真夏のような安曇野です

a0034487_21124277.jpg
きのうから急に暑くなったような気がします。
最高気温はおよそ30℃。
レンタサイクルをご利用のお客さまには
麦わら帽子を無料でお貸ししておりますが、
熱中症などに十分気をつけて安曇野の旅を楽しんでほしいと願っています。

写真は、安曇野市の北隣、北安曇郡松川村にて。
強い日差し、夏のような雲。



a0034487_21153413.jpga0034487_2115481.jpga0034487_21155446.jpga0034487_211653.jpga0034487_21161969.jpga0034487_21164164.jpga0034487_21163054.jpga0034487_21165336.jpga0034487_2117817.jpga0034487_21173563.jpga0034487_21174828.jpga0034487_21333858.jpg
今月もたくさんのお客さまにひつじ屋をご利用いただき、
たくさんの笑顔に出会うことができました。
ありがとうございます。

























私は自分にはこの世のだれ一人をも憎悪できないようにしている。
祈りをこめた長い間の修練のおかげで、
だれをも憎悪せぬようになってから四十年が過ぎ去った。
これは大変なことだと思う。
もっとも、私は大いに謙虚なつもりである。
しかし私は、いずこにあれ、邪悪は憎悪するし、憎悪できる、と主張する。
私はイギリス国民がインドに設けた統治制度を憎む。
無数のヒンドゥー教徒自らに責任がある、
おぞましい不可触民制を心底から憎むのと同様に、
インドを無慈悲に搾取したことを憎む。
だが私は、横暴なヒンドゥー教徒を憎むことを拒否するのと同じく、
横暴なイギリス人をも憎まない。
私は私の利用し得るあらゆる慈悲にみちた方法によって、
その人たちを改めていきたいと思うのである。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-05-31 21:30 | 安曇野の風景 | Comments(0)