初めてショップカードを作りました

◎レンタサイクル&レンタカー カフェ&ギャラリー 安曇野ひつじ屋

a0034487_19271885.jpg
初めてショップカードを作りました。
表も裏も、あーでもないこーでもないと、さんざんいろいろ作って悩んで時間をかけて、
やっとのことでオノウエ印刷さん(長野県諏訪市)に入稿しました。
ずいぶん苦労したけれど、思っていたような感じに出来上がったカードが届いてうれしい。
絵を描いてくれたのは木工作家のサンガキヌヨさん。じょうず。



きょうも、安曇野ひつじ屋に来てくださりありがとうございます。
定期健診で高橋善博歯科医院に行ったので、
マダムの郁子さんにショップカード渡してきた。



レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。



【年内の店休日】12/4(木)、12/11(木)、12/18(木)、12/25(木)、12/31(水)
  ※新年は元旦より1/4(日)まで休まず営業します。(営業時間8:30~18:00)




a0034487_171635100.jpg
カフェメニューの『黒糖チーズケーキ』を、
感謝月間として、12月いっぱい半額(380→190円)で提供させていただきます。

沖縄産の黒糖をたっぷり使った濃厚なチーズケーキ。
長く続けている定番の人気メニューをどうぞお試しください。




a0034487_15583315.jpg
2015ひつじめぐりカレンダー発売中

メェ、とかわいい声で鳴き、草を食べて寝て育つ。
お知り合いの「まきば系」カメラマン平林美紀さんが
世界中で撮影したひつじの写真をおさめたカレンダー。
ひつじ年の1年間、毎月ちがうひつじに出会い、癒されましょう。
1部1000円(税込)。

a0034487_1816324.jpg






a0034487_19412756.jpg
a0034487_1656647.jpg
冬のおくりもの展
2014年11月28日(金)~12月19日(金)
ひつじ屋ギャラリー TEL0263-82-3888
8:30~18:00(木曜休み)

手ぶくろ、マフラー、帽子、アクセサリー、
カードにリースや時計や絵・・・
きらきらしたすてきなものが
ひつじ屋に集まりました。
大切な方へのおくりもの
どうぞさがしに来てください。

【出品作家】 アトリエ英 アトリエ由 あべおさむ いとうよしこ 金井三和 カレン 
kokageya 小久保隆司 サンガキヌヨ 中村綾花 松原幸子 宮嶋洋子





お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。



a0034487_1934485.jpg




























この現実の世界で、わたしたちが生きるとき、
暮らしの中には、どうしようもなく暴力が存在する。
だからといって、わたしたちは自分自身と社会の中に潜むこの野蛮な力を
認めるわけにはいかない。
どのように生きれば、暴力を限りなく、なくしていけるのか。
わたしたちは、その道を探し続けなくてはならない。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-12-03 19:44 | ひつじ屋日記 | Comments(0)