フリーペーパー88

a0034487_20174316.jpg
『オーガニックハウスぴけ』のアッコちゃんが、
88(はちはち)という名前のフリーペーパーを届けてくれる。
なぜ届けてくれたかというと、この最新号の中で
おぐらやま農場 の松村暁生さんと、
安曇野地球宿 の増田望三郎さんが紹介されているから。

「『農業をやっていると大変でしょう』とよく言われます。
でもどの仕事も大変だと思いますし、
人間誰しも世の中でみんなの役に立てるように、
この世に生まれてきて自分の仕事を見つけてやっているのだと思います。
私の場合は、安心しておいしく食べられるものを
届けられるような百姓になりたい、ならなくちゃと。
それが僕の仕事だと思います。
お客さまに喜んでもらえるものを作りたい。
おいしいって喜んでもらいたい。
それだけなんです。

好きでやれているのは本当に幸せなことです。
この商売をしている限り、食卓は豊かですよ。
自分たちで世話して、力をあわせて作ったものを
自分たちで楽しもうっていう贅沢。
この贅沢はお金では絶対に買えないもの。
だから一日一日を大切にして、
季節を味わいながら毎日を積み重ねていく。
『きょうは新米だよ』だとか
『お彼岸だからおはぎを作ったわ』とか。
そういうありふれたことを子供たちやウーファーさんたちと
食卓を囲みながらしゃべる。
やっぱり食卓が僕らの暮らしの結晶ですからね。
ここに1日3回平和な空間があるんです。
それが一番の幸せです」(松村暁生さんへのインタビューより)

いいなぁ。
「ここに1日3回平和な空間があるんです」
なんてすてきなことを言うんだろう。
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2008-11-10 20:20 | ひつじ屋日記 | Comments(0)