松本さんぽ

◎レンタサイクル&レンタカー カフェ&ギャラリー 安曇野ひつじ屋

a0034487_16524739.jpg
きのうは休日で、松本市内をぶらぶらしておりました。
写真は、縄手(なわて)通りにあるたい焼き屋さん『ふるさと』。
ここで買ったたい焼き(つぶあん)を食べながら、歩行者天国を歩いたり、
同じく縄手通りの『じゅげむ』でうどんを食べたり、



a0034487_1653985.jpg
松本市美術館の中にあるミュージアムショップで本の立ち読み(スミマセン)をしたり、
(写真は美術館に備えつけられた『草間弥生』自販機)



a0034487_16532959.jpg
あがたの森近くのパン屋さん(ブーランジェリー・シエル)で、
お気に入りのパン『松本一本ねぎ』を買ったり、
丸善書店で欲しかった文庫本(開高健『地球はグラスのふちを回る』)を買ったりしながら、
ずいぶんたくさんの道のりを歩きましたよ。
松本は歩くのが楽しいすてきな町です。



きょうも、安曇野ひつじ屋に来てくださりありがとうございます。
今夜はこれから、友人の蕎麦屋さん『ふじもり』へ「ソロ・デ・グラッパ」を見に行きます。
楽しみだー。



a0034487_15583315.jpg
2015ひつじめぐりカレンダー発売中

メェ、とかわいい声で鳴き、草を食べて寝て育つ。
お知り合いの「まきば系」カメラマン平林美紀さんが
世界中で撮影したひつじの写真をおさめたカレンダー。
ひつじ年の1年間、毎月ちがうひつじに出会い、癒されましょう。
1部1000円(税込)。




レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、松本駅前でのご返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。




お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
客引きを行うレンタサイクル業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けており、大変困っています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。




ひつじ屋ギャラリー『中村綾花帽子店』開催中

a0034487_14193923.jpg

中村綾花帽子店
2014年10月31日(金)~11月25日(火) ※会期延長しました。
ひつじ屋ギャラリーにて(JR穂高駅前すぐ)
8:30~18:00(木曜休み)
お問い合わせ 0263-82-3888(ひつじ屋
























「あっ、ここはバルザックのあの小説に出てくる街だ」
とか
「これはサルトルの『自由への道』のあそこにあった場所だ」
とか、そんなことを思い出して、わくわくしながら歩きつづけた。ぽつん、ぽつんと街角に、森の中のキノコの家みたいに深夜営業のキャフェが店に灯をつけていた。焼栗を買ってオーバーのポケットに入れ、それで手を暖めながら歩き、焼栗を食いながら歩き、キャフェに入ってその焼栗をさかなに白ぶどう酒を飲む。それが、うまいんだなあ。日本の栗のようにはねっとりしてないんだ、あの栗は。むしろ、ぱさぱさしてる。それが、白ぶどう酒のよく冷えたのの辛口にぴったりくる。パリの街ではいろいろ感心させられたけれど、学生街の一杯八十円か百円くらいの酒のうまいのには、びっくりしたり感心したりだったな。
けれど、こういうことがある。なにしろ初めて外国へ行ったとき、私にはすでに世帯があり子供があり、世間知も積み、サラリーマン生活もやり、いろいろな垢がついてしまっていた。だから、長い間、憧れていたパリへ行って、キャフェの椅子にもたれて若い女の子のスカートが揺れるのを眺めてても、そのスカートの奥がどうなってて、何があって、それに手を伸ばしたらどうなるか、頭で先に組みたててしまう。ちっとも面白くない。やっぱり旅というのは、若くて貧しくて、心が飢え、感覚がみずみずしいときにすべきなんだと、つくづく思わされたな。(開高健『地球はグラスのふちを回る』より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-11-21 17:04 | ひつじ屋日記 | Comments(0)