自営業者の休日

a0034487_17544666.jpg
11月9日(木)。定休日。碌山美術館にて。 写真を大きくして見る

きょうは定休日でした。
休みの日でなければできないことがいろいろあり、
零細自営業者は、定休日がいちばん忙しかったりするのです。

工房や美術館などを回り、お願いをしたり、相談に乗ってもらったり、見学をしたり、その合間にレンタカーの受付をしたり、『こっふぇる梅太郎』でパンを買ったり、
いろいろ忙しくしておりました。

a0034487_1811517.jpg
秀太郎工房さんのショールーム。
オーナーの星野秀太郎さんから聞いていた
キャプテンチェアの座り心地を体験するために伺う。 写真を大きくして見る

この、背中が、背板にあたるときの、ふわっとした、包み込まれるような心地よさ、
そして、この小さな部分だけで、背中全体を支えてくれていると思わせる信頼感。
しかも、座る者をけっして甘やかさず、きりっと背筋を伸ばすことを要求するような威厳。
なんとも言えず、ステキなんだよなぁ。いいなぁ。

a0034487_1931852.jpg
実は、秀太郎さんが「ひつじ屋のイス」を作ってくださることになりまして、
この背中の感触を、ひつじ屋のイスにも再現してくれると。スバラシイ。たのしみ。

帰り際。
「穂高駅前通りは、安曇野にとって大切なところだと思う。
穂高神社があり、近くに碌山美術館、道の先には大王わさび農場がある。
それなのに、いまは活気がなくて寂しい。
ひつじ屋さんが成功することが重要なんじゃないかな。
それをきっかけに若い人たちが新しい店を始めるようになれば
きっとおもしろい場所になるよ」
と、秀太郎さんから励まされる。ありがとうございます。がんばります。
[PR]
Commented by うめたろう at 2006-11-12 17:59 x
「おもしろい場所」に出来るよう、私も微力ながらがんばります。
ご指導のほど、よろしくおねがいします。
それにしても、定休日はいそがしいですね。
Commented by ひつじ屋 at 2006-11-13 18:50 x
うめたろうどの

穂高駅前の将来は、われわれの手にかかっておる。
ひときわさみしい冬が始まるが、
年末年始も休まずがんばろーっ。


えっ、マジ?
by hitsujiya-azumino | 2006-11-11 17:56 | ひつじ屋日記 | Comments(2)