松本で散歩

a0034487_2161010.jpglarge

a0034487_2162534.jpglarge
休日(水曜日)に、松本の市街地を散歩しました。
新しいビルやマンションが次々に建つ町も
ちょっと裏に入ると、昔ながらの家並みが残っています。

松本の中心部は、
車よりも、バスよりも、自転車よりも、
歩いて回るのが楽しいように思います。
でも、水曜日はやめたほうがよいです。
水曜定休の店がたいそう多いので。

安曇野は、月曜日・火曜日・水曜日・木曜日に休みが分散している印象ですが、
松本は水曜日に集中しています。
この日、行くつもりでいた
「ふるさと(鯛焼き)」も、「ギャルリ灰月」も、「塩川(クリームあんみつ)写真右」も
休みで、困っちまいました。

a0034487_217689.jpglarge

a0034487_2165124.jpglarge
で、ふと、「ガルガでも行ってみるか…」と思いつきました。

「ガルガでも」の「でも」は、失礼な言い方か?
しかし、ぽっかりあいたような時間の過ごし方を考えているときに
「○○でも・・・」と思い出せる店こそ、
その人にとっていちばん落ち着く、くつろげる店ではないかな。
と、まぁそういう結論に至ったわけです。どうでしょうか。

で、ガルガ。最近、休みの日は努めて外に出て(努めないと外に出ない)、
カフェやお昼ごはんを食べさせてくれる店に入るようにしているのですが、
いろいろ行ってみたけれど、松本のカフェではここがすき。
なんといっても、おちつける。コーヒーが美味しい。
カウンターに座って、たまにガルガの奥さんと言葉を交わしながら、
基本的にぼーっとしている。「まったり」とはこういうきもちのことか。
よい店です、ガルガ。


a0034487_216387.jpglarge

2階のギャラリーでは、運よく「acts展」開催中。
穂高のnagi さんの家族4人の展示会です。

さらに運の良いことに、1階では アカネボンボン の梅川茜さんが
カウンターでお茶を飲んでいました。
ぼくは、茜さんが作る「箱」のファンで、
ひつじ屋をはじめたころから、いつかうちに置かせてほしいと
機会があるたびに、彼女に伝えていたのでした。
そして、ついにきょう、OKの返事をもらうことができたのです。ばんざーい。


a0034487_2224819.jpglarge

お祝いに、はがきを1枚買って、友人に手紙を書きました。

はがきは、クペ・コレ・モンテといって、
アカネボンボン作の『切って、貼って、組み立てる』はがきです。
このはがき1枚から立体ができあがる仕掛けになっているのです。
手紙を読み終わった人は、切って、貼って、組み立てる。
一粒で二度おいしい。一挙両得。一石二鳥。二兎を追うものは一兎をも得ず。(?)
ま、とにかく、面白そうでしょ?
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2007-10-11 21:10 | ひつじ屋日記 | Comments(0)