明科の廃線敷

a0034487_1912964.jpg

JR篠ノ井線の明科(あかしな)駅近くにある廃線敷に出かけました。


a0034487_19122146.jpg

昭和63年に新線が完成した事で役目を終えた線路跡が整備され、
散策を楽しむことができるようになっています。


a0034487_19123524.jpg

煉瓦積みトンネルやレトロな信号が当時の面影を残し、
3万本といわれるケヤキ林は、秋には美しく色づくそうです。


a0034487_19124834.jpg

少々距離がありますが(ひつじ屋から40〜50分くらいか)、
レンタサイクルでも訪ねることができると思います。
春になりましたらどうぞ。


a0034487_1913595.jpg

安曇野市観光協会による「旧国鉄篠ノ井線廃線敷を歩く」をごらんください。
http://www.azumino-e-tabi.net/co0+index.id+2.htm



















a0034487_19334361.jpg

松本の『かつ玄』で昼ごはんを食す。
「海鮮三味」は、カキフライ、エビフライ(×2)、穴子フライに、
ごはん・味噌汁(おかわり自由)とたっぷりの漬物が付く。
冬になると、巨大なカキフライを楽しみにして、ここにやって来ます。








きょうのマトちゃんはこちら
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2015-12-04 19:40 | 安曇野の風景 | Comments(0)