館に集まり、暗幕を張る。

a0034487_14413627.jpga0034487_144301.jpg
これは当日。地元の子供たちも大活躍。

a0034487_14431057.jpga0034487_14441142.jpg
夕方、移動カフェ「VALO」さん登場。

a0034487_14465527.jpg
上映会開始前のひととき。
安曇野スタイルネットワーク、安曇野シネマクラブ、そして地元のたくさんの人たちの協力により、
「ショコラ」上映会は、無事終了しました。
なんだか肝心の写真がないような気もするけれど
当日はあわただしくて、カメラまで気が回らなかったのだった。

a0034487_144741.jpga0034487_1447151.jpga0034487_14472849.jpg
こちらは、翌日おこなわれた「安曇野スタイル」の打ち上げのようす。
デジカメを構えていたら、「またブログに載せるんでしょ?」と言われる。
そのとおりで~す。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-11-09 15:09 | ひつじ屋日記 | Comments(2)


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


a0034487_2233153.jpg
東京からおこしの河原さん。
きょうはこれから、わさび農場方面へサイクリングに出かける計画です。
河原さん、自転車を予約してくださりありがとうございました。
また遊びにいらしてくださいね。

a0034487_2241880.jpga0034487_2243210.jpga0034487_2244433.jpg
10月27日。きょうは定休日。
11月5日に行う映画上映会の打ち合わせのため、A沼さんのお屋敷へ。
Y子さん(左)とS子さんふたりのお姉さまからビシバシと指示を受ける。 「わかりましたっ。先輩」
S子さんが持っているのは「お尻ぺんぺん」(推定)である。
返事が悪いとこれで叩かれる(推定)。
このあと、映画のチラシを持って、安曇野を軽トラで走り回る。
途中、妻よりケータイに「畑で大根をとってくるように」との指令が入る。「わかりましたっ。先輩」

a0034487_225347.jpga0034487_2251843.jpga0034487_2253248.jpg
チャーリーさん民子さんの宮本夫妻が経営する「ロータスカフェ」。チャイをいただきながらひと休み。

a0034487_2255933.jpg
これは、タイの民族楽器で「ポンラン」という。木琴のように弾くのだが、とてもよい音がする。

a0034487_2263042.jpg
大熊美術館と安曇野文庫。ロイヤルコペンハーゲンとパスタとチーズケーキ。

a0034487_22724.jpg
安曇野絵本館。「リサとガスパール」の絵本原画展開催中。

a0034487_2273146.jpg
「野土火」さん。のどかと読みます。すこし前にオープンした自然薯料理の店。とってもおいしいと評判です。行ってみたい。

a0034487_2275252.jpga0034487_2281047.jpg
森の中のパン屋さん、「るんびに」。秋の日差しが心地よい。

a0034487_2284187.jpga0034487_2285262.jpg
あちこちで紅葉が楽しめるようになってきました。

a0034487_2292066.jpg
カフェ「書翰集」(しょかんしゅう)。おいしいコーヒーと読書室。

a0034487_2294550.jpga0034487_2295530.jpg
新しくできたカフェ「カビリア」さん。店の名前は、フェリーニの映画「カビリアの夜」から。

a0034487_22102265.jpga0034487_2210318.jpg
大好きなうどん屋さん「蛙遊庵」(あゆうあん)。最近は「きのこうどん」が人気らしい。
こんど一緒にマレットゴルフをする約束。11月に入ったらお願いします。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-10-28 22:12 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

もうじき選挙


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


10月1日近隣の町村が合併し「安曇野市」になりました。
新しい市としての選挙、市長選と市議会議員選が
今度の日曜日(23日)に実施されます。

新聞は毎日、候補者の動向を伝え、情勢を分析する。
街中には選挙カーが、候補者の名前を連呼しながら走り回っています。

多くの観光客を集める安曇野の風景が、かけがえのないものであること
いちど失ってしまったら、もう戻らないものであること。
「ハコモノ」や「道路」を新たに作ることよりも、
美しい眺めと、静かな生活を送る環境を残し、次代に伝えようという気概を持った人を、
安曇野は必要としている、そう思います。

a0034487_2156351.jpga0034487_21561722.jpg
a0034487_21562630.jpga0034487_21563520.jpg
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-10-21 22:18 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

野菜を売る話


カフェ&レンタサイクル 安曇野旅の道案内 ひつじ屋


a0034487_1916576.jpg
ひつじ屋の店先で、無農薬・有機栽培の野菜や果物を売ろう、という話あり。
きょうはその打ち合わせを、ひつじ屋で開催。
今週土曜日(22日)に、とにかくスタートさせよう、ということに。
はじまったらまた報告します。

a0034487_19234958.jpg
ひつじ屋カフェで出している「ベリーフレッシュジュース」。
ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリーのミックスフレッシュジュースです。
水を一滴も使っていないので、かなり濃厚な味がする。450円なり。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-10-19 19:30 | ひつじ屋日記 | Comments(0)

有明新屋の公民館

レンタサイクル&カフェ 安曇野旅の案内所 ひつじ屋

a0034487_18133196.jpga0034487_18212029.jpg
安曇野スタイルの集まりで、
穂高町有明にある「新屋(あらや)公民館」に行く。
11月に開かれる予定の「安曇野スタイル2005」のための
きょうは最初の会議です。

安曇野にある美術館、ギャラリー、ショップ、体験工房、工房アトリエ
などが集まり、展覧会や作品展をおこなうことになっています。

昔ここに小学校があったらしい講堂では
その期間中に映画上映会をする計画がありまして
下見をかねて、中を見学させてもらいました。
雰囲気があって、なかなかよいところでしょう。

映画は何をやるのかって?
それはヒミツですが、この雰囲気にふさわしいものを
と考えているところです。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2005-07-26 18:18 | ひつじ屋日記 | Comments(2)