満願寺の湧き水

a0034487_204618100.jpglarge
朝、満願寺(まんがんじ・安曇野市穂高牧)へ水を汲みに行きました。
友人に勧められて飲んでみたのがきっかけで、
ひつじ屋カフェのドリンク類などに使うようになりました。
「円い」味わいの、おいしい水です。
写真は、満願寺に行く途中、道に沿って流れる「北ノ沢」。


a0034487_20493660.jpglarge
お寺の本堂の横に、このようなところがあり、水を汲んでいけるようになっています。


a0034487_20513932.jpga0034487_20542036.jpg
満願寺は山号を栗尾山といい、
現在は真言宗豊山派(大本山長谷寺・奈良県)に属する。
当時の寺伝によると、神亀年間(七二五頃)、
裏山の奥にある長者ヶ池から出現した一寸八分の黄金の仏像を、
聖武天皇の勅願によって堂宇を建立して安置したのが始まりという。

その後、延歴十四年(七九五)坂上田村麿が
有明山麓の八面大王討伐を御本尊に祈願したところ,
霊夢の中で秘策を授けられ悪鬼を退治できたので,
自ら一尺二寸の琥珀仏を刻んでその尊像を御本尊の体内に奉安し、
堂平に堂宇を建立して救療山観音坊と号し、
国家鎮護の霊仏として崇敬されたといわれる。

養和年間(一一八一)、木曽義仲が堂宇を修繕し,山林を寄附した。
天正十二年(一五八三)、松本城主小笠原貞慶公は現地を寄附し、
古来の地(現在地より上に「堂平」の地名あり)より堂宇および本尊を移し、
尊應法印を中興開山として小笠原公の祈願寺とした。(満願寺ホームページより)


a0034487_2101610.jpglarge
気をつけましょう。

a0034487_2171626.jpglarge
最近、願い事ができたもので、おみくじを引いてみることにしました。
なにしろ、満願寺(まんがんじ)ですから、ね。

a0034487_2191675.jpg
ジャーン、すごいでしょう?
すっかり気をよくして、鼻歌まじりで寺を後にしました。
そうか、願い事は叶うんだ~。ステキ。

a0034487_21273418.jpga0034487_21262113.jpg
明日(18日)より、いよいよ「菊地みゆき ふくろ展」がはじまります。
さきほど、閉店後にご夫婦でみえ、飾り付けをされました。
ふくろ展は7月31日まで。
当初、水曜は休業の予定でしたが、きょうから8月末まで「無休」で営業することにしました。
どうぞ、水曜日も、どうぞ!おこしをおまちしております。
[PR]
Commented by ちゃい at 2008-07-22 12:14 x
“待人”ならず“待物”きましたよねえ~。洗濯機。待てば来ます!
Commented by zarlo at 2008-07-25 10:11
このおみくじあたりますよ~。
インドに行く前に引いたら旅行は控えましょうとくに西方と言うお告げ
トラブル満載発熱しましたからね。
大吉の後押しで頑張りましょう!
Commented by hitsujiya-azumino at 2008-07-27 22:14
ちゃいさま
洗濯機、うれしかったです。
このおみくじの勢いで、夏を乗り切りたいです。
待人=ウーファー? メールあり。フランスからやって来るかもしれません。
Commented by ひつじや at 2008-07-28 23:27 x
zarloさま
おー、やっぱり当たりますか!?
zarloさんのお墨付きをいただいて勇気百倍
がんばりまーす。

by hitsujiya-azumino | 2008-07-17 20:47 | ひつじ屋日記 | Comments(4)