碌山を知る


レンタサイクル&カフェ 安曇野旅の案内所 ひつじ屋


ひつじ屋のサイクリングマップで
荻原碌山と、彼の生きた安曇野を知るための
おすすめコースを紹介しようということになりました。
『工房らっくり』野中由紀子さんからいただいたアイデアです。

a0034487_20273438.jpga0034487_20275514.jpga0034487_2028199.jpg
「最初にテラシマさんで花を買うでしょ。
それを持って、碌山のお墓に行くの。
そしてここからここを通って、こことここに寄って
最後にひつじ屋カフェで中村屋の月餅(げっぺい)を食べるのよ。
どお?」
と、具体的かつ詳細なアドバイスをいただきました。

a0034487_20295095.jpga0034487_2030620.jpga0034487_20301971.jpg
そんなこんながありまして、
知り合いの郷土史研究家、永沼孝致(こうち)さんが案内してくださり
お話を伺いながら、碌山ゆかりの地を回りました。

まずは駅前通りの花屋さん(テラシマさん)で花を買ってから
荻原碌山のお墓と生家(昭和45年消失のため碑が建っている)へ。
そして、近くに残る相馬愛蔵の生家や、
研成義塾創立に尽くした臼井喜代(うすいきよ)の墓、
井口喜源冶(いぐちきげんじ)記念館、最後に碌山美術館へ。

a0034487_20313280.jpga0034487_2032024.jpga0034487_20321218.jpg

a0034487_2037738.jpga0034487_20372566.jpga0034487_20374081.jpg
下の写真は相馬愛蔵の生家にて。
現当主の相馬安兵衛さん(写真左)が迎えてくださり
写真や手紙、新聞記事などを交え
たくさんお話をしていただきました。
相馬さん、そして永沼さん(写真右)、
きょうはありがとうございました。

a0034487_2039211.jpga0034487_20393366.jpga0034487_20395026.jpg
ところで、臼井喜代は男性ですが、
井口喜源冶記念館に飾られた写真を見て
安曇野のペンション「シャロムヒュッテ」のオーナー
臼井健二さんによく似ているなぁと思いました。
もしかしてご先祖様かしら。
こんど臼井さんに会ったら聞いてみよう。

a0034487_20412060.jpga0034487_20414849.jpga0034487_2042555.jpg
それから、最後に入った碌山美術館。
ここですばらしい買い物をしました。
フォークシンガー、三浦久さんのCD「碌山」です。

三浦さんは、ボブ・ディランやレナード・コーエン、
ブルース・スプリングスティーンの訳詩でも知られる
長野県辰野町在住のフォークシンガー。
a0034487_2043729.jpga0034487_20432989.jpga0034487_20434369.jpg
シンガーとしての活動、訳詩やライナーノートの仕事、
さらに、こどものころを過ごした家で
ライブハウス「オーリアッド(Oread)」を経営し、
信州大学の非常勤講師として
アメリカ大衆文化の講義も持っておられるそうです。

訳詩や著書(『追憶の60年代カリフォルニア』)を通して
三浦さんのことは知っていたのですが
歌を聴くのは初めてでした。
a0034487_2045183.jpga0034487_20453079.jpga0034487_20454629.jpg
「碌山」の中に収められている「次郎」という曲が
特に気に入りました。
井口喜源冶の詩に、三浦さんが曲をつけたもの。
美しいメロディー、三浦さんの声、喜源冶の詩、
胸を打ちます。すばらしい。

水豊かなる万水(よろずい)の
ほとりにわれは生まれけり
河辺の柳うちけぶり
すみれの匂う春の朝
雲雀の声に夢さめて
雀の巣をばあさりつつ
水鶏(くいな)の雛のあとを追い
世のさま知らで過ごしけり
(『次郎』1番の歌詞)

a0034487_2047284.jpga0034487_20473928.jpg
さて、というわけで、きょうの成果をもとに
サイクリングマップや、店内のインフォメーションコーナーで
荻原碌山のこと、彼に影響を与えた人たち
彼が生きた時代の安曇野など、
いろいろ紹介していこうと考えています。
[PR]
Commented by nako at 2005-06-20 07:39 x
こんにちは、ひつじ屋さん。

完成したら、早速に訪れたいです。
ところで、「オーリアッド(Oread)」さん、
かつて上伊那に住んでいた頃に、
数回訪れたことがあります。
懐かしいな…とおもって書き込みしています。
Commented by ひつじ屋 at 2005-06-20 19:29 x
nakoさんこんにちは。

土曜日に、三浦久さんのライヴを観るために
オーリアッドに行きました。
すばらしい歌を聴き、幸せな時間をすごしました。

オーリアッドはいい店でした。
壁にはボブ・ディランのポスターが何枚も貼ってありました。
「女」(荻原碌山)の写真が額に飾られてありました。
再訪のチャンスがあるといいですね。
by hitsujiya-azumino | 2005-06-19 20:29 | 安曇野の風景 | Comments(2)