『スケッチ・オブ・ミャーク』上映会




歌うことは、神とひとつになること
生きる願いは声となり、神へ届く
魂のありか「ミャーク(宮古島)」への旅

『スケッチ・オブ・ミャーク』
2013年12月11日(水)18:00開場・18:30開演(本編104分)
 ※上映後に大西功一監督のトークあり
会場 塩の道ちょうじや(旧塩の道博物館)
     大町市八日町2572 TEL0261-22-4018
入場料 予約1500円・当日1800円(ドリンク付き)
予約・問い合わせ 090-5796-0735(佐藤) ideakikaku8@gmail.com
主催 美麻idea企画






きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。























一生涯一着の服で、靴もいらない。
お金もいらない、土地もいらない、結婚もせず出産し、
あらゆるものを所有せず、今必要なものだけを手に入れて貯めこまず、
人間たちのかたわらにいて平和と安心を見せてくれている。
人間たちの中の野生なるものは、どうなっているんだろうと思う。

その日その場所で平和に暮らし、自分の足で歩いていける範囲を旅し、
明日のことは考えず、もしどこかで死んでしまっても
葬式等のことを考えるのはそばにいる人間のする事で、
人間たちに「何をそんなにあくせく働いて、物をたくさん所有して、どうするの?」
と言われているような気がする、猫と一緒に暮らしていると――。
(あべおさむ・画家・松本市波田在住)



[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-19 13:41 | ひつじ屋日記 | Comments(0)