空にまんまるお月さま

a0034487_16315188.jpg
昨夜6時半頃、東の空にまんまるお月さま。
たいへんよく見えました。


a0034487_1632258.jpg
こちらは夜の10時頃、自宅の庭から撮ったもの。
だいぶ雲が出てきいていますが、それでも明るい夜でした。


きょうもご利用ありがとうございます。
安曇野は、いいお天気が続いています。


a0034487_16353091.jpg東京の大学生15名の団体さん。ありがとうございます。





★ひつじ屋カフェへようこそ

a0034487_20263895.jpg
◎安曇野いちごのフレッシュジュース
いちご農家として起業した若い夫婦(中村慶介&綾花=安曇野市穂高有明)が丹精する
製菓用の完熟いちごをふんだんに使ったフレッシュジュースです。
時々「いちご今とれるの?」とお客さまから聞かれるのですが、
そうなんです製菓(ケーキ)用のいちごなので今が旬の品種なのですね。
酸味が強くしかも甘い、味の濃いいちごなので、ジュースにも向いていると思います。
美味しいですよ。

奥さんの綾花さんは、帽子作家としても知られる人で、
来月(10/31~11/21)ひつじ屋で個展を開いていただくことになっています。
こちらもおたのしみに。


◎ひつじ屋カフェ現在のメニューはこちら 
http://www.hitsujiya-azumino.com/cafemenu/cafemenu2014-09-05.pdf



a0034487_17362432.jpg

★レンタサイクル&レンタカー予約受付中!

◎レンタサイクルについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/rentacycle/index.html

◎レンタカーについてはこちら
http://www.hitsujiya-azumino.com/homepage2011/newpage3.html
 

※営業時間は8:30~18:00となっていますが、レンタサイクルは8:00~20:00、レンタカーは8:00~22:00までご利用いただけます。(ご予約が必要です)
※レンタカーは「オリックスレンタカー」と提携しており、オリックスレンタカー松本駅前店での返却が可能です。詳しくはお問い合わせください。


ご予約おまちしております。



a0034487_232601.jpg

レンタサイクルおよびレンタカーご利用のお客さまのために、
ひつじ屋カフェ№1人気メニュー『すいかジュース』の無料券をさしあげています。

http://www.hitsujiya-azumino.com/nikki/14-08/suikaken.jpg

↑ここをクリックして『すいかジュース無料券』の印刷画面を出し、
プリントアウトしてお店にお持ちください。
携帯電話の画面にこの画像を出し、当日お見せいただいても結構です。

※レンタサイクルは「3時間以上」のご利用をお願いいたします。
※レンタカーをご利用の場合は、1台につき『すいかジュース2杯まで』となります。
※9月12日頃まで提供できる予定です。(終了のときはご容赦ください)



★託児サービス始めました

『保育室モモ』(安曇野市穂高有明)と提携し、
ひつじ屋を窓口とした託児サービスを始めました。
時間も日数もお客さまのご都合に合わせて保育してくださいます。
ひつじ屋までの送迎サービスもあります(別途手数料がかかります)。
どうぞお気軽にお申し付けください。

◎お申し込み・お問合せは、保育室モモ(0263-84-4560)またはひつじ屋(0263-82-3888)まで。
◎保育室モモ(NPO法人アリスチャイルドメイト)のサイトはこちら
http://www16.plala.or.jp/alice-childmate/main0202.htm



★お荷物を無料でお預かりします

レンタサイクルやレンタカーをご利用のお客さまはもちろん、
カフェをご利用のお客さまのお荷物も、当日いっぱい無料でお預かりします。
どうぞお気軽にご利用ください。
 ※「お荷物預かり」だけのご利用は、1個につき200円申し受けます。
 ※お泊りの宿への『お荷物配送サービス』もございます。詳しくはお問い合わせください。



★ひつじ屋前の「客引き」にご注意ください

ひつじ屋の目の前までやってきて、
レンタサイクルの客引きを行う業者がありますが、
当店とは一切関係ありません。どうぞじゅうぶんにご注意ください。
ひつじ屋の前で客引きをしないよう再三要請しておりますが、
まったく聞く耳をもたず、平然としてやり続けています。

また、穂高駅を降り立ったところでも、おなじ業者が「客引き」をしていますが、
JR管轄区域での客引き・勧誘行為は「鉄道営業法」により禁止されており、
本来ならありえない行為がまかり通っているのが現状です。

こうしたやり方は、北アルプスの山並みと、美しい田園風景、
わさび田や豊かな湧き水で知られる安曇野の玄関口である
穂高駅の清澄なイメージにまったく似つかわしくないものと考えます。
良識ある観光客・登山客のみなさま、そして市民のみなさまの
ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。

























すべてを運命のせいだとあきらめてはいけない。
これまでの努力を無駄にしないためにも。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-09-10 16:36 | ひつじ屋日記