十色屋菊地みゆき『ふくろ展』その八

a0034487_15515883.jpg

十色屋菊地みゆきさんの『ふくろ展』。
今年で8回目となりました。
みゆきさんの個展が始まる頃になると、
春がやってきたんだなーと感じます。しみじみ。

ふくろの形が新しくなったり、いままでなかったデザインが登場したり、
毎年少しずつ変わってきているけれど、
いちばん根っこのところはずっと変わらない。
素朴でかわいいふくろたちが、今年もたくさん並びます。

菊地みゆき『ふくろ展 その八』
2014年3月21日(金)~3月26日(水)
8:30~18:00(期間中無休)



みゆきさんのブログ『水晶山きまぐれカバン店』はこちら
http://kimaguremiyuki.no-blog.jp/toiroya/




↓ 昨年の『ふくろ展』に出品されたふくろ(クリックすると大きくなります)

a0034487_18505437.jpga0034487_18514576.jpga0034487_18512784.jpga0034487_16564745.jpga0034487_16563450.jpga0034487_16562250.jpga0034487_1656992.jpga0034487_16555724.jpga0034487_16554235.jpga0034487_16553010.jpga0034487_16551724.jpga0034487_1655464.jpga0034487_16545019.jpga0034487_16543626.jpga0034487_16542294.jpga0034487_1654964.jpga0034487_16535697.jpga0034487_16534233.jpga0034487_16532822.jpga0034487_16531427.jpga0034487_16525981.jpga0034487_16524389.jpga0034487_16522868.jpga0034487_1652175.jpga0034487_1652571.jpga0034487_16515094.jpga0034487_16513331.jpga0034487_16511822.jpga0034487_1651484.jpga0034487_16505083.jpga0034487_16503499.jpga0034487_16502155.jpga0034487_1650465.jpga0034487_16494876.jpga0034487_16493110.jpga0034487_16491494.jpga0034487_1649163.jpga0034487_16481984.jpga0034487_1648275.jpga0034487_1647859.jpga0034487_16465333.jpga0034487_1646368.jpga0034487_16462227.jpga0034487_1646744.jpga0034487_1645535.jpga0034487_16453733.jpga0034487_16484522.jpg




●『ふくろ展』DMの歴史

a0034487_16455995.jpgその1(2007年)

a0034487_16461142.jpgその2(2008)

a0034487_16462286.jpgその3(2009)

a0034487_16463241.jpgその4(2010)

a0034487_16464228.jpgその5(2011)

a0034487_164654100.jpgその6(2012)

a0034487_1647460.jpgその7(2013)























世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。
東のほうから移動してきた人々は、
シンアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。
彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。
石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。
彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。
そして、全地に散らされることのないようしよう」と言った。

主は降(くだ)って来て、人の子らが建てた、
塔のあるこの町を見て、言われた。
「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、
このようなことをし始めたのだ。
これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。
我々は降(くだ)って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、
互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」

主は彼らをそこから全地に散らされたので、
彼らはこの町の建設をやめた。
こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。
主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、
また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。
(旧約聖書「創世記」第11章より)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2014-03-14 15:53 | ひつじ屋ギャラリー | Comments(0)