上高地へ

a0034487_14184960.jpg
休日の水曜日、よいお天気に誘われて、上高地に行きました。
「特別名勝 特別天然記念物 中部山岳国立公園」上高地 です。

実は20数年ぶり、久しぶりの上高地。
近くにあるといつでも行けると思ってなかなか行けない、ということがありますが、
(とか言ってないでオレよ行け、と内なる声)
上高地、いいところですね。


a0034487_1419054.jpg
ひつじ屋のある安曇野穂高から、クルマとバスで2時間ほど。
水も空気も澄み渡った絶景の場所に、
気軽に来ることができる幸せ。

安曇野に住むみんな、上高地には行ったほうがいいぞ。
なにしろ、近いじゃないか。行ったほうがいいぞ。


帰り道、バスを降りたところにあった温泉(さわんど温泉)に浸かり、
すっかりゆるんで帰ってきました。

こづかい帳
ガソリン満タン¥3,947、シャトルバス(沢渡-上高地往復)¥2,000、トイレ(チップ制・・・2回使用)¥200、温泉¥600、計¥6,747 ※昼食はおにぎりと水筒持参


a0034487_14381072.jpg
ひつじ屋スタッフのホットコーフィー(堀田康平)君からもらった
『鈴木ともこさん一家の上高地案内ブック』作・鈴木ともこ(漫画家=松本市在住)
も大活躍・・・。と言いたいところですが、実は店に置いてきてしまったので、
翌日じっくり読みながら、楽しかった1日を反芻したのでした。
近くにこんなすばらしい観光地があることに、感謝。




きょうも無事ブログ更新できました。ありがとうございます。



















わたしたちを生かしてくれる大自然は、
望むものがすぐに手に入るような、便利は道は用意していない。
もし、機械文明によってそれがもたらされたなら、
それは間違った道である。
それはわたしたちの魂にとって悪しき道なのだ。
このことをはっきりと心に留めてほしい。
わたしたちは、少しずつ、少しずつ、この道から離れなくてはいけない。(マハトマ・ガンディー)


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-11-07 14:56 | ひつじ屋日記 | Comments(0)