「約束の水」公演当日

a0034487_23475775.jpglarge
7月3日(木)NPO現代座「約束の水」安曇野公演の日。
朝から、会場の豊科公民館ホールに出かけ、公演の準備を進めていった。

a0034487_22193342.jpga0034487_22194645.jpga0034487_22195837.jpg
large2 3 4

a0034487_22202870.jpga0034487_22204389.jpga0034487_22205322.jpg
large5 6 7

a0034487_22212792.jpga0034487_22213795.jpga0034487_22214886.jpg
large8 9 10

a0034487_2222134.jpga0034487_22222649.jpga0034487_22223963.jpg
large11 12 13

a0034487_22231955.jpga0034487_2223319.jpga0034487_22234265.jpg
large14 15 16

a0034487_22241248.jpga0034487_2224253.jpga0034487_22243515.jpg
large17 18 19

a0034487_22245473.jpga0034487_2225667.jpg
large20 21

公演を行うNPO現代座の真知尚子さんと、昨年の冬に会って以来、
今年2月の実行委員会立ち上げからきょうまで、
実行委員のひとりとして活動してきた。

チケット1枚を売るのは、大変なことなのだと、身に沁みた。
前売券販売所の一つとして、ひつじ屋は名を連ねたけれど、
今までに会ったことのない、初めてひつじ屋を訪れる人が
チケットを買ってくれたのは、ほんとうにわずかだった。

結局、ふだんお付き合いしている人、お世話になっている人、
そして、その人たちの知人・友人、そのまた知人・友人・・・、
ひつじ屋で売れたチケットのほとんどは
そういう人たちが買ってくださったものだ。

ひつじ屋の中で、外で、自分がどんな風に人と付き合っているか、
チケットを売ろうとするときに、そういうことがわかるのだなぁ、ということがわかった。

公演前日の水曜日、河崎さんのお宅で、昼ごはんをいただいた。
そこで義祐(よしすけ)さんから言われたこと。
「何かを始めるとき、大切なのは、人脈とセンス」

そうなのだ、今回実行委員会の代表を務めた増田望三郎さん(安曇野地球宿)は、
そして実行委員会の仲間たちは、
その2つがとても優れていたのではないかと思う。
さらに、これをやろうと決めたときの、並外れた集中力。
特に、望さんの打ち込みようったらすごかったものなー。

実行委員会のメンバーは、ステキな人たちばかりだった。
初めて会った人も、以前から親しかった人も、みんな優しく、元気だった。
おかげで、そんな人たちのなかで、すばらしい経験をさせてもらいました。
NPO現代座のみなさん、実行委員会の仲間たち、
そして、「約束の水」を観にきてくれたみなさん、ほんとうにありがとう。
[PR]
Commented by rose.cottage at 2008-07-04 18:12 x
お疲れ様~~~!
Commented by ひつじや at 2008-07-04 23:23 x
ありがとうございます!
ホント、疲れました。でも、心地よい疲れ。
この半年間、楽しかったです。
実行委員会が手がけたことは、素朴で、手作り感に溢れていました。
そこがとても良かったと思います。

観に来てくださってありがとうございました。
Commented by 増田望三郎@安曇野地球宿 at 2008-07-07 22:08 x
この写真の一枚一枚が宝物ですね。
ホント、みんな素敵でした。
こんなふうにみんなと一緒にやれて幸せだな~~。
Commented by ひつじや at 2008-07-08 23:59 x
望さんがいつも言っている「共に生きていこう」の意味が
すこし分かったような気がします。すばらしい言葉ですね。
by hitsujiya-azumino | 2008-07-03 23:51 | ひつじ屋日記 | Comments(4)