あずさ回数券バラ売りしてます

a0034487_1094380.jpg
あずさ回数券(松本〜東京都区内)を
1枚5280円(税込)でバラ売り発売中。

ひつじ屋の最寄り駅であるJR大糸線穂高駅で、
穂高〜新宿間の普通乗車券+松本〜新宿間の指定席特急券を購入すると、
合計7330円になります。

ひつじ屋で販売する回数券は松本〜新宿(東京都区内)間で有効なので、
穂高から松本までは、別途普通乗車券を購入する必要があります。
それが320円。ここに回数券の代金を足すと、320+5280=5600円。

ですから、7330ー5600=1730円おトクになるというわけ。
余ったお金で美味しい駅弁が買ってください。
お得な気分をおすそわけ。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。



また、安曇野にお住まいの方向けに、
『あずさ回数券+無料駐車場セット』も申し込み受付中。

あずさ回数券を往復分(2枚=10560円)お求めのお客様に、
駅前駐車場を24時間無料で提供いたします。
(24時間を超える場合は1日につき500円申し受けます)

駐車場は穂高駅改札から30秒のところにあるのでとても便利ですよ。
どうぞよろしくお願いいたします。



◎ご不要になった『あずさ回数券」買い取ります。
詳しくは、ひつじ屋までお問い合わせください。
☎︎0263−82−3888  mail:dede@matsumoto.ne.jp
【長野県公安委員会古物商許可番号 第481331600008号】


a0034487_14262487.jpg





















a0034487_14302798.jpg
遠藤周作の小説『沈黙』が
マーチン・スコセッシ監督により映画化されたらしい。
公開は2017年1月。
主人公のキチジローを演じるのは窪塚洋介。
窪塚洋介、いいかも。





a0034487_9595155.jpg
(あらすじ)島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制のあくまで厳しい日本に潜入したポルトガル司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残虐な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける書下ろし長編。(新調文庫版『沈黙』の背表紙より)


ローマ教会に一つの報告がもたらされた。ポルトガルのイエズス会が日本に派遣していたクリストヴァン・フェレイラ教父が長崎で「穴吊り(あなづり)」の拷問をうけ、棄教を誓ったというのである。この教父は日本にいること二十数年、地区長(スペリオ)という最高の重職にあり、司祭と信徒を統率してきた長老である。(『沈黙』冒頭部分)













h
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2016-11-07 10:57 | ひつじ屋日記 | Comments(0)