12歳になりました

a0034487_2229136.jpg

4月1日は、ひつじ屋の「誕生日」です。
オープンしたのは2003年4月1日、ちょうど12年前のきょう。
2003年のひつじ年から、めぐりめぐってひと回り、
ふたたびひつじ年がやってきて、4月1日を迎えました。

ちなみに、ひつじ年に開いたから「ひつじ屋」なわけではありません。
村上春樹の小説『羊をめぐる冒険』に出てくる「羊男」から名付けました。
それをズバリ当ててくださったお客さまが、この12年間に5人ほど。

2007年の3月に最大のピンチが訪れ、
閉店を伝えるブログを書きました。
http://hitsujiya.exblog.jp/5263115/

しかしその直後、話を知ったたくさんの方の支援をいただき、店を再開。
その「事件」を境に、店が黒字に転換していきました。
4年間にわたり家賃を払わない店子に、
黙って貸し続けてくれた矢野口温さん(ひつじ屋の大家さん)を始め、
おおぜいのいろいろな方面のいろいろな方々に助けられ、
ここまで店を続けてくることが出来ました。
ほんとうにありがとうございます。

もう一度原点に返り、今年は心新たにがんばりたい、
そう思っています。
「まずはブログを毎日更新せよ」
そういう神さまの声が聞えます。すみません。

というわけで、これからもよろしくおねがいいたします。


a0034487_2137145.jpg2003年オープン時






a0034487_13283393.jpg
「お孫さんですか?」と言ってはいけない、違うから。
「じゃあ子供?」と言われてもそれはそれで困る、違うから。

安曇野に移住してきた頃にひつじ屋を手伝ってくれた
「ちろちゃん」こと犬飼ちひろさんがお母さんになりました。
赤ちゃんの名前は「くるみ」。2015年3月15日誕生。
ちひろちゃんおめでとう。

今年、以前にひつじ屋でアルバイトしてくれたことのある女性5人が出産の予定。
かすみちゃん、あやちゃん、ちろちゃん、じゅんちゃん、よりちゃん。
大変めでたいひつじ年で、ひつじ屋店主もたいへんうれしい。

























むかし、家にココアという猫がいました。
たとえば私がだらけて過ごしてると、ふと視線を感じることがありました。
高い場所からじっと、批判的な目でココアが見おろしているのです。
そして、「おまえ、そんなのでいいのか」
みたいなことを言っていました。
いや、何も言ってないですよ。
勝手にこっちが思うだけです。
おそらくココアはぜんぜん別のことを考えてると思いますけど、
なんだかものすごく批判的に「あいつ、だらけてるな」
と言っているように思えてしまう。

[PR]
Commented by M@石垣 at 2015-04-02 14:35 x
ひつじ屋さんお誕生日おめでとうございます。
12歳になられたんですね。
以前知り合いの方に、「店を始めることは誰にでもできるけれど、店を続けることはとても難しいよ。」と言われたことがあります。
継続は力なり。

ちなみに最初にひつじ屋さんの看板を見て、すぐに「羊男」を思いましたよ。
これで、僕は6人目ですね~
Commented by hitsujiya-azumino at 2015-04-12 19:23
Mさん
メッセージありがとうございます。
たくさんの人に助けてもらいながら、
どうにかここまでやってきました。
きょうは「春まつり」のイベントに出店しまして、
「おっ、新しい展開がここにあるかも」と思いましたよ。
石垣島でまたお話できる日を楽しみにしてます。
by hitsujiya-azumino | 2015-04-01 21:49 | ひつじ屋日記 | Comments(2)