爺ヶ岳(じいがたけ)

a0034487_20341998.jpg
土曜日の朝、松川村の『いぐパン』さんへ
『ひつじパン』を仕入れに行く途中。
写真中央、頂上にコブの3つある山が「爺ヶ岳」(じいがたけ=2670m)。

最近、爺ヶ岳を見ると、胸がきゅんとなるのは何故だろうか?
(「爺」になってきたからか?たぶんちがう・・・)

























わたしたちの体は、奉仕に捧げるためのものである。
決して自分だけのものではない。
だから、一人ひとりが自分の体を守るボディガードとなって、
体調を万全に整える術を身につけよう。
いざというときに、この体を差し出し、
役立てることができるように。(マハトマ・ガンディー)

[PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-07-21 20:35 | 安曇野の風景 | Comments(0)